アビスパ福岡3-1大宮アルディージャ:第35節J2リーグ2018/09/29レベルファイブスタジアム

0

    JUGEMテーマ:アビスパ福岡

    1分城後(福岡)、48分大前(大宮)、71分城後(福岡)、84分山瀬(福岡)

    福岡は城後の1トップにセカンドトップが石津、2列目が枝村と鈴木とウォン・ドゥジェとユ・インス、最終ラインが古賀と篠原と吉本と駒野、キーパーが杉山の先発、山瀬は控えでスタート、大宮が大前と清水の2トップにキーパーが塩田の先発。
    1分福岡のカウンター攻撃から、城後がエリア外からミドルシュートを決める。10分大宮の畑尾のヘディングシュートは枠をとらえるもキーパーの杉山がセーブする。48分大宮のマテウスのクロスパスから大前がシュートを決める。57分大宮の大前がシュートを放つもキーパーの杉山が抑える。71分福岡の石津のスルーパスから、城後が流し込んでゴールを決める。78分福岡の山瀬のシュートはキーパーの塩田に弾かれて枠を外れる。84分福岡のレオミネイロのシュートはキーパーの塩田にセーブされたが、こぼれ球を山瀬がシュートを決める。86分大宮の茨田のシュートはキーパーの杉山の正面。
    福岡の井原監督は「城後選手は先発の期待に応えてくれたし、全員が前節の痛い敗戦を切り替えて、大宮に勝とうとゲームに集中してハードワークしてくれた。城後選手はゴール前にクロスに入っていくこと、動きながら相手のディフェンスラインの背後に入ることを90分間続けてくれた。今日のような苦しいゲームばっかりだと思うし、チームが1つとなって勝ち点3を積み上げて可能性がある限り戦い続けたい。」と語っていた。大宮の石井監督は「痛い敗戦だと思う。改善点は次に切り替えたいと思う。早い時間に失点したのはそのままにしていたが、後半追いついた後での試合運びが良くなかった。守備は修正しないといけない、追いついた後も追加点が欲しい。」と語っていた。
    福岡のボール支配率は49%、シュート15本枠内10本、パス数479パス成功率71%、プレーエリアはアタックゾーン22%ミドルゾーン49%だった。大宮のボール支配率は51%、シュート13本枠内9本、パス数566パス成功率76%、プレーエリアはアタックゾーン17%ミドルゾーン47%だった。福岡は35試合消化で勝ち点60の暫定4位、大宮は35試合消化で勝ち点57の6位となった。
    サッカーの画像1

    にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
    にほんブログ村


    コメント
    コメントする








       

    運営者情報・プライバシーポリシー

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    アマゾン・ふくや明太子

    セブンネットショッピング・セブンミール

    楽天市場

    ブログ村・人気ブログランキングへ

    アマゾン・ラーメン一蘭

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered