大分トリニータ1-0アビスパ福岡:第20節J2リーグ2018/06/23大銀ドーム

0

    JUGEMテーマ:アビスパ福岡

    19分藤本(大分)

    福岡はドゥドゥの1トップに2列目が森本と石津、3列目が平尾と鈴木と枝村とユ・インス、最終ラインが篠原と岩下と實藤、キーパーが圍の先発、大分が藤本の1トップに2列目が馬場と國分、3列目が星と小手川と宮坂と松本、最終ラインが刀根と鈴木と丸谷、キーパーが高木の先発。
    19分大分の松本の右サイドからのクロスから、藤本がヘディングシュートを決める。僅かなシュートコースをついた。24分大分の小手川のミドルシュートはクロスバーにはじき返される。40分福岡のドゥドゥのシュートは大分のキーパーの高木がセーブする。52分福岡の平尾のシュートは惜しくもサイドネットを揺らす。68分大分のカウンター攻撃から、藤本のシュートは福岡のキーパーの圍がセーブする。73分福岡の木戸のシュートはキーパーの高木がおさえる。74分福岡のドゥドゥのシュートは枠外となる。76分ユ・インスのシュートはキーパーの高木がクリアする。79分福岡の鈴木のミドルシュートはキーパーの高木がクリアする。83分大分の星のシュートはキーパーの圍がセーブする。85分福岡の實藤のシュートはキーパーの高木がおさえる。福岡の猛攻を大分がしのぎ切った。
    福岡の井原監督は「結果は出せなかったが、最後まで点を取り返す気迫は感じられた。点を取り返せなかったのは今後の課題だと思う。」と語っていた。大分の片野坂監督は「よく頑張ったと思う。自分たちの戦い方ではなかった。かっこいい勝ち方ではなかったが、勝ち点が欲しかった。」と声をからして語っていた。
    福岡のボール支配率は52%、シュート23本枠内11本、パス数569パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン34%ミドルゾーン47%だった。大分のボール支配率は48%、シュート13本枠内10本パス数476パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン13%ミドルゾーン48%だった。第20節終了時点で大分は1位となり、福岡は4位となった
    サッカーの画像1


    コメント
    コメントする








       

    運営者情報・プライバシーポリシー

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    アマゾン・ふくや明太子

    セブンネットショッピング・セブンミール

    楽天市場

    ブログ村・人気ブログランキングへ

    アマゾン・ラーメン一蘭

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    白猫プロジェクト CALENDAR 2018
    白猫プロジェクト CALENDAR 2018 (JUGEMレビュー »)
    コロプラ
    白猫プロジェクト・おすすめ商品

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered