ガンバ大阪2-1FC東京:第21節J1リーグ2018/08/10パナソニックスタジアム吹田

0

    JUGEMテーマ:ガンバ大阪

    宮本監督初勝利、34分ファビオ(大阪)、86分ディエゴ・オリヴェイラ(東京)、95分アデミウソン(大阪)

    大阪はアデミウソンと一美の2トップに2列目が倉田と遠藤と高と藤本、最終ラインはオ・ジェソクとファビオと菅沼と三浦、キーパーは東口の先発、東京はディエゴ・オリヴェイラと富樫の2トップにキーパーは林の先発。
    6分東京の太田のシュートは大阪のキーパーの東口が止める。19分大阪の菅沼のシュートは枠をとらえず。21分東京の大森のシュートはキーパーの東口が止める。34分大阪の三浦がゴール前でヘッドで落としたボールをファビオが押し込んでゴールを決める。46分東京の富樫のシュートをキーパーの東口が良く止める。63分東京の富樫のヘディングシュートは枠をとらえず。86分東京の永井がワンタッチしたボールをディエゴ・オリヴェイラが上手く大阪のディフェンス陣をかわしてゴールを決める。アディショナルタイム、大阪の高がアデミウソンにパスしたボールをそのまま振り向きざまにシュートを決める。パナソニックスタジアムの観客が大いに盛り上がる。
    大阪の宮本監督は「勝ち点3を嬉しく思います。吹田のお客さんの前で勝ちたいという思いがあったし、前節の悔しい負け方で選手がリアクションを見せてくれた。1-1と難しい展開になったが、選手が立ち向かったので、ああいうゴールにつながったと思う。」と語っていた。東京の長谷川監督は「最後で選手が冷静にプレーできなかったのが残念だった。決めきれずにこういう結果になったのは仕方ない。」と語っていた。
    大阪のボール支配率は49%、シュート17本枠内9本、パス数511パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン23%ミドルゾーン45%だった。東京のボール支配率は51%、シュート21本枠内11本、パス数479パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン35%ミドルゾーン46%だった。大阪は21試合消化で勝ち点20の16位、東京は21試合消化で勝ち点40の2位となった。
    サッカーの画像1


    コメント
    コメントする








       

    運営者情報・プライバシーポリシー

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    アマゾン・ふくや明太子

    セブンネットショッピング・セブンミール

    楽天市場

    ブログ村・人気ブログランキングへ

    アマゾン・ラーメン一蘭

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    白猫プロジェクト CALENDAR 2018
    白猫プロジェクト CALENDAR 2018 (JUGEMレビュー »)
    コロプラ
    白猫プロジェクト・おすすめ商品

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered