アビスパ福岡0-2アルビレックス新潟:第19節J2リーグ2018/06/16レベルファイブスタジアム

0

    JUGEMテーマ:アビスパ福岡

    75分安田、91分河田

    福岡はドゥドゥと森本の2トップに2列目が松田と鈴木と山瀬とユ・インス、最終ラインが輪湖と岩下と篠原と實藤、キーパーが圍の布陣、新潟は渡邊とターレスの2トップにキーパーがアレックス・ムラーリャ。
    40分新潟のFKから、ターレスがヘディングシュートをするもクロスバーに当たる。64分新潟のFKから、大武のヘディングシュートを福岡の輪湖がクリアする。74分新潟のFKから安田が直接ゴールを決める。福岡のキーパーの圍のジャンプが届かず。88分福岡の輪湖のシュートは枠外となる。アディショナルタイム、新潟のカウンター攻撃から河田が福岡のキーパーの圍のセーブをかわしてゴールを決める。
    福岡の井原監督は「前半から球際とセカンドボール、競り合いの所が新潟のほうが分があった。0-2の内容ではないが、新潟の気迫が上回っていた。」と語っていた。新潟の鈴木監督は「選手が1つとなって勝利に向けて頑張ってくれた。守備が機能していた。」と語っていた。
    福岡のボール支配率は53%、シュート11本枠内4本、パス数441パス成功率74%、ファウル23回、プレーエリアはアタックゾーンアタックゾーン32%ミドルゾーン41%となっていた。新潟のボール支配率は47%、シュート11本枠内9本、パス数329パス成功率66%、ファウル12回、プレーエリアはアタックゾーン17%ミドルゾーン51%となっていた。第19節時点でアビスパ福岡は3位、アルビレックス新潟は14位となった。
    サッカーの画像1


    ロシアW杯2018開幕戦!ロシア5-0サウジアラビア

    0

      12分ガジンスキー、43分チェリシェフ、71分ジューバ、91分チェリシェフ、94分ゴロビン

      ロシアW杯開幕戦が6月15日0時1分にキックオフされた。試合はロシアの一方的な勝利で5-0と終わった。ロシアのプーチン大統領とサウジアラビアのサルマン皇太子が観戦に来ていた。
      12分ロシアのコーナーキックから、ガジンスキーがヘディングシュートを決めた。43分ロシアのカウンター攻撃から、チェリシェフがゴールを決める。71分ロシアのスローインから、ジューバがヘディングシュートを決める。91分にもロングパスからのチャンスから、チェリシェフがゴールを決める。94分ロシアのFKから、ゴロビンが直接ゴールを決める。
      ロシアは開幕戦で完勝して好スタートを切った。
      サッカーの画像1


      日本代表4-2パラグアイ代表:サッカーロシアW杯2018直前国際親善試合

      0

        JUGEMテーマ:サッカー

        前半32分オスカル・ロメロ、後半5分乾、後半18分乾、後半31分オウンゴール、後半44分リカルド・オルティス、アディショナルタイム香川、オーストリア・インスブルック6月12日

        日本は岡崎の1トップに2列目が乾と香川と武藤、3列目が柴崎と山口、最終ラインが酒井高と昌子と上田と遠藤(浦和)、キーパーが東口の先発。
        前半1分山口のシュートは枠外。前半23分パラグアイのFKからの混戦から、ロメロのシュートは枠外となる。前半28分武藤のクロスはパラグアイのキーパーがキャッチする。前半32分パラグアイのスローインからの混戦から、オスカル・ロメロのシュートが決まる。東口のジャンプが届かず。前半33分乾のシュートはクロスバーの上。前半38分柴咲のFKは直接ゴールを狙うが僅かにクロスバーの上。前半39分キーパーの東口が好セーブ。後半4分柴崎のシュートはネットを揺らすがポストの上。後半6分香川のショートパスから乾のミドルシュートが決まる。後半9分柴崎のシュートはパラグアイのキーパーが止める。後半18分武藤から香川のパスを経て、乾のシュートが決まる。パラグアイのキーパーが触るがボールはゴールに入る。後半25分香川のシュートはポストの右に外れる。後半29分アンヘル・ロメロのシュートはオフサイドの判定。後半32分日本の柴崎のコーナーキックから、パラグアイのクリアミスでオウンゴールが生じる。後半34分香川のシュートは枠外となる。後半41分大迫のシュートはオフサイドの判定。後半44分パラグアイのFKからのこぼれ球をリカルド・オルティスがミドルシュートを決める。キーパーの中村の死角となる。後半アディショナルタイム、大迫のパスから、パラグアイのディフェンスをかわして香川のシュートが決まる。
        西野監督は「しっかり崩して攻撃できたのは良かった。」と語っていた。
        サッカーの画像1


        日本代表対パラグアイ代表:サッカーロシアW杯2018国際親善試合

        0

          JUGEMテーマ:サッカー

          6月12日22時05分キックオフ予定、ティヴォリ・ノイ

          日本代表がロシアW杯前の最後の国際Aマッチ試合を行う。W杯初戦のコロンビア戦の対策といったところか。私が注目している選手はパラグアイ代表のデルリス・ゴンサレス、スイスの強豪バーゼルからウクライナの王者のディナモ・キエフに移籍して37試合出場5得点、パラグアイ代表26試合出場4得点、身長は172センチと決して高くないが伸び盛りの選手だ。
          サッカーの画像1


          アビスパ福岡1-0ロアッソ熊本:第18節J2リーグ2018/06/10熊本市水前寺競技場

          0

            JUGEMテーマ:アビスパ福岡

            31分森本、九州ダービー

            福岡は森本とドゥドゥの2トップに2列目は松田とユ・インス、3列目は鈴木と枝村、最終ラインは輪湖と岩下と篠原と駒野、キーパーは圍、熊本は皆川の1トップにキーパーは佐藤。
            14分福岡の松田のシュートは熊本のディフェンス陣が止める。29分福岡のドゥドゥのシュートは熊本のキーパーの佐藤が抑える。31分福岡のドゥドゥのパスから森本がゴール左隅にシュートを決める。ドゥドゥを警戒していて熊本のディフェンス陣が対応できず。森本のシュートコースも良かった。41分熊本の田中のゴール前へのクロスは福岡のディフェンス陣がクリアする。52分熊本の皆川のヘディングシュートは福岡のキーパーの圍がクリアする。55分福岡の松田のシュートは枠外となる。63分熊本の安のシュートは圍がクリアする。続いて皆川のヘディングシュートを圍がクリアする。圍のスーパーセーブが連発する。80分福岡のドゥドゥが抜け出してシュートするが熊本のキーパーの佐藤がクリアする。
            福岡の井原監督は「苦しいゲームだった。全員が集中して1点を守り切った。修正点はありながら、体を張って守ることは、ここ数試合出来ているので、無失点で済んでいる要因だと思う。」と語っていた。熊本の渋谷監督は「サッカーの怖さというか、一つのミスが失点に繋がった。点を取れないと勝つゲームが出来なかった。」と語っていた。
            福岡のボール支配率は39%、シュート12本枠内7本、パス数411パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン43%だった。熊本のボール支配率は61%、シュート8本枠内5本、パス数665パス成功率83%、プレーエリアはアタックゾーン21%ミドルゾーン57%だった。第18節終了時点でアビスパ福岡は1位、ロアッソ熊本は18位となった。
            サッカーの画像1


            日本代表0-2スイス代表:サッカーロシアW杯直前国際親善試合2108/06/09

            0

              JUGEMテーマ:サッカー

              42分ロドリゲス、82分セフェロヴィッチ

              日本は大迫の1トップに2列目が本田と宇佐美と原口、3列目が長谷部と大島、最終ラインが長友と槙野と吉田と酒井、キーパーは川島の布陣。
              前半42分スイスのエンボロがエリア内で吉田に倒されPKを得る。ロドリゲスが落ち着いてゴールを決める。後半37分スイスのカウンター攻撃からムバンジェがヘディングパスをして、セフェロヴィッチがゴールを決める。
              西野監督は「得点できなかったが形は出来ている。守備に関しては良かった。」と語っていた。
              日本のボール支配率は44%、シュート9本枠内5本、スイスのボール支配率は56%、シュート11本枠内2本だった。
              サッカーの画像1


              日本代表対スイス:サッカー2018ロシアW杯直前国際親善試合

              0

                JUGEMテーマ:サッカー

                2018年6月9日午前2時:会場スイス

                いよいよワールドカップ開幕が間近に迫ってきた。6月9日に日本代表対スイスの試合が行われる。スイスは直近3回連続でW杯に出場していて、2回ほどベスト16まで残った。日本としては手強い相手だろう。スイスのFIFAランキングは6位で、日本は61位だ。私が注目している選手は、アーセナル所属のグラニト・ジャカ選手。スイス代表国際Aマッチ61試合出場で9得点、アーセナル2016-17シーズンに46試合出場して4得点を挙げている。ジェルダン・シャチリもスイス代表国際Aマッチ62試合出場20得点と油断できない存在だ。日本の選手もぜひマークして実践感覚を養いたいものだ。日本代表は8日夜の公開練習では「4−2−3−1」の布陣で本田はトップ下で練習していたそうだ。
                サッカーの画像1


                アビスパ福岡1-0徳島ヴォルティス:第17節J2リーグ2018/06/02レベルファイブスタジアム

                0

                  JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                  58分ドゥドゥ

                  福岡はドゥドゥの1トップにシャドウが森本、2列目が松田と鈴木と枝村とユ・インス、最終ラインが駒野と堤と篠原と實藤、キーパーが圍の布陣、徳島は島屋と山崎の2トップにキーパーは梶川。
                  10分福岡の實藤のミドルシュートはミートせず。14分福岡のドゥドゥのシュートはクロスバーの上。31分徳島の山崎のヘディングシュートは枠をとらえず。52分徳島の前川のシュートは福岡のキーパーの圍がはじき出す。54分福岡のドゥドゥのシュートはわずかにゴール右ポストを外れる。58分福岡のユ・インスのロングパスから、ドゥドゥが鋭いミドルシュートを決める。徳島のキーパーの梶川のジャンプが追いつかず。61分徳島の島屋のシュートはミートせず。63分徳島の大崎のシュートは福岡のドゥドゥが上手くヘディングではじき出す。アディショナルタイム、徳島の杉本のシュートはクロスバーで跳ね返る。
                  福岡の井原監督は「暑さもありタフなゲームだった。全員の気持ちが伝わったゴールだった。上位に離されないように勝ち点を積み上げていきたい。」と語っていた。徳島のロドリゲス監督は「最大の決定力で我々を奪った。我々も良いプレーが出来なかった。正直に言って、我々が悪かった。」と語っていた。
                  福岡のボール支配率は42%、シュート17本枠内9本、パス数375パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン21%ミドルゾーン45%となっていた。徳島のボール支配率は58%、シュート9本枠内7本、パス数523パス成功率79%、プレーエリアはアタックゾーン26%ミドルゾーン43%となっていた。第17節終了時点でアビスパ福岡は1位、徳島は11位となった。
                  サッカーの画像1


                  アビスパ福岡2-0水戸ホーリーホック:第16節J2リーグ2018/05/27ケーズデンキスタジアム水戸

                  0

                    JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                    54分ドゥドゥ、59分鈴木FK

                    福岡はドゥドゥと松田の2トップに2列目はユ・インスと鈴木と枝村とエウレー、最終ラインは輪湖と堤と篠原と實藤、キーパーは圍の先発、水戸は岸本と宮本の2トップにキーパーは本間。
                    1分水戸の岸本のシュートは福岡の輪湖が止める。6分水戸の黒川のシュートは右ポストで跳ね返る。14分水戸の宮本のシュートは枠をとらえず。38分水戸のカウンター攻撃を福岡のキーパーの圍がクリアする。41分福岡の實藤のシュートは枠をとらえず。54分水戸のディフェンス陣のクリアミスから、ドゥドゥがシュートを決める。59分福岡のFKから鈴木が水戸の壁を越えて直接ゴールを決める。ゴール左隅下に決まり、水戸のキーパーの本間のジャンプが届かず。69分福岡の森本のシュートは水戸のキーパーの本間が止める。
                    福岡の井原監督は「前半は水戸の勢いに押し込まれた。後半しっかりとゲームを立て直せた。失点しなかったのは我々の勝因だ。」と語っていた。水戸の長谷部監督は「失点以外はやれることができた。試合は一瞬で点を取るか取られるかの問題が起きた。フィニッシュが決まらなかったのは物足らなかった。」と語っていた。
                    福岡のボール支配率は50%、シュート10本枠内7本、パス数399パス成功率68%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン46%となっていた。水戸のボール支配率は50%、シュート15本枠内9本、パス数426パス成功率65%、プレーエリアはアタックゾーン26%ミドルゾーン47%となっていた。第16節終了の暫定順位は福岡が3位、水戸は19位となった。
                    サッカーの画像1


                    松本山雅FC1-0アビスパ福岡:第15節J2リーグ2018/05/20松本平広域公園

                    0

                      JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                      73分飯田(松本)

                      福岡はドゥドゥと森本の2トップに2列目は松田とユ・インス、キーパーは圍、松本は高崎の1トップに2列目は前田とセルジーニョ、キーパーは守田。
                      1分福岡の鈴木のコーナーキックから岩下のシュートは枠をとらえず。23分松本の高崎のシュートはミートせず。47分福岡のドゥドゥの反転シュートは枠をとらえず。48分松本のセルジーニョのシュートは福岡のキーパーの圍が抑える。66分松本の高崎のヘディングシュートはクロスバーではじき出る。67分松本の前田のシュートは福岡のキーパーの圍がはじき出す。71分松本の高崎のシュートはキーパーの圍が止める。73分松本のセルジーニョのコーナーキックから、飯田がヘディングシュートを決める。
                      福岡の井原監督は「拮抗したゲームはセットプレーが勝敗を分けることは予想していた。勝利の女神が松本に微笑んだ。お互いの長所を消しあって、お互い同じようなサッカーになった。」と語っていた。松本の反町監督は「どっちに転んでもおかしくない試合だった。積極的にプレーできたのが良かったと思う。」と語っていた。
                      福岡のボール支配率は47%、シュート8本枠内3本、パス数440パス成功率65%、プレーエリアはアタックゾーン29%ミドルゾーン38%となっていた。松本のボール支配率は53%、シュート14本枠内8本、パス数457パス成功率69%、プレーエリアはアタックゾーン23%ミドルゾーン45%となっていた。第15節終了時点で福岡は4位、松本は6位となった。
                      サッカーの画像1


                      ガンバ大阪0-0浦和レッズ:第15節J1リーグ2018/05/19パナソニックスタジアム吹田

                      0

                        JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                        w杯の中断前の最後のJ1リーグ試合

                        大阪は長沢の1トップに、2列目がファン・ウィジョと藤本と倉田、3列目が遠藤とマテウス、最終ラインが藤巻とファビオと三浦と米倉、キーパーが東口の布陣、浦和は武藤と興梠の2トップにキーパーは西川。会場はガンバ大阪サポーターと浦和サポーターで異様な雰囲気に包まれる。
                        4分大阪の藤本のシュートはミートせず枠をとらえず。18分浦和の武藤のシュートは枠をとらえず。33分大阪の長沢のヘディングシュートは浦和のキーパーの西川が抑える。35分浦和のゴール前のチャンスボールは大阪のキーパーの東口がクリアする。37分大阪の藤本のシュートはオフサイドの判定。51分大阪の倉田のシュートは枠をとらえず。55分浦和の興梠のシュートは空振り。86分大阪の長沢のシュートは浦和のキーパーの西川がクリアする。
                        大阪のクルピ監督は「勝ち点1は残念ながら良くないが、選手たちが勝利に向かって全力で戦い抜いたのは高く評価して良い。一言でいえばゴールだけが足りなかった。最後まで互角の美しい試合だった。」と語っていた。浦和のオリヴェイラ監督は「日本に戻ることができて幸せです。クルピという友人と対戦出来て光栄です。ゴールが生まれなかったのは残念です。」と語っていた。
                        大阪のボール支配率は48%、シュート16本枠内1本、パス数493パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン28%ミドルゾーン48%となっていた。浦和のボール支配率は52%、シュート12本枠内3本、パス数583パス成功率77%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン43%となっていた。
                        サッカーの画像1


                        V・ファーレン長崎3-0名古屋グランパス:第14節J1リーグ2018/05/12トランスコスモススタジアム

                        0

                          JUGEMテーマ:Jリーグ

                          3分中村、49分中村、76分鈴木

                          長崎はファンマと中村の2トップにシャドウは澤田、キーパーは徳重、鈴木武蔵は控えでスタート。名古屋はジョーの1トップにシャドウがシャビエルと榎本、キーパーはランゲラックの布陣。1分名古屋の榎本のシュートは枠外となる。3分長崎のファンマのクロスから中村がシュートを決める。名古屋のキーパーのランゲラックの反応が間に合わず。45分長崎の中原のシュートを名古屋のキーパーのランゲラックが良く抑える。49分ファンマのパスから中村がゴール左隅にシュートを決める。59分名古屋のシャビエルのシュートを長崎のキーパーの徳重が止める。70分ファンマと交代で鈴木武蔵が入る。76分長崎の翁長の左サイドからのクロスから、鈴木がヘディングシュートを決める。79分名古屋の和泉のシュートはクロスバーではじき出る。
                          長崎の高木監督は「全員が攻守において連動していた。よく状況に応じたプレーができた。」と語っていた。名古屋の風間監督は「2つのミスがあった、立ち上がりの集中力の欠如、立て直すのに時間が掛かった。」と語っていた。
                          長崎のボール支配率は44%、シュート15本枠内10本、パス数348パス成功率70%、プレーエリアはアタックゾーン32%ミドルゾーン39%となっていた。名古屋のボール支配率は56%、シュート11本枠内1本、パス数517パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン22%ミドルゾーン45%となっていた。第14節終了で長崎は12位、名古屋は18位となった。
                          サッカーの画像1


                          横浜FM1-1ガンバ大阪:第14節J1リーグ2018/05/12日産スタジアム

                          0

                            JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                            52分藤本(大阪)、61分天野(横浜)、東口復帰

                            横浜はウーゴ・ヴィエイラの1トップに2列目が大津と仲川、3列目が天野と喜田、キーパーが飯倉。大阪は長沢とファン・ウィジョの2トップにシャドウが遠藤、キーパーは東口、藤本と倉田は控えでスタート。
                            32分横浜の仲川のシュートは大阪のキーパーの東口がはじき出す。42分横浜の山中のミドルシュートを大阪のキーパーの東口が捕える。44分横浜のカウンター攻撃を大阪のキーパーの東口がクリアする。52分大阪の藤本の自陣からのロングシュートが決まる。横浜のキーパーの飯倉の反応が間に合わず。61分横浜のFKから、天野が直接ゴールを決める。大阪のキーパーの東口のジャンプが届かず。67分大阪の倉田のシュートは枠外となる。82分横浜の扇原のシュートは味方の選手で跳ね返る。89分喜田の反転シュートは枠外となる。
                            横浜のポステコグルー監督は「勝ちに値するパフォーマンスだったと思う。残念な結果だ。」と語っていた。大阪のクルピ監督は「チームを安定させ、勝利に向かって戦うために、今日、初めて3バックで挑んだが、選手たちはまずまずのプレーを見せてくれた。」と語っていた。第14節終了時点で大阪は16位、横浜は15位となった。
                            横浜のボール支配率は63%、シュート18本枠内12本、パス数728パス成功率85%、プレーエリアはアタックゾーン30%ミドルゾーン46%だった。大阪のボール支配率は37%、シュート8本枠内5本、パス数362パス成功率70%、プレーエリアはアタックゾーン18%ミドルゾーン33%となっていた。
                            サッカーの画像1


                            アビスパ福岡2-0愛媛FC:第14節J2リーグ2018/05/12レベルファイブスタジアム

                            0

                              JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                              14分ユ・インス先制点、22分エウレー追加点PK

                              福岡は石津と松田の2トップに左サイドがエウレー、右サイドにユ・インス、キーパーは圍、森本とトゥーリオ・デ・メロは控えに回る。愛媛は丹羽と西田の2トップにキーパーは岡本の布陣。
                              12分福岡の實藤のシュートは枠をとらえず。14分福岡の石津のショートパスから、ユ・インスが愛媛のキーパーの岡本のセーブを上手くかわしてシュートを決める。21分福岡の松田がエリア内で倒されてPKを得る。22分エウレーが落ち着いてゴールの中央にシュートを決める。50分福岡の松田のヘディングシュートは愛媛のキーパーの岡本の正面。84分愛媛の有田のミドルシュートは福岡のキーパーの圍がはじき返す。
                              福岡の井原監督は「後半にもう1点を取ってゲームを締めくくりたかった。後半割り切って引いてしまった。守備に関してはハードワークしてくれた。」と語っていた。愛媛の間瀬監督は「しっかりとボールを握ってゴールに迫ろうというコンセプト通りに、次に繋がると思う。」と語っていた。第14節終了時点でアビスパ福岡は3位に浮上した。愛媛は21位。
                              福岡のボール支配率は46%、シュート14本枠内7本、パス数487パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン52%だった。愛媛のボール支配率は54%、シュート4本枠内4本、パス数569パス成功率82%、プレーエリアはアタックゾーン22%ミドルゾーン50%となっていた。
                              サッカーの画像1


                              ファジアーノ岡山2-2アビスパ福岡:第13節J2リーグ2018/05/06シティライトスタジアム

                              0

                                JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                                3分松田(福岡)、41分三村(岡山)、66分伊藤(岡山)、92分オウンゴール(福岡)

                                福岡はドゥドゥの1トップにシャドウが森本と松田、キーパーは圍、岡山はリカルド・サントスと福元の2トップに2列目が伊藤と末吉、3列目左サイドに三村、キーパーは一森の布陣。
                                3分福岡の駒野が左サイドからのクロスを上げ、松田が頭であわせてヘディングシュートを決める。ゴール右隅に入り岡山のキーパーの一森が対応できず。10分岡山の末吉のシュートは福岡のキーパーの圍の正面。22分福岡の實藤のヘディングシュートは枠をとらえず。41分岡山のコーナーキックから、福岡の選手がゴール前でクリアしたボールを岡山の三村がダイレクトでシュートを決める。49分岡山の福元のシュートは福岡のキーパーの圍が止める。66分岡山の伊藤が福岡の選手から奪ったボールを、そのままミドルシュートを決める。福岡のキーパーの圍のジャンプが届かず。アディショナルタイム、福岡の堤がクロスボールを上げたが、岡山の選手がクリアミスしてオウンゴールとなる。
                                福岡の井原監督は「前半は簡単に先制点を取ったが、なかなか我々のゲームをさせてもらえなかった。逆転されて難しい試合だった。目が覚めるのが遅かった。」と語っていた。岡山の長澤監督は「それ以上でもそれ以下でもない。見ての通りだと思う。」と語っていた。
                                福岡のボール支配率は49%、シュート12本枠内8本、パス数419パス成功率70%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン39%となっていた。岡山のボール支配率は51%、シュート11本枠内6本、パス数439パス成功率69%、プレーエリアはアタックゾーン17%ミドルゾーン51%となっていた。第13節終了時点でアビスパ福岡は4位、ファジアーノ岡山は2位となっている。
                                サッカーの画像1


                                セレッソ大阪3-1V・ファーレン長崎:第13節J1リーグ2018/05/05ヤンマースタジアム長居

                                0

                                  JUGEMテーマ:セレッソ大阪

                                  30分柿谷(大阪)、37分丸橋FK(大阪)、54分中村(長崎)、86分水沼(大阪)

                                  大阪は柿谷とヤンドンヒョンの2トップに最終ライン左サイドが丸橋、キーパーはキム・ジンヒョン、水沼は控えでスタート、長崎は鈴木と中村の2トップにシャドウは澤田、キーパーは徳重の布陣。
                                  21分大阪の柿谷のシュートを長崎のキーパーの徳重が抑える。30分大阪のカウンター攻撃から、柿谷がキーパーの徳重のセーブをかわしてゴールを決める。37分大阪のFKから丸橋が長崎の壁を越えて直接ゴールを決める。ゴールの隅に入ったのでキーパーの徳重のジャンプが届かず。43分長崎の澤田のシュートは枠をとらえず。54分長崎の飯尾の右サイドからのクロスから、中村が胸で受けてダイレクトで右足でゴールを決める。大阪のキーパーのキムが反応できず。72分大阪の高木のシュートは枠をとらえず。86分長崎のゴール前で、大阪の高木からのパスを受けて水沼がゴールを決める。
                                  大阪の尹監督は「厳しい戦いだったが先制ゴールを入れることによって、楽な展開となった。後半失点してまた厳しい戦いとなった。交代した選手がよく頑張ってくれた。」と語っていた。長崎の高木監督は「3-1の内容ではなかったと思う。こういうチ−ムに失点を先にするとリカバリが無理になっていく、難しいゲームになった。」と語っていた。
                                  大阪のボール支配率は50%、シュート12本枠内8本、パス数538パス成功率79%、プレーエリアはアタックゾーン23%ミドルゾーン50%だった。長崎のボール支配率は50%、シュート13本枠内7本、パス数543パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン51%だった。
                                  サッカーの画像1


                                  コンサドーレ札幌2-0ガンバ大阪:第13節J1リーグ2018/05/05札幌厚別公園競技場

                                  0

                                    JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                                    39分深井(札幌)、72分都倉(札幌)

                                    札幌は都倉の1トップにシャドウがチャナティップと三好、3列目に深井、キーパーはク・ソンユン、大阪はファン・ウィジョの1トップに2列目が遠藤と倉田と藤本、キーパーは林の布陣。
                                    10分大阪のキーパーの林が負傷して約7分中断した。22分札幌の宮澤のシュートは大阪のキーパーの林が足でクリアする。39分大阪のゴール前で大阪の選手がクリアしたボールを、深井が一瞬の隙をついてゴールを決める。前半アディショナルタイム、大阪のファン・ウィジョがシュートするが札幌のキーパーのク・ソンユンがクリアする。58分大阪の倉田がシュートするが札幌のキーパーのク・ソンユンがクリアする。60分大阪の倉田がシュートするが札幌のディフェンス陣がクリアする。72分大阪のゴール前の混戦から札幌の都倉がオーバーヘッドシュートを決める。混戦になり過ぎて、大阪のキーパーの林が追いつけず。85分札幌の都倉のシュートは大阪のキーパーの林がクリアする。
                                    札幌のペトロヴィッチ監督は「立ち上がりから選手たちが全力を尽くして戦ってくれたと思う。」と語っていた。大阪のクルピ監督は「互角のゲームだったと思う。激しくタフな試合だった。フィニッシュの精度の差が札幌の勝利につながった。」と語っていた。
                                    札幌のボール支配率は49%、シュート16本枠内12本、パス数457パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン20%ミドルゾーン42%だった。大阪のボール支配率は51%、シュート12本枠内8本、パス数510パス成功率75%、プレーエリアはアタックゾーン30%ミドルゾーン47%だった。
                                    サッカーの画像1


                                    アビスパ福岡2-1モンテディオ山形:第12節J2リーグ2018/05/03レベルファイブスタジアム

                                    0

                                      JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                                      53分石津先制弾、74分フェリペ・アウベス同点弾、94分枝村決勝弾

                                      福岡はドゥドゥの1トップにシャドウが石津、キーパーは圍、森本と杉山と枝村は控えでスタート。山形は中山の1トップにシャドウがアルヴァロ・ロドリゲスと瀬沼、キーパーは櫛引の布陣。
                                      12分山形の中山のシュートは枠外となる。16分山形のロドリゲスのシュートは福岡のキーパーの圍が抑える。38分福岡のユ・インスのシュートは山形のキーパーの櫛引の手に当たりクリアされる。49分福岡のエウレーのミドルシュートは惜しくも枠外となる。53分福岡のドゥドゥが山形のゴール付近でボールを奪い、石津がパスを受けてゴールを決める。74分山形のアルヴァロ・ロドリゲスのヘディングシュートを福岡のキーパーの圍がセーブしたようだが、こぼれ球をフェリペ・アウベスがゴールを決める。アディショナルタイム、山形のアルヴァロ・ロドリゲスのシュートはクロスバーの上を通り過ぎる。アディショナルタイム、福岡の田村のシュート性のヘディングパスを受けて、枝村がヘディングシュートを決める。山形のキーパーの櫛引が反応間に合わず。
                                      福岡の井原監督は「同点に追いつかれ、苦しい状況で最後何とか点を取ってくれた。全員で勝ち取った勝ち点3だと思う。」と語っていた。山形の木山監督は「ある程度思った展開だった。同点に追いついたが、残念だった。」と語っていた。アビスパ福岡は第12節終了時点で3位、山形は19位となった。
                                      福岡のボール支配率は50%、シュート11本枠内9本、パス数463パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン29%ミドルゾーン37%だった。山形のボール支配率は50%、シュート10本枠内5本、パス数413パス成功率71%、プレーエリアはアタックゾーン18%ミドルゾーン42%となっていた。
                                      サッカーの画像1


                                      鹿島アントラーズ2-1V・ファーレン長崎:第12節J1リーグ2018/05/02カシマサッカースタジアム

                                      0

                                        JUGEMテーマ:Jリーグ

                                        4分鈴木(鹿島)、18分鈴木(長崎)、30分金崎PK(鹿島)、

                                        鹿島は鈴木と金崎の2トップにキーパーは曽ヶ橋、長崎は鈴木武蔵と中村の2トップにシャドウは澤田、キーパーは徳重の布陣。
                                        2分長崎の鈴木が抜け出してクロスボール気味のシュートは枠外となる。4分鹿島の内田のクロスから鈴木がヘディングシュートを決める。18分長崎の米田のパスから鈴木武蔵がヘディングシュートを決める。鹿島のキーパーの曽ヶ橋が反応できず。29分長崎のゴール前で鹿島の遠藤がエリア内で倒されてPKを得る。金崎が落ち着いてゴールを決める。47分鹿島の安西がミドルシュートを放つがゴールポスト左にはじき返される。続いて三竿がシュートをするが長崎のキーパーの徳重が止める。71分長崎のFKから、黒木のヘディングシュートは枠をとらえず。83分鹿島の遠藤のミドルシュートはゴールポスト左にはじき返される。
                                        鹿島の大岩監督は「先制した後で失点をしたのは早いと思ったが、選手が良く持ち直してくれた。」と語っていた。長崎の高木監督は「早い時間帯に失点を与えてしまった。前半粘りがあればと思った。攻撃を受ける攻めるが完結できればと思った。」と語っていた。
                                        鹿島のボール支配率は48%、シュート10本枠内5本、パス数511パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン23%ミドルゾーン50%となっていた。長崎のボール支配率は52%、シュート8本枠内4本、パス数611パス成功率83%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン52%となっていた。長崎は第12節終了時点で14位、鹿島は13位となった。
                                        サッカーの画像1


                                        名古屋グランパス0-0セレッソ大阪:第12節J1リーグ2018/05/02パロマ瑞穂スタジアム

                                        0

                                          JUGEMテーマ:名古屋グランパス

                                          長谷川アーリアジャスール退場

                                          名古屋はジョーとガブリエル・シャビエルの2トップにキーパーはランゲラック。大阪は高木とヤン・ドンヒョンの2トップにキーパーはキム・ジンヒョン、柿谷は控えでスタート、杉本は負傷で欠場。瑞穂スタジアムは雨が降っていた。
                                          16分名古屋のシャビエルのシュートは大阪のディフェンス陣が止める。22分大阪の清武が負傷で山村と交代する。33分ヤン・ドンヒョンのシュートは名古屋のキーパーのランゲラックが抑える。43分名古屋のシャビエルのFKから、ジョーがシュートを試みるが上手くいかず。46分大阪の山村のシュートは名古屋のキーパーのランゲラックが抑える。56分大阪のゴール前で名古屋の青木選手が倒された場面で両チームの選手がもみ合うシーンがあった。65分大阪の丸橋のFKから直接ゴールを狙うが、キーパーのランゲラックが止める。85分名古屋の長谷川が2枚目のイエローカードで退場処分となる。
                                          名古屋の風間監督は「選手は90分最後までよくやってくれた。みんなと1戦1戦大事に戦っていきたい。」と語っていた。大阪の尹監督は「予想していたが厳しい試合だった。決定力とパスの質を改善したい。」と語っていた。
                                          名古屋のボール支配率は52%、シュート8本枠内6本、パス数502パス成功率75%、プレーエリアはアタックゾーン20%ミドルゾーン44%だった。大阪のボール支配率は48%、シュート10本枠内5本、パス数504パス成功率76%、プレーエリアはアタックゾーン27%ミドルゾーン47%だった。
                                          サッカーの画像1


                                          | 1/6PAGES | >>

                                          運営者情報・プライバシーポリシー

                                          calendar

                                          S M T W T F S
                                               12
                                          3456789
                                          10111213141516
                                          17181920212223
                                          24252627282930
                                          << June 2018 >>

                                          アマゾン・ふくや明太子

                                          セブンネットショッピング・セブンミール

                                          楽天市場

                                          ブログ村・人気ブログランキングへ

                                          アマゾン・ラーメン一蘭

                                          selected entries

                                          categories

                                          archives

                                          recommend

                                          白猫プロジェクト CALENDAR 2018
                                          白猫プロジェクト CALENDAR 2018 (JUGEMレビュー »)
                                          コロプラ
                                          白猫プロジェクト・おすすめ商品

                                          profile

                                          search this site.

                                          others

                                          mobile

                                          qrcode

                                          powered