ゴッホの贋作が再鑑定で真作と判明

0

    JUGEMテーマ:気になったニュース

    米サンフランシスコ美術館、「果物と栗のある静物」1886年

    ビンセント・ファン・ゴッホの贋作とされていた絵が再鑑定で真作と判断された。現代でも美術品の真贋鑑定が難しいことがわかる。オランダのアムステルダムにあるゴッホ美術館には毎年200点ほど真贋(しんがん)の鑑定依頼が舞い込むが、1988年以降、真作と認められたのは14点にとどまるという。贋作鑑定の科学鑑定には放射性炭素年代測定法、熱ルミネセンス年代測定法、紫外線、X線、放射線写真撮影法がある。有名な贋作画家にはジョン・マイアット(John Myatt、1945年生まれ)がいる。
    ゴッホの写真1


    コメント
    コメントする








       

    運営者情報・プライバシーポリシー

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    アマゾン・ふくや明太子

    セブンネットショッピング・セブンミール

    楽天市場

    ブログ村・人気ブログランキングへ

    アマゾン・ラーメン一蘭

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered