フィナンシャル・タイムズ紙が消費税10%増税を批判

0

    JUGEMテーマ:気になったニュース

    2020年2月18日のイギリスのフィナンシャル・タイムズ紙が日本の消費税10%増税を批判した。
    「コロナウイルスの危機が終わりを告げた後、日本は景気後退の瀬戸際に」と題して、予測以下のGDPデータを示しています。
    記事では、「エコノミストは、コロナウイルスの影響により、経済が年率6.3%で縮小する2019年の最終四半期がさらに悪化すると脅しているため、日本は技術不況に向かっていると警告しています。
    昨日発表された国内総生産データは、アナリストの予想を大きく下回り、3.7%の減少でした。これにより、いくつかの企業は2020年の第1四半期の予測をさらに縮小する見通しです。 これは、日本が2四半期連続の生産高減少と定義される技術的不況に直面していることを意味します。
    2019年の最終四半期の弱い生産データは、今年のコロナウイルスの発生により中国からの観光が閉鎖され、日本企業のサプライチェーンが混乱する前に、昨秋の消費税の上昇が経済に打撃を与えたことを示しました。
    消費税の上昇は、2014年の同程度の上昇とほぼ同程度に経済に打撃を与え、安倍晋三首相が増税の影響を緩和することを期待していた刺激策が機能しなかったことを示唆している。
    また、7年間のいわゆるアベノミクスが日本を衝撃に対してより強くしたかどうかについて疑問を投げかけました。」
    「消費は年率11%の割合で減少し、生産量の減少の主な原因でした。 事業投資も14%のペースで減少しました。
    データには真の明るい点はありませんでした。 在庫の動きを取り除いて経済の潜在需要を最もよく読み取る国内製品の最終販売は、6.7%の割合で減少しました。」と分析していました。
    消費税の写真1

    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


    人気ブログランキング

    | 1/1PAGES |

    運営者情報・プライバシーポリシー

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    アマゾン・ふくや明太子

    セブンネットショッピング・セブンミール

    楽天市場

    ブログ村・人気ブログランキングへ

    アマゾン・ラーメン一蘭

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered