ガンバ大阪2-1V・ファーレン長崎:第33節J1リーグ2018/11/24パナソニックスタジアム吹田

0

    JUGEMテーマ:ガンバ大阪

    10分小野瀬(大阪)、43分飯尾(長崎)、52分中村(大阪)

    スターティングメンバー

    大阪は渡邊とファン・ウィジョの2トップに、2列目が中村と今野と遠藤と小野瀬、最終ラインが藤春とファビオと三浦と米倉、キーパーが東口の先発。長崎はファンマの1トップにシャドウが鈴木と澤田、中盤が翁長と磯村と島田と飯尾、最終ラインが田上とヨルディ・バイスと徳永、キーパーが徳重の先発。ファンマとハイロ・モリージャスは控えでスタート。

     

    試合前の監督のインタビュー

    大阪の宮本監督は「最近なかなか出番のなかった選手が、しっかりとモチベーション高く試合に入る、いいプレーを出しながらゲームに入ってもらいたい、いいパフォーマンスになると思う。前半戦は勝つ試合を見せられなかったので、今日はしっかりと勝って笑顔でスタジアムを後にしてもらいたい。」と語っていた。契約満了で退任が決まった長崎の高木監督は「選手達には残念な結果となったが、残り2試合を消化試合ではなくて、チームの歴史を作る意味でも、勝ち点最大6を目指して頑張るようにと話をした。サポータに向けての良い試合をしてくれるようにと信じている、そのためにガンバ戦には良い準備をしてので、長崎で観ているファンやサポータの為に良い試合が出来るように、最後の力を振り絞りたい。」と語っていた。

     

    試合内容

    6分大阪の中村のシュートは枠外となる。10分大阪のカウンター攻撃から、ファン・ウィジョのスルーパスに反応して小野瀬がゴールを決める。39分大阪の藤春のクロスからファン・ウィジョがシュートするもキーパーの徳重が防ぐ。43分長崎の翁長の左サイドからのクロスから、大阪のディフェンス陣がワンタッチするも、こぼれ球を飯尾がゴール左隅にシュートを決める。52分米倉のショートクロスから渡邊のシュートは徳重が止めるも、中村がこぼれ球をシュートしてゴールを決める。60分ヨルディ・バイスのシュートはキーパーの東口が止める。74分長崎のファンマのシュートはゴールポストに阻まれる。84分大阪の中村のシュートは枠をとらえず。87分長崎のファンマのシュートはキーパーの東口の正面。88分長崎のハイロ・モリージャスのシュートは枠をとらえず。

     

    試合後の監督のインタビュー

    大阪の宮本監督は「試合の入りも良かったですし、数多くチャンスを作れていたところも良かったが、失点の部分であったりなかなか点が取れなかったり、勝ちはしたが課題は残ると思う。連勝もできていますし、最後に勝ってしっかりと終わりたいと思う。」と語っていた。ホーム最終戦セレモニーでは「今日も沢山の応援をありがとうございました。7月の末に監督になってから、ここまで苦労もあったが9連勝までたどり着いた余韻が3つぐらいあるかなと思う。1つは選手がしっかりとトレーニングした、いろんな敗戦の分析をして、コーチングスタッフと話をしながら、何が足りなくてということを、例えば厳しいフィジカルのトレーニングをしっかりと向かい合って選手はやってくれた、日々レベルの高い練習をしようという中で取り組んでくれた結果が、こういうピッチ上でのパフォーマンスに繋がっていると思います。2つ目は一体感、厳しい中で選手スタッフクラブ、サポーターの皆さんが一つの方向に向いて戦ったからこういう結果につながっていると思います。有難く思っています。最後はスタジアムの圧力というかアツ、広島の試合で1-0でリードしていた後でアツを感じて何もできなかったと言っていた。これはすごく大事なことで、ピッチで我々はプレーしているが、そういった後押しを受けて負けない試合、いつでも勝てる試合をこのスタジアムでやっていきたいと思う。そういう圧力もっと作っていただきたい。」と語っていた。長崎の高木監督は「結果は残念だが、内容に関してはアグレッシブなプレーをやってくれた。確かにチャンスはあったが、ああいうチャンスを決めていかないと、このカテゴリーの中では難しいなと思う。内容に関しては満足している。今日のゲームを最低限出来るように、そしてプラスアルファを付けられるように準備して最後のゲームに臨みたい。」と語っていた。

     

    スタッツ

    大阪のボール支配率は55%、シュート18本枠内9本、パス数574パス成功率81%、プレーエリアはアタックゾーン28%ミドルゾーン44%だった。長崎のボール支配率は45%、シュート18本枠内10本、パス数432パス成功率72%、プレーエリアはアタックゾーン35%ミドルゾーン42%だった。大阪は33試合消化で勝ち点48の8位、長崎は勝ち点29の18位となっている。

    サッカーの画像

    にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
    にほんブログ村


    ガンバ大阪ランキング


    横浜F・マリノスの元社員が3,300万円を私的流用

    0

      JUGEMテーマ:Jリーグ

      Jリーグが横浜F・マリノスに制裁金300万円の処分

      横浜F・マリノスが20日、元経理担当社員が2012年から18年の約7年間で収入印紙を換金して3,300万円を遊ぶ金欲しさに私的流用したことをクラブ公式ホームページで発表、公正証書を作成して本人が全額弁済していくことになった。代表取締役社長の黒澤良二氏はホームページで謝罪し、報酬の20%を3ヶ月間減額、内部統制の更なる強化を発表した。しかし、記者会見の席で塚本秀徳常務取締役は、返済計画を実行する限りは警察に相談するつもりはないと、被害届は提出しないようだ。何ともしっくりこない解決策である。

      Jリーグ規約第23条(Jクラブの健全経営)

      (1) Jクラブは、人件費、運営費その他の経費の設定に際し、健全な財政状態の維持に配慮 しなければならず、違反した場合、Jリーグクラブライセンス交付規則によって指導が 行われ、または制裁が科され得るほか、理事会は必要な措置を講ずることができ、Jク ラブはそれらに従わなければならない。
      (2) JクラブはJリーグに対し、Jリーグが指定した書類を定められた期限までに提出しな ければならない。
      (3) Jクラブは、前項の書類に虚偽の記載をしてはならない。

      サッカーの画像

      にほんブログ村 サッカーブログへ
      にほんブログ村


      Jリーグランキング

      FC岐阜0-0アビスパ福岡:第42節J2リーグ2018/11/17長良川競技場

      0

        JUGEMテーマ:アビスパ福岡

        福岡はプレーオフ出場圏外となる、井原監督は退任表明

        スターティングメンバ

        福岡は城後の1トップにセカンドトップは石津、2列目は松田と鈴木と枝村とドゥドゥ、最終ラインが古賀と篠原と吉本と輪湖、キーパーは圍の先発。岐阜はライアン・デ・フリースの1トップにキーパーはビクトルの先発。

         

        試合前の監督のインタビュー

        福岡の井原監督は「我々は勝つしかないと思っていますし、最終節をしっかりと勝って次のプレーオフにつなげるようにしたい。今シーズン目標としていた自動昇格優勝は達成できなかったが、チームとして狙いを持って1年間やってきたことは、攻撃守備とともにある程度仕上がってきたと思ってますし、この時期その集大成だと思いますし、この最終戦にその両方がしっかり出せるようにしたい。」と語っていた。岐阜の大木監督は「福岡は能力の高いチームだと思う。いつも通り上手く守れればと思っている。しっかり自分たちがプレスするしなければならない。最後は勝って終わりたい、自分たちがやれることを証明して終わりたい。」と語っていた。

         

        試合内容

        5分岐阜のコーナーキックから、山岸がヘディングシュートを試みるも福岡のディフェンス陣が対応する。8分福岡の松田のヘディングシュートは惜しくも枠を外れる。17分福岡の鈴木がFKから直接ゴールを狙うも、惜しくも枠外となる。27分岐阜のデ・フリースがドリブルで抜け出すもゴールラインを割る。32分岐阜の田中のシュートは枠外となる。43分岐阜の阿部のヘディングシュートは枠外となる。48分岐阜のデ・フリースのシュートも枠外となる。56分福岡のカウンター攻撃から城後がシュートをするがビクトルが止める。アディショナルタイム、福岡の森本のシュートも枠外となる。

         

        試合後の監督のインタビュー

        福岡の井原監督は「最後までプレーオフのポジションを保持しようと思っていて、この最終戦に臨んだ中で勝たないといけないと思っていたし、引き分けでは他の2チームが勝つだろうということだったので、そういう意味では非常に残念ですし、多くのサポーターの皆さんの期待に応えることが出来ず、申し訳なく思っています。立ち上がりの前半25分30分は我々のゲームだったと思いますし、そういうチャンスの中で1点先行できれば違うゲーム展開になったと思う、粘られてから少しずつ相手にボールを握られだして、その後は岐阜が保持するゲームになってしまった。サポーターの声援に応えようと選手は1年間よくやってくれましたし、最後の最後まで選手は努力してくれました、結果が出なかったのは監督である私の責任ですし、非常に残念ですし、応援してくれた人たちには申し訳ない気持ちでいっぱいです。」と語っていた。

         

        スタッツ

        福岡のボール支配率は45%、シュート13本枠内7本、パス数449パス成功率72%、プレーエリアはアタックゾーン28%ミドルゾーン42%だった。岐阜のボール支配率は55%、シュート15本枠内9本、パス数589パス成功率77%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン45%だった。福岡は勝ち点70で今季7位、岐阜は勝ち点42で今季20位となった。

        サッカーの画像

        にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
        にほんブログ村


        アビスパ福岡ランキング


        アビスパ福岡1-0熊本:第41節J2リーグ2018/11/11レベルファイブスタジアム

        0

          JUGEMテーマ:アビスパ福岡

          9分石津

          スターティングメンバ

          福岡は城後の1トップにセカンドトップが石津、2列目が松田と鈴木とウォン・ドゥジェとドゥドゥ、最終ラインが輪湖と篠原と實藤と古賀、キーパーが圍の予想フォーメーション。森本は控えでスタート。熊本は皆川の1トップにセカンドトップが伊東と田辺、2列目が高瀬と横山と上村と田中、最終ラインが鈴木と植田と多々良、キーパーが佐藤の予想フォーメーション。

           

          試合前の監督のインタビュー

          福岡の井原監督は「目標としていた優勝自動昇格が無くなってしまったが、まだまだ昇格という可能性は達成することが出来るので、ホーム最終戦ですし九州ダービーでもあります、しっかりとまずは熊本に勝つことだけを考えて、準備をしてきたつもりですし、このピッチでいいゲームをして、残り最終戦そしてプレーオフに向けていい形で進めるようにいいゲームをしたいと思う。」と語っていた。熊本の渋谷監督は「九州ダービーということで我々は厳しい順位にいるが、ファンサポーターの方が沢山応援に来てくれると思うので、しっかりと勝利を届ける。福岡は個人の能力が高い選手が多いので、我々はアグレッシブにハードワークを忘れずに戦うことが1番重要だと思います。」と語っていた。

           

          試合内容

          9分福岡の石津がドリブルで侵入してそのままシュートを決める。36分福岡の松田のミドルシュートは枠を外れる。前半アディショナルタイム、福岡の鈴木がFKから直接ゴールを狙うが、キーパーの佐藤が好セーブを見せる。51分福岡のドゥドゥがドリブルで持ち込んでミドルシュートを放つも惜しくも枠外となる。59分熊本の伊東がこぼれ球をシュートするがキーパーの圍が好セーブを見せる。67分熊本の多々良のシュートはポストに救われる。72分ゴール前で福岡の森本からドゥドゥにパスが通るもシュートはミートせず。

           

          試合後の監督と選手のインタビュー

          福岡の石津選手は「ボランチの裏が空いてくるとスカウティングがあったので、そこを上手くつけたし、自分がドリブルをし始めて、2人の選手が自分のシュートコースを開けるような動きをしてくれたので、自分もスムーズにシュートまで持っていくことが出来ました。今日は負けてはいけない試合だったので、勝ちにつながるゴールを決めることができたが、最終戦勝たないと意味がないので、切り替えて次を迎えたいと思う。次勝ってプレーオフの出場権を獲得して、そこから3つ勝ってJ1に上がりたいと思います。」と語っていた。福岡の井原監督は「いい時間帯に先制点を挙げて、そこあと苦しい時間もあったが、粘り強く90分間全員が勝利のために走ってくれたと思う。サポーターが素晴らしい雰囲気を作ってくれたおかげだと思う。石津選手は前節出場機会がなかったが、その悔しさを晴らしてくれたと思う。ゴール前で彼の仕事を期待していたので、結果を出してくれてよかったと思います。守備の集中力体を張るところ、キーパー圍を含めて全員で守るということが今日は大変してくれたと思うし、これが我々のサッカーの1つの特徴でもあるので、このゲーム内容を残りの最終戦そしてプレーオフに繋げられるように、しっかりと準備していきたい。プレーオフを目指してやっていくししかないので最後の最後まで諦めずに頑張りたい。」と語っていた。熊本の渋谷監督は「負けて悔しいです。点が入ってないので、水野選手は頑張ってくれたが残念です。とにかく最後の試合はホームで出来るのでしっかり勝って勝利を届けるのが我々の使命だと思う。しっかり準備して来週を迎えたいと思う。」と語っていた。

           

          スタッツ

          福岡のボール支配率は45%、シュート13本枠内4本、パス数400パス成功率73%、プレーエリアはアタックゾーン26%ミドルゾーン44%だった。熊本のボール支配率は55%、シュート5本枠内2本、パス数594パス成功率79%、プレーエリアはアタックゾーン21%ミドルゾーン48%だった。福岡は41試合消化で勝ち点69の6位、熊本は41試合消化で勝ち点31の21位となった。


          試合後の今シーズンのホーム最終戦セレモニー

          高島福岡市長は「次の岐阜戦に勝って、プレーオフに勝って、私たちをJ1に連れて行ってください。」と励ましの言葉があった。川森代表取締役は「J1に昇格が出来るよう頑張ってまいります。」との感謝の言葉があった。井原監督は「J1の昇格のチャンスは残されています。我々スタッフ選手は最後の最後まで諦めず、昇格を目指して良い準備をして努力していきたいと思います。」と語っていた。鈴木キャプテンは「あと4試合みんなで戦って昇格を掴みましょう。」と語っていた。

          サッカーの画像1

          にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
          にほんブログ村


          アビスパ福岡ランキング


          ガンバ大阪1-0湘南ベルマーレ:第32節J1リーグ2018/11/10パナソニックスタジアム吹田

          0

            JUGEMテーマ:ガンバ大阪

            60分ファン・ウィジョ、ガンバ大阪8連勝

            スターティングメンバー

            大阪はアデミウソンとファン・ウィジョの2トップに、2列目が倉田と今野と遠藤と小野瀬、最終ラインが藤春とファビオと三浦と米倉、キーパーが東口の先発。湘南は山崎の1トップに、セカンドトップが梅崎と菊地、キーパーが秋元の先発。

             

            試合前の監督のインタビュー

            大阪の宮本監督は「(残留に向けて)もちろん大事な1戦なので、しっかりと自分達から攻撃的な姿勢を持って臨もうという話はしている。(今日の試合のポイントは)早い攻守の切り替えと、相手ゴールに迫った時にどれだけ質の高い攻撃が出来るかということだと思います。(遠藤選手のJ1通算600試合出場について)素晴らしいこれから現れない記録だと思うし、ヤット(遠藤)の600試合をしっかり飾れるように、皆でしっかり頑張りたいと思う。」と語っていた。湘南の調篤弔蓮屮ンバは7連勝ということでチームの完成度も上がってますし、その試合をこの素晴らしいスタジアムでできるということで、僕も選手も楽しみにしていたので、その気持ちを削がないようにしたい。ホームともアウェーとも勝ち点3を目指して、なかなか勝てない試合もあった、それも含めて選手と向き合ってきたので、今日もプレーを楽しんでもらいたい。」と語っていた。

             

            試合内容

            1分湘南のシュートはゴールポスト右ではじき返る。4分湘南の梅崎のシュートはキーパーの東口が止める。25分湘南の菊地がヘディングシュートをするもキーパーの東口の正面。44分大阪のファン・ウィジョがヘディングシュートをするも、クロスバーではじき返る。48分大阪の藤春のシュートは枠を外れる。60分大阪の今野のロングスルーパスから、米倉が右サイドからクロスを上げ、ファン・ウィジョがジャストのヘディングシュートを決める。68分湘南の小川のシュートはキーパーの東口の正面。74分湘南の石川がシュートするも、キーパーの東口が止める。87分湘南の山口がシュートを放つもゴールポストに救われる。88分湘南の岡本がシュートをするも東口が正面で抑える。アディショナルタイム、大阪の今野のシュートはポストで跳ね返り、小野瀬のヘディングシュートは枠を外れる。

             

            試合後の監督のインタビュー

            大阪の宮本監督は「7月の終わりから、しっかりとみんなでやってきたことが成果として表れて良かったと思う。立ち上がりは沢山のピンチがあったし、点を取ってから落ち着いてもう少し試合を進めたかったが、相手のパワーもあったし90分間で勝ち切ったことは評価できると思うが、内容はもっと改善していきたい。(リーグ戦8連勝の手ごたえは)時間帯を増やしたい、相手を上回る時間帯もあるが、出来るだけ時間を長くしたい。(ホーム最終戦に向けて)今シーズン沢山応援してくれたサポーターに良い試合を見せて最終戦を終わりたい。」と語っていた。湘南の調篤弔蓮崢垢ご峇篤弔笋蕕擦討發蕕辰討い訝罎如▲▲ΕА爾里海ΔいΕ好織献▲爐涼罎念貎憤貘爐旅極匹忙ち込んで、ゴールマウスにボールが入っていれば展開が変わったと思うが、そこが見えるところと見えないところのガンバとの差と思うし、ただ今日の選手は勇敢に戦ったと思いますし、自分たちの良さを生かして土俵際まで追い込んだ、あと1歩詰め切れなかったのは監督の責任だと思います。狙い通りのチャンスが作れたところは沢山あったが、最後のフィニッシュがいいところに飛ばなかったというか、そういうところが自分たちの課題と思う、解消というか2試合で成長できるものだ、選手に結果の責任はないと思う。」と語っていた。

             

            スタッツ

            大阪のボール支配率は56%、シュート12本枠内5本、パス数579パス成功率79%、プレーエリアはアタックゾーン33%ミドルゾーン42%だった。湘南のボール支配率は44%、シュート24本枠内13本、パス数434パス成功率72%、プレーエリアはアタックゾーン29%ミドルゾーン42%だった。ガンバ大阪は32試合消化で勝ち点45の9位、湘南は32試合消化で勝ち点37の14位となった。

            サッカーの画像1

            にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
            にほんブログ村


            ガンバ大阪ランキング


            セレッソ大阪0-1名古屋グランパス:第28節J1リーグ2018/11/06キンチョウスタジアム

            0

              JUGEMテーマ:名古屋グランパス

              53分相馬

               

              スターティングメンバ

              名古屋はジョーと前田の2トップに2列目左に相馬、キーパーはランゲラックの先発、大阪は杉本と柿谷の2トップにキーパーはキム・ジンヒョンの先発。

               

              試合前の監督のインタビュー

              名古屋の風間監督は「全員でこの連戦をのり切る、集中して全員で勝とうということ。11人ではなく全員で戦いたいと思う。」と語っていた。大阪の尹監督は「まだ試合は終わっていないので、1%でも希望があれば諦めないように、そういう心をかけて戦おうと(選手達に)話した。普通にやれば問題ないと思うが、もし集中力が切れたり、イライラしたりすると試合がうまく行かないと思うので、そこをしっかり集中できれば多分勝ち点3は取れるだろうと思う。」と語っていた。

               

              試合内容

              9分名古屋のジョーのヘディングシュートは枠を外れる。34分大阪の杉本のシュートは名古屋のディフェンス陣がクリアする。39分大阪のソウザのシュートは枠を外れる。49分名古屋の前田のシュートはオフサイドの判定。52分名古屋の秋山がクロスを上げ、キーパーのキムがクリアしたが、こぼれ球を相馬がヘディングで押し込む。54分名古屋の前田のシュートは枠を外れる。63分名古屋のジョーのヘディングシュートは枠を外れる。64分名古屋の前田のシュートはポストで弾き返る。65分大阪の福満のシュートは僅かに外れる。72分大阪のFKで、ソウザが直接ゴールを狙うも惜しくもバーのわずかに上。

               

              試合後の監督のインタビュー

              名古屋の風間監督は「立ち上がりから新しい選手がすごく良いプレーをしてくれた、ただ最後のフィニッシュの所が雑だったので、そこのところを少し丁寧にやろうということを言ったが、やってくれた。その後はしっかりと自分たちのチーム一体となって良く動いてくれた。選手たちも一つ一つだけど色んなことを吸収して、どうしたら勝てるか、あるいは勝つためには何が必要かということを、どんどんグランドの中で出してくれたと思う。相馬はよくやってくれた、すごいハードな中、あとは大学の人達にも感謝したいと思う。一つ一つ自分たちができる最良のことを最善を尽くしてやりたい。」と語っていた。大阪の尹監督は「活発に頑張ったと思う。現状がこれだと思う。ほんとに準備したものは沢山あったが、それを全て見せることは出来なかった。些細なミスがこういう結果を作ると思う。些細なことは練習から出てきているものであって、そういうのが試合にも出てしまっている。」と語っていた。

               

              スタッツ

              名古屋のボール支配率は51%、シュート11本枠内3本、パス数592パス成功率81%、プレーエリアはアタックゾーン20%ミドルゾーン53%だった。大阪のボール支配率は49%、シュート10本枠内5本、パス数513パス成功率79%、プレーエリアはアタックゾーン30%ミドルゾーン46%だった。名古屋は31試合消化で15位の勝ち点37、大阪は31試合消化で8位の勝ち点44となった。

              サッカーの画像1

              にほんブログ村 サッカーブログへ
              にほんブログ村


              Jリーグランキング


              FC町田ゼルビア2-1アビスパ福岡:第40節J2リーグ2018/11/04町田市陸上競技場

              0

                JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                70分城後(福岡)、74分中島(町田)、80分ドリアン・バブンスキー(町田)

                スターティングメンバ―

                福岡は城後の1トップにセカンドトップがドゥドゥと松田、2列目が輪湖と鈴木と枝村と駒野、最終ラインが實藤と篠原と古賀、キーパーが圍の先発、町田は山内と中島の2トップにキーパーが福井の先発。

                 

                試合前の監督のインタビュー

                福岡の井原監督は「(町田の試合を見に行って)町田らしい全員がハードワークするプレーは変わっていないと思う。力のあるチームだと改めて思った。セカンドボール争いであったり、切り替えがどちらが早くできるかというところがポイントになると思う。」と語っていた。町田の相馬監督は「福岡は攻撃にパワーのあるチームだと思っている。怖がらない、自分たちから仕掛けるプレーをしたいと思う。」と語っていた。

                 

                試合内容

                17分町田の中島のヘディングシュートは枠を外れる。23分福岡の城後のヘディングシュートは惜しくも枠を外れる。69分福岡の輪湖が左サイドからクロスを上げて、城後のヘディングシュートが決まる。74分町田の平戸が右サイドからクロスを上げて、中島がヘディングシュートを決める。80分町田の平戸のFKから、ドリアン・バブンスキーがジャストのヘディングシュートを決める。87分町田の山内のシュートがゴールネットを揺らすも、オフサイドの判定。

                 

                試合後の監督のインタビュー

                福岡の井原監督は「先制点は重要と思っていた中で、苦しい展開だったが良い形でゴールできたと思う。結果的には逆転で敗戦になってしまった、そのあとのゲーム運びであったり、町田のやり通す、ぶれずにやるサッカーに最後は屈してしまった。優勝という目標は達成できなくなったが、昇格という可能性は残されているので、それに向かって残り2試合まだまだ我々の力を見せないといけないし、可能性がある限り、プレーオフにしっかり回れるように、少しでも上の順位を目指して、J1に昇格する可能性がある限り良い準備をしてやっていきたい。」と語っていた。町田の相馬監督は「ホームは良いですね。どちらもかなりクオリティの高い得点だと思う。こういう局面で出たのは皆さんのエネルギーのおかげだ。今日の勝ち点3はとても大きいと思う。」と語っていた。

                 

                スタッツ

                福岡のボール支配率は53%、シュート4本枠内2本、パス数412パス成功率57%、プレーエリアはアタックゾーン26%ミドルゾーン37%だった。町田のボール支配率は47%、シュート9本枠内4本、パス数360パス成功率52%、プレーエリアはアタックゾーン26%ミドルゾーン41%だった。福岡は40試合消化で勝ち点66の6位、町田は40試合消化で勝ち点72の3位となった。

                サッカーの画像1

                にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
                にほんブログ村


                アビスパ福岡ランキング


                浦和レッズ1-3ガンバ大阪:第31節J1リーグ2018/11/03埼玉スタジアム

                0

                  JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                  43分小野瀬(大阪)、49分興梠(浦和)、62分ファン・ウィジョ(大阪)、69分アデミウソン(大阪)

                  大阪はアデミウソンとファン・ウィジョの2トップに、2列目が倉田と今野と遠藤と小野瀬、最終ラインが藤春とファビオと三浦とオ・ジェソク、キーパーが林の先発、浦和は興梠と武藤の2トップに、キーパーが西川の先発。
                  試合前のインタビューで宮本監督は「(この2週間のインターバル)攻守においてチームとしてレベルアップしていこうと、この2週間やってきた。浦和は前線に特徴のある個の強い選手が揃っていますし、堅い守備もありますから、自分たちがしっかり守備をして耐える時間が増えると思うし、その中でチャンスを作り出して、シュートをできるだけ多く打てるようにしたいなと思う。(東口が負傷で欠場していることについて)林とディフェンス陣の連携面は、いくつか試合をやっているし、その中で良い部分も沢山あるので心配していない。アデミウソンとファン・ウィジョが持っているひらめきであったり、アイデアというものが練習でも良いコミュニケーションを生んでいるのは間違いない、試合でもしっかりと出してもらいたい。」と語っていた。オリヴェイラ監督は「ガンバは非常に良いチームだと思う、全体的にレベルが高くて攻撃も強力ですし、ディフェンスも強いと思う。特に今野と遠藤は経験豊富な選手で違いを生むと思うので気を付けなければいけない。」と語っていた。
                  31分浦和のFKから、マウリシオがヘディングシュートを試みるもキーパーの林が防ぐ。36分浦和の柏木がシュートするもキーパーの林の正面。40分大阪の遠藤のFKから、ファビオがヘディングシュートをするも枠外となる。43分大阪の小野瀬が浦和のディフェンス陣の一瞬の隙をついてミドルシュートを決める。49分浦和の長澤のシュートをキーパーの林が一旦は止めたものの、こぼれ球を興梠が押し込む。62分大阪のファン・ウィジョが左サイドから持ち込んで、そのまま弧を描くシュートを決める。69分浦和のディフェンス陣の隙をついて、藤春が左サイドゴール際から折り返して、アデミウソンがゴールを決める。81分大阪の遠藤のFKから直接ゴールを狙うが、キーパーの西川が辛うじて止める。
                  4年ぶりの7連勝、試合後の大阪の宮本監督は「前半は攻守において良いところはなかったが、後半点を取られて同点になってからは、スイッチが入って全体のレベルが上がったかなと思う。守備の所の厳しさが前半少なかったので、後半そういうのが出て、マイボールの時の距離感も良かったかなと思う。相手のホームでしっかり勝ちきるということが出来れば、自分たちの勢いも本物かなと選手達に話していた、後半そういったものが出た。残り3試合1つでも多く勝ってできるだけ上に行きたいと思う。」と語っていた。浦和のオリヴェイラ監督は「良いプレーもできて、前半は決定機を多く作れたと思う。ガンバには素晴らしい選手たちがいるので、彼らが良いタイミングで決定的な仕事をしたので、勝利に値したのかもしれない。私たちも良い内容で決定機を作っていたので、もっとゴールを決めていてもおかしくなかったと思う。」と語っていた。
                  大阪のボール支配率は45%、シュート11本枠内6本、パス数473パス成功率78%、浦和のボール支配率は55%、シュート15本枠内10本、パス数528パス成功率80%だった。大阪は31試合消化で勝ち点42の暫定9位、浦和は31試合消化で勝ち点45の暫定6位となった。
                  サッカーの画像1

                  にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
                  にほんブログ村


                  ガンバ大阪ランキング


                  バルセロナ5-1レアル・マドリード:第10節ラ・リーガ2018/10/28カンプ・ノウ

                  0

                    JUGEMテーマ:欧州サッカー

                    11分コウチーニョ(バルセロナ)、30分ルイス・スアレス(バルセロナ)PK、50分マルセロ(レアル・マドリード)、75分ルイス・スアレス(バルセロナ)、83分ルイス・スアレス(バルセロナ)、87分ビダル(バルセロナ)

                    バルセロナはルイス・スアレスとコウチーニョとラフィーニャの3トップに、2列目がラキティッチとブスケツとアルトゥール、最終ラインがジョルディ・アルバとラングレとピケとセルジ・ロベルト、キーパーがテア・シュテーゲンの先発、レアル・マドリードはベンゼマとベイルとイスコの3トップに、2列目がクロースとカゼミーロとモドリッチ、最終ラインがマルセロとラモスとヴァランとナチョ、キーパーがクルトワの先発。
                    試合前のバルセロナのバルベルデ監督は記者会見で「マドリーは苦しい時ほど危険な存在だ。実際に近年の彼らはカンプ・ノウで良い戦いをしている。もちろんベストのマドリーを想定しているよ。マドリーには良い試合をする実力があり、素晴らしい選手たちが揃っている。インサイドでプレーする選手もクロスを上げる選手も優秀で、シュートもうまくボックス外から打てる。戦術も豊富でディフェンスも強力だ。数字だけを見れば確かに我々が4ポイントリードしているが、このレベルでは大した差ではない。」と語っていた。レアル・マドリードのロペテギ監督は「クビがかかっているかって?そのような結果になるとは思っていない。メッシがいなくても何も変わらない。自分たちのやることに集中するだけだ。自分たちのストロングポイントを生かす、それが我々の取り組むべきことだ。」と語っていた。
                    11分ジョルディ・アルバが左サイドからクロスを入れて、コウチーニョがゴールを決める。29分ルイス・スアレスがエリア内で倒れたVAR判定でPKを得る。スアレスが自らPKを決める。30分レアル・マドリードのイスコが右サイド奥からクロスで折り返して、マルセロがゴールを決める。75分セルジ・ロベルトのショートパスから、ルイス・スアレスが鋭いヘディングシュートを決める。83分レアル・マドリードのディフェンス陣のクリアミスから、セルジ・ロベルトが前線に送り、ルイス・スアレスがループシュートを決める。87分左サイドからバルセロナのデンベレがクロスを上げて、ビダルがヘディングシュートを決める。
                    バルセロナのボール支配率は54%、シュート13本枠内8本、パス数534パス成功率87%、レアル・マドリードのボール支配率は46%、シュート15本枠内4本、パス数465パス成功率84%だった。
                    サッカーの画像1

                    にほんブログ村 サッカーブログへ
                    にほんブログ村


                    ガンバ大阪2-1横浜FM:第30節J1リーグ2018/10/20パナソニックスタジアム吹田

                    0

                      JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                      36分仲川(横浜)、71分ファン・ウィジョ(大阪)、86分小野瀬(大阪)

                      大阪は渡邊の1トップに、2列目が倉田と小野瀬、3列目が藤春と今野と遠藤とオ・ジェソク、最終ラインが菅沼とファビオと三浦、キーパーが東口の先発、ファン・ウィジョとアデミウソンは控えでスタート、横浜は仲川とウーゴ・ヴィエラと遠藤の3トップにキーパーが飯倉の先発。
                      7分横浜の天野がシュートするも枠外となる。16分大阪の小野瀬のシュートは枠外となる。27分横浜の遠藤がシュートを放つもキーパーの東口の正面。36分横浜の天野の左サイドからののクロスパスに仲川が大阪のディフェンス陣の一瞬の隙をついてゴールを決める。45分大阪の遠藤のコーナーキックから、小野瀬がファン・ウィジョのヘディングに合わせてパスを送るも触ることが出来ず。55分大阪の渡邊のシュートはキーパーの飯倉の正面。56分横浜の天野のヘディングシュートは大阪のキーパーの林がはじき出す。68分横浜の大津のシュートはキーパーの林がセーブする。71分横浜のパスミスから、大阪の倉田、アデミウソンとボールが渡り、最後はファン・ウィジョが横浜のディフェンス陣を上手くかわして振り向きざまにゴールを決める。78分横浜の篠塚のシュートは枠をとらえず。86分大阪の藤春の左サイドからのクロスパスから、小野瀬が流し込んでゴールを決める。
                      大阪の宮本監督は「苦労したけど、勝てて良かった。3バックでスタートしたのは相手の良さと特徴を消しながら、スコアをキープしながら後半勝負を考えた。東口の怪我もあり、選手交代のタイミングの難しさがあった。代わりに入った選手もしっかりと仕事をしていたし、スタートから出た選手もしっかりとこなしていた。6連勝は良い数字だが、しっかりと勝って勝ち点を積み上げたい。」と語っていた。横浜のポステコグルー監督は「負けたのは非常に残念だ。前半は悪くなかったが、後半プレッシャーがかかった中で、少しミスが多かった印象がある。いつも通り、今まで続けていたことをやる、前半はそれが出来ていたが、後半ちょっと崩れた。これから大事な試合が続くが、同じミスを繰り返さないように、まずこの試合を振り返り、しっかり分析をして選手たちは改善をして学んで、しっかり準備していきたい。」と語っていた。
                      大阪のボール支配率は41%、シュート10本枠内5本、パス数431パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン16%ミドルゾーン49%だった。横浜のボール支配率は59%、シュート18本枠内10本、パス数762パス成功率84%、プレーエリアはアタックゾーン19%ミドルゾーン59%だった。大阪は30試合消化で勝ち点39の暫定10位、横浜は30試合消化で勝ち点38の11位となった。
                      サッカーの画像1

                      にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
                      にほんブログ村


                      レノファ山口0-1アビスパ福岡:第37節J2リーグ2018/10/13維新みらいふスタジアム

                      0

                        JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                        10分松田

                        福岡はドゥドゥの1トップにセカンドトップが石津、2列目が松田と鈴木とウォン・ドゥジェとユ・インス、最終ラインが古賀と岩下と篠原と駒野、キーパーが杉山の先発、レオミネイロと城後は控えでスタート、山口はオナイウ阿道の1トップにキーパーが吉満の先発。
                        5分福岡のドゥドゥがエリア内で倒されてPKを得る。石津のPKはキーパーの吉満がコースを読んでいたようでセーブする。10分福岡の石津のショートパスから松田がゴール左隅にシュートを決める。57分山口のオナイウのシュートは枠をとらえず。67分山口のオナイウのシュートはキーパーの杉山が阻む。
                        福岡の井原監督は「前半は良いゲームだったと思う。後半守備に回る時間が長くなって、押し込まれるシーンが結構あったが、最後まで集中力切らさず、今日は勝つことが最大の目標だった。前半はそれほど多くのピンチはなかったと思うし、相手のサイドチェンジ、サイドの飛び出し、クロスの対応をしっかりおさえようと体を張って無失点で抑えてくれた。残り5試合厳しい試合になると思うし、一つ一つ勝ち点を積み上げていきたい。」と語っていた。山口の霜田監督は「非常に悔しい敗戦だったので、こういう悔しさを忘れるなと選手に伝えた。一言でいうともったいないゲームだった。最初の10分自分たちのミスから失点をしてしまって、後半こじ開けることが出来なかった、まだまだ力が足りない。意識のレベルを上げることと、こういう相手をどうやって崩すかを考えてトレーニングする。」と語っていた。
                        福岡のボール支配率は44%、シュート6本枠内4本、パス数394パス成功率67%、プレーエリアはアタックゾーン23%ミドルゾーン44%だった。山口のボール支配率は56%、シュート10本枠内3本、パス数595パス成功率76%、プレーエリアはアタックゾーン31%ミドルゾーン43%だった。福岡は37試合消化で勝ち点64の暫定3位、山口は36試合消化で勝ち点51の暫定10位となった。
                        サッカーの画像1

                        にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
                        にほんブログ村


                        アビスパ福岡3-1大宮アルディージャ:第35節J2リーグ2018/09/29レベルファイブスタジアム

                        0

                          JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                          1分城後(福岡)、48分大前(大宮)、71分城後(福岡)、84分山瀬(福岡)

                          福岡は城後の1トップにセカンドトップが石津、2列目が枝村と鈴木とウォン・ドゥジェとユ・インス、最終ラインが古賀と篠原と吉本と駒野、キーパーが杉山の先発、山瀬は控えでスタート、大宮が大前と清水の2トップにキーパーが塩田の先発。
                          1分福岡のカウンター攻撃から、城後がエリア外からミドルシュートを決める。10分大宮の畑尾のヘディングシュートは枠をとらえるもキーパーの杉山がセーブする。48分大宮のマテウスのクロスパスから大前がシュートを決める。57分大宮の大前がシュートを放つもキーパーの杉山が抑える。71分福岡の石津のスルーパスから、城後が流し込んでゴールを決める。78分福岡の山瀬のシュートはキーパーの塩田に弾かれて枠を外れる。84分福岡のレオミネイロのシュートはキーパーの塩田にセーブされたが、こぼれ球を山瀬がシュートを決める。86分大宮の茨田のシュートはキーパーの杉山の正面。
                          福岡の井原監督は「城後選手は先発の期待に応えてくれたし、全員が前節の痛い敗戦を切り替えて、大宮に勝とうとゲームに集中してハードワークしてくれた。城後選手はゴール前にクロスに入っていくこと、動きながら相手のディフェンスラインの背後に入ることを90分間続けてくれた。今日のような苦しいゲームばっかりだと思うし、チームが1つとなって勝ち点3を積み上げて可能性がある限り戦い続けたい。」と語っていた。大宮の石井監督は「痛い敗戦だと思う。改善点は次に切り替えたいと思う。早い時間に失点したのはそのままにしていたが、後半追いついた後での試合運びが良くなかった。守備は修正しないといけない、追いついた後も追加点が欲しい。」と語っていた。
                          福岡のボール支配率は49%、シュート15本枠内10本、パス数479パス成功率71%、プレーエリアはアタックゾーン22%ミドルゾーン49%だった。大宮のボール支配率は51%、シュート13本枠内9本、パス数566パス成功率76%、プレーエリアはアタックゾーン17%ミドルゾーン47%だった。福岡は35試合消化で勝ち点60の暫定4位、大宮は35試合消化で勝ち点57の6位となった。
                          サッカーの画像1

                          にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
                          にほんブログ村


                          ガンバ大阪1-0サンフレッチェ広島:第28節J1リーグ2018/09/29パナソニックスタジアム吹田

                          0

                            JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                            84分ファン・ウィジョ

                            大阪はファン・ウィジョと渡邊の2トップに2列目が倉田と今野と遠藤と小野瀬、最終ラインが藤春とファビオと三浦とオ・ジェソク、キーパーが東口の先発、広島はパトリックとティーラシンの2トップにキーパーが林の先発。
                            3分広島の青山のシュートは枠を外れる。13分ティーラシンのシュートはキーパーの東口が足で止める。31分広島の稲垣のシュートは大阪のオ・ジェソクがクリアする。56分広島の和田のシュートはキーパーの東口がはじき出す。71分広島の青山のシュートは大阪のファビオがクリアする。73分大阪の渡邊のシュートはミートせずキーパーの林に抑えられる。76分広島のパトリックのシュートはキーパーの東口がセーブする。83分大阪の遠藤のコーナーキックから、広島のパトリックと大阪の三浦のヘッドの競り合いでコースが僅かに変わり、ファン・ウィジョが流し込んでゴールを決める。87分大阪の遠藤のシュートはクロスバーの上。
                            大阪の宮本監督は「皆で守った中で後半0-0で迎えて、少し攻勢になる時間が増えて、どちらに転ぶかわからない試合でセットプレーで点を取れて、大きな勝ち点3だと思う。最後のコーナーキックの高さにおいて、ウィジョを残して結果的に良かった。大きい勝利だが、混戦の中で上に残っていくために1つ1つやっていきたい。大阪ダービーは違う試合になるし、我々のプライドを賭けて戦いたい。」と語っていた。広島の城福監督は「残念だった。冷静に振り返ると悪くはなかった。自分たちらしさを攻守において出した。こういう時こそ失点0で抑えないといけない。セットプレーで勝負が決まることがこの何試合か続いているので、良い方向に転がるようにした。」と語っていた。
                            大阪のボール支配率は59%、シュート10本枠内8本、パス数642パス成功率84%、プレーエリアはアタックゾーン35%ミドルゾーン45%だった。広島のボール支配率は41%、シュート12本枠内7本、パス数432パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン32%ミドルゾーン33%だった。大阪は28試合消化で勝ち点33の暫定13位、広島は28試合消化で勝ち点56の2位となった。
                            サッカーの画像1

                            にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
                            にほんブログ村

                            京都サンガ1-0アビスパ福岡:第22節J2リーグ2018/09/26西京極スタジアム

                            0

                              JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                              34分小屋松、7月7日の大雨中止による振替試合

                              福岡は木戸の1トップにセカンドトップが石津、2列目が山瀬と鈴木とウォン・ドゥジェとユ・インス、最終ラインが輪湖と篠原と吉本と古賀、キーパーは杉山の先発、京都はカイオと闘莉王の2トップに2列目が小屋松、キーパーが清水の先発。
                              7分京都のコーナーキックからの闘莉王のヘディングシュートは枠外となる。14分福岡の鈴木のFKは直接ゴールを狙うもキーパーの清水がはじき出す。31分福岡の山瀬が石津とのワンツーパスでシュートを放つもゴールポスト右で跳ね返る。34分福岡が京都の選手にボールを奪われ、京都のカイオのシュートはキーパーの杉山がセーブするも、小屋松がこぼれ球をゴールに押し込む。58分福岡の山瀬のシュートは惜しくもサイドネットを揺らす。89分福岡のレオミネイロが左サイドから切り崩すが、古賀のシュートは枠外となる。
                              福岡の井原監督は「厳しい激しい試合になるだろうと予想していた。得点が取れなかったのと、ミスから失点してしまったのは敗因だった。ゴールを目指すのがあと一歩足りなかった。京都が粘り強く体を張って守っていた。もうちょっと積極的にミドルを含めてシュートを打っても良かったかなと思う。」と語っていた。京都のジュロヴスキー監督は「選手たちを褒めたいと思っている。自分が見たかった京都サンガだ。ディフェンスがしっかりスライドして、しっかり守り切ってくれた。この順位で不足はあるが、今日のようなスピリット団結心を続けていきたい。」と語っていた。
                              福岡のボール支配率は56%、シュート20本枠内9本、パス数548パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン27%ミドルゾーン46%だった。京都のボール支配率は44%、シュート10本枠内5本、パス数340パス成功率65%、プレーエリアはアタックゾーン21%ミドルゾーン47%だった。福岡は34試合消化で勝ち点57の7位、京都は34試合消化で勝ち点31の20位となった。
                              サッカーの画像1

                              にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
                              にほんブログ村


                              愛媛2-3アビスパ福岡:第34節J2リーグ2018/09/23ニンジニアスタジアム

                              0

                                JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                                45分+2分小池(愛媛)、62分石津(福岡)、69分神谷(愛媛)、76分ドゥドゥ(福岡)、88分ドゥドゥ(福岡)

                                福岡は木戸の1トップにセカンドトップが石津、2列目がドゥドゥと鈴木と枝村とユ・インス、最終ラインが輪湖と篠原と吉本と駒野の先発、キーパーは杉山の先発、愛媛は吉田の1トップにキーパーは岡本の先発。
                                26分愛媛の神谷のシュートは枠外となる。41分愛媛の近藤のシュートは左ポストで弾き返る。前半アディショナルタイム、愛媛の神谷のグラウンダー性のクロスから、小池がシュートを決める。62分駒野の右サイドからのクロスから、石津がヘディングシュートを決める。69分愛媛のカウンター攻撃から、近藤のショートパスから神谷がゴールを決める。しかし、ここから福岡が執念を見せる。73分愛媛の神谷のシュートはキーパーの杉山が阻む。76分福岡の鈴木の縦パスから石津がワンクッション置いて、ドゥドゥがゴールを決める。76分石津のミドルシュートは右ポストで弾き返る。88分鈴木の縦パスから、ドゥドゥがヘディングシュートを決める
                                福岡の井原監督は「難しいゲームだったし、我々のミスもあって苦しい展開だったが、選手が最後まで勝利のために諦めずに戦った結果だと思う。ドゥドゥのゴールは良かったが、つまらないイエローカードをもらったので修正したい。この勝ちは大きいが、ハードなスケジュールが続くので修正していきたい。」と語っていた。愛媛の川井監督は「勝ち点を取れなくて残念に思う。選手たちは100%やってくれた。先制、逆転の流れは良かったと思う。福岡から課題を与えられたと思って、トレーニングからしっかりやりたいと思う。負けたが内容としては悲観することはないと思う。」と語っていた。
                                福岡のボール支配率は53%、シュート21本枠内12本、パス数529パス成功率83%、プレーエリアはアタックゾーン31%ミドルゾーン49%だった。愛媛のボール支配率は47%、シュート15本枠内9本、パス数423パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン17%ミドルゾーン42%だった。福岡は33試合消化で勝ち点57の暫定4位、愛媛は34試合消化で勝ち点39の暫定17位となった。
                                サッカーの画像1

                                にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
                                にほんブログ村


                                清水エスパルス1-2ガンバ大阪:第27節J1リーグ2018/09/21:IAIスタジアム日本平

                                0

                                  JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                                  1分オウンゴール(大阪)、26分ファン・ウィジョ(大阪)、76分北川(清水)、フライデーナイトJリーグ

                                  大阪は渡邊とファン・ウィジョの2トップに2列目が倉田と今野と遠藤と小野瀬、最終ラインが藤春とファビオと三浦とオ・ジェソク、キーパーが東口の先発、清水はドウグラスと北川の2トップにキーパーが六反の先発。
                                  1分大阪の小野瀬の右サイドからのグラウンダー性のクロスパスから、ファン・ウィジョがシュートするがクロスがーに当たる。清水の選手がクリアミスして記録上はオウンゴールとなった。26分倉田が左サイドからドリブルで持ち込んでクロスパスをして、ファン・ウィジョがゴールを決める。34分大阪のファン・ウィジョのミドルシュートはキーパーの六反が阻む。44分清水の北川のシュートは枠外となる。59分清水の北川のシュートはオフサイドの判定となる。76分清水のカウンター攻撃から、北川が上手く抜け出してゴールを決める。82分清水の立田のシュートはゴール左ポストではじき返る。91分清水の村田のシュートはゴール右ポストで弾き返る。
                                  大阪の宮本監督は「前半いい入りをして2-0で終わり、後半で3点目を取りに行きたかった。1点を取られて苦しい試合となったが、選手が集中していたし、ポストにも助けられた。勝ち点3が目標だったので、結果としては良かった。3連勝で選手も自信を持って、次の試合を迎えられると思う。次も強い相手が続くのでしっかりと練習していきたい。」と語っていた。清水のヨンソン監督は「非常に悔しい結果だ。最初の時間帯で失点を許してしまった。後半はだんだん良くなりました。相手のゴールチャンスもほとんどなかった。選手はよくやってくれた。」と語っていた。
                                  大阪のボール支配率は49%、シュート11本枠内5本、パス数536パス成功率75%、プレーエリアはアタックゾーン42%ミドルゾーン33%だった。清水のボール支配率は51%、シュート24本枠内14本、パス数590パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン30%ミドルゾーン43%だった。大阪は27試合消化で勝ち点30の暫定14位、清水は27試合消化で勝ち点34の暫定10位となった。
                                  サッカーの画像1

                                  にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
                                  にほんブログ村

                                  レアル・マドリード3-0ローマ:UEFAチャンピオンズリーグ2018・グループG第1節

                                  0

                                    JUGEMテーマ:欧州サッカー

                                    45分イスコ、58分ベイル、91分マリアーノ

                                    レアル・マドリードはベンゼマとベイルとイスコの3トップに、2列目がモドリッチとカセミーロとクロース、最終ラインがマルセロとセルヒオ・ラモスとヴァランとカルバハル、キーパーがナバスの先発。
                                    3分ベイルのシュートは枠外となる。37分セルヒオ・ラモスのヘディングシュートはキーパーがセーブする。45分エリア前のFKからイスコが直接ゴールを決める。58分レアル・マドリードのカウンター攻撃から、モドリッチがロングパスを送ってベイルがシュートを決める。91分マルセロがドリブルで切り込んでパスを送り、マリアーノがゴールを決める。
                                    レアル・マドリードのボール支配率は59%、シュート30本枠内11本、パス成功率87%だった。ローマのボール支配率は41%、シュート12本枠内4本、パス成功率82%だった。
                                    サッカーの画像1

                                    にほんブログ村 サッカーブログへ
                                    にほんブログ村


                                    バルセロナ4-0オランダPSV:UEFAチャンピオンズリーグ2018・グループB第1節

                                    0

                                      JUGEMテーマ:欧州サッカー

                                      31分メッシ、74分デンベレ、77分メッシ、87分メッシ

                                      バルセロナはスアレスとメッシとデンベレの3トップに2列目がコウチーニョとブスケツとラキティッチ、最終ラインがジョルディ・アルバとユムティティとピケとセルジオ・ロベルト、キーパーがテア・シュテーゲンの先発。
                                      29分バルセロナのデンベレがエリア前で倒されてPKを得る。メッシが壁を越えたキックで直接ゴールを決める。57分バルセロナのコウチーニョのシュートはキーパーがセーブする。67分バルセロナのシュートはキーパーがセーブする。74分デンベレがドリブルでディフェンス陣をかわしながらシュートを決める。77分ラキティッチのパスから、メッシがゴールを決める。77分バルセロナのユムティティが2枚目のイエローカードを受けて退場処分となる。87分スアレスのパスからメッシがゴールを決める。ハットトリックとなる。
                                      バルセロナのボール支配率は68%、シュート21本枠内9本、パス成功率90%だった。PSVのボール支配率は32%、シュート14本枠内2本、パス成功率77%だった。
                                      サッカーの画像1

                                      にほんブログ村 サッカーブログへ
                                      にほんブログ村


                                      ジェフユナイテッド千葉3-3アビスパ福岡:第33節J2リーグ2018/09/16フクダ電子アリーナ

                                      0

                                        JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                                        13分鈴木(福岡)、15分船山(千葉)、49分船山(千葉)、72分吉本(福岡)、82分船山(千葉)、93分城後(福岡)

                                        福岡はレオミネイロの1トップにセカンドトップがドゥドゥ、2列目が石津と鈴木と枝村とユ・インス最終ラインが輪湖と吉本と實藤と駒野、キーパーが圍の先発、千葉は指宿の1トップに2列目が船山と矢田と町田、キーパーが大野の先発。
                                        13分福岡のレオミネイロのパスから鈴木が左足でミドルシュートを決める。14分キーパーの圍がエリア内で千葉の町田を倒してしまいPKを与えてしまう。船山が確実にゴールを決める。48分福岡の枝村がハンドのファウルを取られ、船山が直接FKでゴールを決める。50分福岡のドゥドゥがジグザグドリブルからシュートを放つもキーパーの大野の正面、61分ドゥドゥのシュートはクロスバーに当たる。72分福岡の駒野のFKから吉本がヘディングシュートを決める。82分千葉の茶島のスルーパスから船山が滑り込んで足を伸ばしてシュートを決める。しかしアビスパは最後で意地を見せる。93分福岡の山瀬の左サイドからのクロスから、城後が執念でヘディングシュートを決める。
                                        福岡の井原監督は「千葉の気持ちの入ったプレーに苦しめられた、前半から押され気味の展開となった、うちは中3日でハードな日程だったが選手はよく頑張った。最後は勝ち点1だが同点に追いついてよかったと思う。選手が諦めずに目標に向かってゴールを奪いにいった、失点3は我々にとっては多いので反省したい、この勝ち点1を次に活かして目標を達成したい。」と語っていた。千葉のエスナイデル監督は「サッカーが好きな方、楽しみに来た人にとっては素晴らしい試合だったと思う。外から攻撃をしようと為田選手を入れたが、結果が悔しかった。」と語っていた。
                                        福岡のボール支配率は44%、シュート16本枠内8本、パス数434パス成功率73%、プレーエリアはアタックゾーン26%ミドルゾーン44%だった。千葉のボール支配率は56%、シュート10本枠内6本、パス数520パス成功率79%、プレーエリアはアタックゾーン14%ミドルゾーン38%だった。福岡は32試合消化で勝ち点53で8位、千葉は33試合消化で勝ち点44で13位となった。
                                        サッカーの画像1


                                        ヴィッセル神戸1-2ガンバ大阪:第26節J1リーグ2018/09/15ノエビアスタジアム神戸

                                        0

                                          JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                                          35分古橋(神戸)、52分倉田(大阪)、68分ファン・ウィジョ(大阪)

                                          大阪はファン・ウィジョと渡邊の2トップに2列目が倉田と高江と遠藤と小野瀬、最終ラインが藤春とファビオと今野と三浦、キーパーが東口の先発、神戸は1列目にウェリントンと古橋と大槻、2列目にイニエスタと三田、キーパーがキム・スンギュの先発。
                                          2分大阪のファン・ウィジョのシュートはキム・スンギュの正面、5分神戸のイニエスタのシュートはキーパーの東口が止める。29分大阪の渡邊のミドルシュートはキーパーのキム・スンギュがセーブする。34分神戸のイニエスタのパスから古橋が2タッチしてシュートを決める。キーパーの東口が触るもボールはゴールラインを越えてしまう。52分大阪のオ・ジェソク(呉)の右サイドからのクロスから、倉田がダイレクトでシュートを決める。68分大阪の倉田が左サイドから突破してクロスパスから、ファン・ウィジョがゴールを決める。79分神戸のウェリントンのオーバーヘッドシュートは枠をとらえず。
                                          大阪の宮本監督は「前半は相手にボールを持たれる中で厳しい時間が多かったが、後半選手たちがビハインドを跳ねのけようとやり方を変えて、研ぎ澄まされたという感じだった。3バックで相手にボールを持たれて随時後ろに下がってしまうという苦しい時間帯があった。先に失点してしまって自分たちがボールを持つ時間を増やさなければならないとやり方を変えた。どの試合も簡単ではないと思うし、今日も難しい試合を上手く逆転に持って行った。守備の部分も球際とかアプローチのスムーズとか出なければいけない、後半のようなポゼッションに関してもスムーズが必要、日々の練習が試合に出るかなと思う。」と語っていた。神戸の吉田監督は「前半は自分たちのサッカーができたが、後半プレスが弱くなったのとディフェンスラインが上げれなくなったので、相手にぺースを握られた。フォワードがプレスに行かなくなった、ディフェンスラインが押し上げが無くなったので、引いて守っていたら、やられたようだ。」と語っていた。
                                          大阪のボール支配率は40%、シュート14本枠内10本、パス数430パス成功率77%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン45%だった。神戸のボール支配率は60%、シュート15本枠内7本、パス数578パス成功率81%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン49%だった。大阪は26試合消化で勝ち点27の17位、神戸は26試合消化で勝ち点36の8位となった。
                                          サッカーの画像1


                                          | 1/8PAGES | >>

                                          運営者情報・プライバシーポリシー

                                          calendar

                                          S M T W T F S
                                                1
                                          2345678
                                          9101112131415
                                          16171819202122
                                          23242526272829
                                          3031     
                                          << December 2018 >>

                                          アマゾン・ふくや明太子

                                          セブンネットショッピング・セブンミール

                                          楽天市場

                                          ブログ村・人気ブログランキングへ

                                          アマゾン・ラーメン一蘭

                                          selected entries

                                          categories

                                          archives

                                          recommend

                                          profile

                                          search this site.

                                          others

                                          mobile

                                          qrcode

                                          powered