愛媛2-3アビスパ福岡:第34節J2リーグ2018/09/23ニンジニアスタジアム

0

    JUGEMテーマ:アビスパ福岡

    45分+2分小池(愛媛)、62分石津(福岡)、69分神谷(愛媛)、76分ドゥドゥ(福岡)、88分ドゥドゥ(福岡)

    福岡は木戸の1トップにセカンドトップが石津、2列目がドゥドゥと鈴木と枝村とユ・インス、最終ラインが輪湖と篠原と吉本と駒野の先発、キーパーは杉山の先発、愛媛は吉田の1トップにキーパーは岡本の先発。
    26分愛媛の神谷のシュートは枠外となる。41分愛媛の近藤のシュートは左ポストで弾き返る。前半アディショナルタイム、愛媛の神谷のグラウンダー性のクロスから、小池がシュートを決める。62分駒野の右サイドからのクロスから、石津がヘディングシュートを決める。69分愛媛のカウンター攻撃から、近藤のショートパスから神谷がゴールを決める。しかし、ここから福岡が執念を見せる。73分愛媛の神谷のシュートはキーパーの杉山が阻む。76分福岡の鈴木の縦パスから石津がワンクッション置いて、ドゥドゥがゴールを決める。76分石津のミドルシュートは右ポストで弾き返る。88分鈴木の縦パスから、ドゥドゥがヘディングシュートを決める
    福岡の井原監督は「難しいゲームだったし、我々のミスもあって苦しい展開だったが、選手が最後まで勝利のために諦めずに戦った結果だと思う。ドゥドゥのゴールは良かったが、つまらないイエローカードをもらったので修正したい。この勝ちは大きいが、ハードなスケジュールが続くので修正していきたい。」と語っていた。愛媛の川井監督は「勝ち点を取れなくて残念に思う。選手たちは100%やってくれた。先制、逆転の流れは良かったと思う。福岡から課題を与えられたと思って、トレーニングからしっかりやりたいと思う。負けたが内容としては悲観することはないと思う。」と語っていた。
    福岡のボール支配率は53%、シュート21本枠内12本、パス数529パス成功率83%、プレーエリアはアタックゾーン31%ミドルゾーン49%だった。愛媛のボール支配率は47%、シュート15本枠内9本、パス数423パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン17%ミドルゾーン42%だった。福岡は33試合消化で勝ち点57の暫定4位、愛媛は34試合消化で勝ち点39の暫定17位となった。
    サッカーの画像1

    にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
    にほんブログ村


    コメント
    コメントする








       

    運営者情報・プライバシーポリシー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    アマゾン・ふくや明太子

    セブンネットショッピング・セブンミール

    楽天市場

    ブログ村・人気ブログランキングへ

    アマゾン・ラーメン一蘭

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered