ガンバ大阪1-0サガン鳥栖:J1リーグ第26節2019/09/14

0

    JUGEMテーマ:ガンバ大阪

    84分渡邊、パナソニックスタジアム吹田

    スターティングメンバー

    ガンバ大阪はパトリックと宇佐美の2トップに、2列目が倉田と遠藤と井手口と小野瀬、最終ラインが藤春と金と三浦と高尾、キーパーが東口の先発、渡邊とアデミウソンとマルケル・スサエタは控えでスタート。鳥栖は金森と金崎の2トップと、2列目がクエンカと原川と福田と安、最終ラインが三丸と高橋秀と高橋祐と金井、キーパーが高丘の先発。

     

    試合前の監督のインタビュー

    大阪の宮本監督は「攻守においてしっかりと連動できていた部分を、今日の試合でも立ち上がりから出せるようにしたいと思います。我々はホームでできるのでそのアドバンテージを生かして、積極性を持ってやりたいと思います。鳥栖は非常に勢いがあると思いますし、前線にも点が取れる選手がいるので、警戒していきたいと思います。(2ヶ月半ぶりに藤春選手がスタメンに戻ってきたことを)左サイドの活性化というところで、彼の運動量は武器になるので、そこには期待したいと思います。」と語っていた。鳥栖の金監督は「集まりというか、サガンドリームズ、選手、スタッフ、サガン鳥栖にかかわるすべての方たちを労うという形も含めて、皆でバーベキューをやりました。当然、それをどうしたかというものはないんですけど、チーム一丸となってこれからもう一個上に進んで行くんだと、しっかり結束できたと思います。先制点が大事になってくると思います。特にアウェーなので気後れする部分はあると思いますけど、そういた部分は払拭できていないので、前からボールを奪っていくのと同時に、しっかり点を取って、常に主導権を取ってサッカーできたら、自ずと結果はついてくると思っています。」と語っていた。

     

    試合内容

    1分鳥栖の枠外からのミドルシュートはキーパーの東口が好セーブではじき出す。25分大阪の倉田の正面からのシュートはキーパーの高丘がはじき返す。36分鳥栖の金森のシュートは枠をとらえず。47分鳥栖の安のシュートは東口が止める。62分鳥栖の金森のシュートはクロスバーにあたってラインを割る。大阪のディフェンス陣もシュートブロックをして防いでいた。66分大阪のディフェンス陣の隙をついて、鳥栖の金崎のシュートは左ゴールポストで弾き返る。72分パトリックに替えて渡邊を投入する、84分倉田に替えてマルケル・スサエタを投入する。84分大阪のカウンター攻撃、キーパーの東口のロングキック、渡邊のヘディングパス、井手口のパス、アデミウソンの左サイドからのクロスから、渡邊がヘディングシュートを決める。鳥栖のディフェンス陣がアデミウソンのボールウォッチャーになっていた。

     

    試合後の監督のインタビュー

    大阪の宮本監督は「(勝利)久しぶりで本当に良かったと思います。前半は我々の時間が長くて、後半相手の時間が増えた中で、選手がしっかりと耐えたところで、もう一回攻撃にパワーを持ってというところで上手くカズ(渡邊)が点を取ってくれたと思います。(危ない場面を守備陣がしっかり押さえた)少しあの時間帯間延びしていたので、スペースを突かれたところがあるので、そこはしっかりと修正したいと思います。(渡邊選手について)練習から最近の試合から動き自体が良くなっていたので、今日のヘディングシュートもらしさが詰まったゴールだったと思います。(選手交代)どこでというところもあったんですけど、相手に流れが行っているのを、もう一回こっちに持ってくることができたと思います。(大阪ダービー)非常に調子のよい相手ですし、しっかり準備をして臨みたいと思います。」と語っていた。鳥栖の安監督は「選手たちは一週間準備してきたことをしっかりトライしてくれました。勝つチャンスは沢山あったんですけど、決めきれず、決定的な一本しっかり決め切られた。負けるときはこういうもんですね。次勝てるように頑張らないといけないし、修正するとこ、毎回毎回クロスからの失点、状況は違いますけどあるんで、準備はしてきたが、また失点したので次につなげたいと思います。(後半攻撃する場面が増えた)本来僕らの形はああなんで、前半アウェーなのか、前節も少し重たい感じはあるんで、そこも修正ポイントですし、あの形が本来僕らの姿なんで、ガンバ相手でも十分押し込める力はあると思うんで、ただ結果がつながっていない、そこがプロの世界なんでしっかり結果につなげていきたいと次準備していきたいと思います。」と語っていた。

     

    スタッツ

    大阪のボール支配率は56%、シュート13本枠内10本、パス数649パス成功率84%、ファウル数9本だった。鳥栖のボール支配率は44%、シュート18本枠内12本、パス数450パス成功率77%、ファウル数13本だった。プレーはガンバ大阪陣が31%、中央エリアが45%、サガン鳥栖陣が24%だった。
    サッカーの画像5

    にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
    にほんブログ村


    ガンバ大阪ランキング


    コメント
    コメントする








       

    運営者情報・プライバシーポリシー

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    アマゾン・ふくや明太子

    セブンネットショッピング・セブンミール

    楽天市場

    ブログ村・人気ブログランキングへ

    アマゾン・ラーメン一蘭

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered