アビスパ福岡2-0FC岐阜・第1節J2リーグ2018/02/25レベルファイブスタジアム

0

    JUGEMテーマ:アビスパ福岡

    石津先制弾、森本追加点、輪湖アシスト

    福岡のレベルファイブスタジアムは1万2千人を超す観客で、バックスタンドでは立ち見の観客もいた。アビスパは新加入のドゥドゥと輪湖が先発、森本とトゥーリ・オ・デメロは控えに回る。
    5分左サイドから福岡の輪湖のクロスからドゥドゥのヘッドパスを経て、石津が右足でオーバーヘッドシュートを決めて先制する。岐阜の阿部がドゥドゥをしきりにマークしていた。16分福岡のユ・インスのシュートは枠外となる。27分福岡のドゥドゥのオーバーヘッドシュートはキーパーの正面で止められる。34分に福岡の輪湖がPKエリア内で倒されるが、イエローは出ずコーナーキックとなる。43分福岡の松田がゴール前のこぼれ球をシュートするも枠外となる。前半アディショナルタイムの岐阜のコーナーキックから、山岸のヘディングシュートはキーパーの正面で止められる。
    前半アビスパ福岡のボール支配率は44%、シュートは6本枠内3本、プレーエリアはミドルゾーン40%、岐阜のシュートは2本枠内1本、プレーエリアはミドルゾーン53%となっていた。
    後半49分福岡の松田のシュートはゴールポストの上だった。53分福岡のユ・インスが負傷で退場して森本がピッチに出場する。59分岐阜の中島のシュートは枠外となる。62分森本のシュートはキーパーに止められたがセカンドボールの争いでドゥドゥがPKエリア内で倒され、PKを得る。しかし、岐阜のキーパーのビクトルがドゥドゥのPKをビッグセーブした。69分岐阜の中島がシュートするも枠外、場内からどよめきが起きる。80分輪湖の左サイドからのクロスから駒野のシュート性のパスを経て、森本がワンタッチ後に右足でシュートを決める。
    試合後の談話で福岡の井原監督は「先制点と追加点が取れて良かった。」と語っていた。岐阜の大木監督は「良いところがなかった」と語っていた。石津選手は試合後にサポーターに「井原監督に開幕勝利をプレゼント出来て良かった。」と語っていた。
    試合全体のアビスパ福岡のボール支配率は45%、シュート11本枠内5本、プレーエリアはアタックゾーン30%、ミドルゾーン41%、FC岐阜はシュート5本枠内4本、プレーエリアはアタックゾーン19%、ミドルゾーン54%となっていた。
    レベルファイブスタジアムの写真1


    コメント
    コメントする








       

    運営者情報・プライバシーポリシー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    アマゾン・ふくや明太子

    セブンネットショッピング・セブンミール

    楽天市場

    ブログ村・人気ブログランキングへ

    アマゾン・ラーメン一蘭

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    白猫プロジェクト CALENDAR 2018
    白猫プロジェクト CALENDAR 2018 (JUGEMレビュー »)
    コロプラ
    白猫プロジェクト・おすすめ商品

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered