横浜FM1-1ガンバ大阪:第14節J1リーグ2018/05/12日産スタジアム

0

    JUGEMテーマ:ガンバ大阪

    52分藤本(大阪)、61分天野(横浜)、東口復帰

    横浜はウーゴ・ヴィエイラの1トップに2列目が大津と仲川、3列目が天野と喜田、キーパーが飯倉。大阪は長沢とファン・ウィジョの2トップにシャドウが遠藤、キーパーは東口、藤本と倉田は控えでスタート。
    32分横浜の仲川のシュートは大阪のキーパーの東口がはじき出す。42分横浜の山中のミドルシュートを大阪のキーパーの東口が捕える。44分横浜のカウンター攻撃を大阪のキーパーの東口がクリアする。52分大阪の藤本の自陣からのロングシュートが決まる。横浜のキーパーの飯倉の反応が間に合わず。61分横浜のFKから、天野が直接ゴールを決める。大阪のキーパーの東口のジャンプが届かず。67分大阪の倉田のシュートは枠外となる。82分横浜の扇原のシュートは味方の選手で跳ね返る。89分喜田の反転シュートは枠外となる。
    横浜のポステコグルー監督は「勝ちに値するパフォーマンスだったと思う。残念な結果だ。」と語っていた。大阪のクルピ監督は「チームを安定させ、勝利に向かって戦うために、今日、初めて3バックで挑んだが、選手たちはまずまずのプレーを見せてくれた。」と語っていた。第14節終了時点で大阪は16位、横浜は15位となった。
    横浜のボール支配率は63%、シュート18本枠内12本、パス数728パス成功率85%、プレーエリアはアタックゾーン30%ミドルゾーン46%だった。大阪のボール支配率は37%、シュート8本枠内5本、パス数362パス成功率70%、プレーエリアはアタックゾーン18%ミドルゾーン33%となっていた。
    サッカーの画像1


    アビスパ福岡2-0愛媛FC:第14節J2リーグ2018/05/12レベルファイブスタジアム

    0

      JUGEMテーマ:アビスパ福岡

      14分ユ・インス先制点、22分エウレー追加点PK

      福岡は石津と松田の2トップに左サイドがエウレー、右サイドにユ・インス、キーパーは圍、森本とトゥーリオ・デ・メロは控えに回る。愛媛は丹羽と西田の2トップにキーパーは岡本の布陣。
      12分福岡の實藤のシュートは枠をとらえず。14分福岡の石津のショートパスから、ユ・インスが愛媛のキーパーの岡本のセーブを上手くかわしてシュートを決める。21分福岡の松田がエリア内で倒されてPKを得る。22分エウレーが落ち着いてゴールの中央にシュートを決める。50分福岡の松田のヘディングシュートは愛媛のキーパーの岡本の正面。84分愛媛の有田のミドルシュートは福岡のキーパーの圍がはじき返す。
      福岡の井原監督は「後半にもう1点を取ってゲームを締めくくりたかった。後半割り切って引いてしまった。守備に関してはハードワークしてくれた。」と語っていた。愛媛の間瀬監督は「しっかりとボールを握ってゴールに迫ろうというコンセプト通りに、次に繋がると思う。」と語っていた。第14節終了時点でアビスパ福岡は3位に浮上した。愛媛は21位。
      福岡のボール支配率は46%、シュート14本枠内7本、パス数487パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン52%だった。愛媛のボール支配率は54%、シュート4本枠内4本、パス数569パス成功率82%、プレーエリアはアタックゾーン22%ミドルゾーン50%となっていた。
      サッカーの画像1


      ファジアーノ岡山2-2アビスパ福岡:第13節J2リーグ2018/05/06シティライトスタジアム

      0

        JUGEMテーマ:アビスパ福岡

        3分松田(福岡)、41分三村(岡山)、66分伊藤(岡山)、92分オウンゴール(福岡)

        福岡はドゥドゥの1トップにシャドウが森本と松田、キーパーは圍、岡山はリカルド・サントスと福元の2トップに2列目が伊藤と末吉、3列目左サイドに三村、キーパーは一森の布陣。
        3分福岡の駒野が左サイドからのクロスを上げ、松田が頭であわせてヘディングシュートを決める。ゴール右隅に入り岡山のキーパーの一森が対応できず。10分岡山の末吉のシュートは福岡のキーパーの圍の正面。22分福岡の實藤のヘディングシュートは枠をとらえず。41分岡山のコーナーキックから、福岡の選手がゴール前でクリアしたボールを岡山の三村がダイレクトでシュートを決める。49分岡山の福元のシュートは福岡のキーパーの圍が止める。66分岡山の伊藤が福岡の選手から奪ったボールを、そのままミドルシュートを決める。福岡のキーパーの圍のジャンプが届かず。アディショナルタイム、福岡の堤がクロスボールを上げたが、岡山の選手がクリアミスしてオウンゴールとなる。
        福岡の井原監督は「前半は簡単に先制点を取ったが、なかなか我々のゲームをさせてもらえなかった。逆転されて難しい試合だった。目が覚めるのが遅かった。」と語っていた。岡山の長澤監督は「それ以上でもそれ以下でもない。見ての通りだと思う。」と語っていた。
        福岡のボール支配率は49%、シュート12本枠内8本、パス数419パス成功率70%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン39%となっていた。岡山のボール支配率は51%、シュート11本枠内6本、パス数439パス成功率69%、プレーエリアはアタックゾーン17%ミドルゾーン51%となっていた。第13節終了時点でアビスパ福岡は4位、ファジアーノ岡山は2位となっている。
        サッカーの画像1


        セレッソ大阪3-1V・ファーレン長崎:第13節J1リーグ2018/05/05ヤンマースタジアム長居

        0

          JUGEMテーマ:セレッソ大阪

          30分柿谷(大阪)、37分丸橋FK(大阪)、54分中村(長崎)、86分水沼(大阪)

          大阪は柿谷とヤンドンヒョンの2トップに最終ライン左サイドが丸橋、キーパーはキム・ジンヒョン、水沼は控えでスタート、長崎は鈴木と中村の2トップにシャドウは澤田、キーパーは徳重の布陣。
          21分大阪の柿谷のシュートを長崎のキーパーの徳重が抑える。30分大阪のカウンター攻撃から、柿谷がキーパーの徳重のセーブをかわしてゴールを決める。37分大阪のFKから丸橋が長崎の壁を越えて直接ゴールを決める。ゴールの隅に入ったのでキーパーの徳重のジャンプが届かず。43分長崎の澤田のシュートは枠をとらえず。54分長崎の飯尾の右サイドからのクロスから、中村が胸で受けてダイレクトで右足でゴールを決める。大阪のキーパーのキムが反応できず。72分大阪の高木のシュートは枠をとらえず。86分長崎のゴール前で、大阪の高木からのパスを受けて水沼がゴールを決める。
          大阪の尹監督は「厳しい戦いだったが先制ゴールを入れることによって、楽な展開となった。後半失点してまた厳しい戦いとなった。交代した選手がよく頑張ってくれた。」と語っていた。長崎の高木監督は「3-1の内容ではなかったと思う。こういうチ−ムに失点を先にするとリカバリが無理になっていく、難しいゲームになった。」と語っていた。
          大阪のボール支配率は50%、シュート12本枠内8本、パス数538パス成功率79%、プレーエリアはアタックゾーン23%ミドルゾーン50%だった。長崎のボール支配率は50%、シュート13本枠内7本、パス数543パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン51%だった。
          サッカーの画像1


          コンサドーレ札幌2-0ガンバ大阪:第13節J1リーグ2018/05/05札幌厚別公園競技場

          0

            JUGEMテーマ:ガンバ大阪

            39分深井(札幌)、72分都倉(札幌)

            札幌は都倉の1トップにシャドウがチャナティップと三好、3列目に深井、キーパーはク・ソンユン、大阪はファン・ウィジョの1トップに2列目が遠藤と倉田と藤本、キーパーは林の布陣。
            10分大阪のキーパーの林が負傷して約7分中断した。22分札幌の宮澤のシュートは大阪のキーパーの林が足でクリアする。39分大阪のゴール前で大阪の選手がクリアしたボールを、深井が一瞬の隙をついてゴールを決める。前半アディショナルタイム、大阪のファン・ウィジョがシュートするが札幌のキーパーのク・ソンユンがクリアする。58分大阪の倉田がシュートするが札幌のキーパーのク・ソンユンがクリアする。60分大阪の倉田がシュートするが札幌のディフェンス陣がクリアする。72分大阪のゴール前の混戦から札幌の都倉がオーバーヘッドシュートを決める。混戦になり過ぎて、大阪のキーパーの林が追いつけず。85分札幌の都倉のシュートは大阪のキーパーの林がクリアする。
            札幌のペトロヴィッチ監督は「立ち上がりから選手たちが全力を尽くして戦ってくれたと思う。」と語っていた。大阪のクルピ監督は「互角のゲームだったと思う。激しくタフな試合だった。フィニッシュの精度の差が札幌の勝利につながった。」と語っていた。
            札幌のボール支配率は49%、シュート16本枠内12本、パス数457パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン20%ミドルゾーン42%だった。大阪のボール支配率は51%、シュート12本枠内8本、パス数510パス成功率75%、プレーエリアはアタックゾーン30%ミドルゾーン47%だった。
            サッカーの画像1


            アビスパ福岡2-1モンテディオ山形:第12節J2リーグ2018/05/03レベルファイブスタジアム

            0

              JUGEMテーマ:アビスパ福岡

              53分石津先制弾、74分フェリペ・アウベス同点弾、94分枝村決勝弾

              福岡はドゥドゥの1トップにシャドウが石津、キーパーは圍、森本と杉山と枝村は控えでスタート。山形は中山の1トップにシャドウがアルヴァロ・ロドリゲスと瀬沼、キーパーは櫛引の布陣。
              12分山形の中山のシュートは枠外となる。16分山形のロドリゲスのシュートは福岡のキーパーの圍が抑える。38分福岡のユ・インスのシュートは山形のキーパーの櫛引の手に当たりクリアされる。49分福岡のエウレーのミドルシュートは惜しくも枠外となる。53分福岡のドゥドゥが山形のゴール付近でボールを奪い、石津がパスを受けてゴールを決める。74分山形のアルヴァロ・ロドリゲスのヘディングシュートを福岡のキーパーの圍がセーブしたようだが、こぼれ球をフェリペ・アウベスがゴールを決める。アディショナルタイム、山形のアルヴァロ・ロドリゲスのシュートはクロスバーの上を通り過ぎる。アディショナルタイム、福岡の田村のシュート性のヘディングパスを受けて、枝村がヘディングシュートを決める。山形のキーパーの櫛引が反応間に合わず。
              福岡の井原監督は「同点に追いつかれ、苦しい状況で最後何とか点を取ってくれた。全員で勝ち取った勝ち点3だと思う。」と語っていた。山形の木山監督は「ある程度思った展開だった。同点に追いついたが、残念だった。」と語っていた。アビスパ福岡は第12節終了時点で3位、山形は19位となった。
              福岡のボール支配率は50%、シュート11本枠内9本、パス数463パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン29%ミドルゾーン37%だった。山形のボール支配率は50%、シュート10本枠内5本、パス数413パス成功率71%、プレーエリアはアタックゾーン18%ミドルゾーン42%となっていた。
              サッカーの画像1


              鹿島アントラーズ2-1V・ファーレン長崎:第12節J1リーグ2018/05/02カシマサッカースタジアム

              0

                JUGEMテーマ:Jリーグ

                4分鈴木(鹿島)、18分鈴木(長崎)、30分金崎PK(鹿島)、

                鹿島は鈴木と金崎の2トップにキーパーは曽ヶ橋、長崎は鈴木武蔵と中村の2トップにシャドウは澤田、キーパーは徳重の布陣。
                2分長崎の鈴木が抜け出してクロスボール気味のシュートは枠外となる。4分鹿島の内田のクロスから鈴木がヘディングシュートを決める。18分長崎の米田のパスから鈴木武蔵がヘディングシュートを決める。鹿島のキーパーの曽ヶ橋が反応できず。29分長崎のゴール前で鹿島の遠藤がエリア内で倒されてPKを得る。金崎が落ち着いてゴールを決める。47分鹿島の安西がミドルシュートを放つがゴールポスト左にはじき返される。続いて三竿がシュートをするが長崎のキーパーの徳重が止める。71分長崎のFKから、黒木のヘディングシュートは枠をとらえず。83分鹿島の遠藤のミドルシュートはゴールポスト左にはじき返される。
                鹿島の大岩監督は「先制した後で失点をしたのは早いと思ったが、選手が良く持ち直してくれた。」と語っていた。長崎の高木監督は「早い時間帯に失点を与えてしまった。前半粘りがあればと思った。攻撃を受ける攻めるが完結できればと思った。」と語っていた。
                鹿島のボール支配率は48%、シュート10本枠内5本、パス数511パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン23%ミドルゾーン50%となっていた。長崎のボール支配率は52%、シュート8本枠内4本、パス数611パス成功率83%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン52%となっていた。長崎は第12節終了時点で14位、鹿島は13位となった。
                サッカーの画像1


                名古屋グランパス0-0セレッソ大阪:第12節J1リーグ2018/05/02パロマ瑞穂スタジアム

                0

                  JUGEMテーマ:名古屋グランパス

                  長谷川アーリアジャスール退場

                  名古屋はジョーとガブリエル・シャビエルの2トップにキーパーはランゲラック。大阪は高木とヤン・ドンヒョンの2トップにキーパーはキム・ジンヒョン、柿谷は控えでスタート、杉本は負傷で欠場。瑞穂スタジアムは雨が降っていた。
                  16分名古屋のシャビエルのシュートは大阪のディフェンス陣が止める。22分大阪の清武が負傷で山村と交代する。33分ヤン・ドンヒョンのシュートは名古屋のキーパーのランゲラックが抑える。43分名古屋のシャビエルのFKから、ジョーがシュートを試みるが上手くいかず。46分大阪の山村のシュートは名古屋のキーパーのランゲラックが抑える。56分大阪のゴール前で名古屋の青木選手が倒された場面で両チームの選手がもみ合うシーンがあった。65分大阪の丸橋のFKから直接ゴールを狙うが、キーパーのランゲラックが止める。85分名古屋の長谷川が2枚目のイエローカードで退場処分となる。
                  名古屋の風間監督は「選手は90分最後までよくやってくれた。みんなと1戦1戦大事に戦っていきたい。」と語っていた。大阪の尹監督は「予想していたが厳しい試合だった。決定力とパスの質を改善したい。」と語っていた。
                  名古屋のボール支配率は52%、シュート8本枠内6本、パス数502パス成功率75%、プレーエリアはアタックゾーン20%ミドルゾーン44%だった。大阪のボール支配率は48%、シュート10本枠内5本、パス数504パス成功率76%、プレーエリアはアタックゾーン27%ミドルゾーン47%だった。
                  サッカーの画像1


                  ガンバ大阪1-0ベガルタ仙台:第12節J1リーグ2018/05/02パナソニックスタジアム吹田

                  0

                    JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                    62分倉田決勝ゴール

                    大阪はファン・ウィジョの1トップに2列目が倉田と藤本と米倉、3列目が遠藤とマテウス、最終ラインが藤巻とファビオと三浦とオ・ジェソク、キーパーは林の布陣、長沢と中村は控えでスタート。仙台は石原の1トップにキーパーはシュミット・ダニエル。スタジアムは雨が降っていた。
                    6分仙台の西村の強烈なミドルシュートは大阪のキーパーの林が止める。13分仙台の石原のヘディングシュートは枠をとらえず。20分大阪の藤本のFKから、三浦のヘディングシュートは枠をとらえるが、仙台のキーパーのダニエルが止める。37分米倉のヒールパスからのファン・ウィジョのシュートは仙台のキーパーのダニエルが止める。59分仙台の奥埜のシュートは枠をとらえず。62分大阪の遠藤を経て今野のパスから倉田がキーパーのセーブをかわしてゴールを決める。73分大阪の遠藤のコーナーキックから、米倉のヘディングシュートはクロスバーの上を通り過ぎる。アディショナルタイム、大阪のマテウスがミドルシュートを見せるが、わずかに枠をとらえず。アディショナルタイム、仙台の梁のヘディングシュートはわずかにゴールの上。
                    ガンバ大阪のクルピ監督は「気持ちは嬉しい。接戦で互角の難しい試合だったが、勝利に値する内容だった。この勝利が雰囲気を良くしてくれると思う。」と語って笑顔がこぼれていた。ベガルタ仙台の渡邊監督は「勝ちきれないのが現状、小さなところから見つめ直さなければいけない。」と語っていた。大阪は第12節終了時点で15位、仙台は9位となった。
                    大阪のボール支配率は40%、シュート19本枠内9本、パス数366パス成功率71%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン42%だった。仙台のボール支配率は60%、シュート14本枠内4本、パス数635パス成功率82%、プレーエリアはアタックゾーン23%ミドルゾーン50%だった。
                    サッカーの画像1


                    FC東京3-2名古屋グランパス:第11節J1リーグ2018/04/28味の素スタジアム

                    0

                      JUGEMテーマ:名古屋グランパス

                      19分ディエゴ・オリヴェイラ、31分ジョー、37分永井、45分ディエゴ・オリヴェイラ、62分ホーシャ

                      東京はディエゴ・オリヴェイラと永井の2トップにキーパーは林、名古屋はジョーの1トップにシャドウがガブリエル・シャビエルと青木にキーパーはランゲラックの布陣。18分東京のディエゴ・オリヴェイラがエリア内で倒されたという判定で東京PKを得る。オリヴェイラ本人がPKを決める。31分名古屋のシャビエルの左サイドからのFKから、ジョーがヘディングシュートを決める。37分名古屋のキーパーのランゲラックが守備の為に飛び出しているところを、東京の橋本のパスを経て永井がシュートを決める。45分東京のカウンター攻撃から、永井のクロスを経てディエゴ・オリヴェイラがゴールを決める。62分名古屋のシャビエルの精度の良いFKから、ホーシャがヘディングシュートを決める。
                      東京の長谷川監督は「苦しい試合だったが、勝ち切ったのは大きい勝利だったと思う。」と語っていた。名古屋の風間監督は「アクシデントが多くて選手はよくやったと思う、敵が多過ぎた。」と語っていた。
                      東京のボール支配率は46%、シュート10本枠内5本、パス数404パス成功率71%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン45%となっていた。名古屋のボール支配率は54%、シュート14本枠内5本、パス数552パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン43%となっていた。
                      サッカーの画像1


                      ファーレン長崎0-2サンフレッチェ広島:第11節J1リーグ2018/04/28トランスコスモススタジアム

                      0

                        JUGEMテーマ:Jリーグ

                        52分ティーラシン、59分佐々木

                        長崎はファンマの1トップにシャドウが澤田と名倉にキーパは徳重、広島はパトリックと渡の2トップにキーパーは林の布陣。
                        6分澤田のヘディングシュートは広島のキーパーの林がおさえる。26分広島の渡のオーバーヘッドシュートは大きく外れる。36分渡のシュートは枠外となる。46分広島のパトリックのヘディングシュートはゴールポストにはじき返される。52分広島の和田のクロスから、ティーラシンがゴールを決める。キーパーの徳重の手に当たるも抑え切れず。59分広島のコーナーキックから、佐々木がヘディングシュートを決める。ボールが弧を描いたのでキーパーの徳重が止めきれず。70分長崎のファンマのヘディングシュートはキーパーの林の正面で止められる。
                        広島の城福監督は「できれば前半で点を取りたかったが、アグレッシブに守備をすると相手が後半に落ちると思った。」と語っていた。長崎の高木監督は「首位のチームとやってみて、物差しで測ることができた。」と語っていた。
                        長崎のボール支配率は46%、シュート6本枠内3本、パス数575パス成功率83%、プレーエリアはアタックゾーン19%ミドルゾーン54%となっていた。広島のボール支配率は54%、シュート23本枠内11本、パス数733パス成功率88%、プレーエリアはアタックゾーン29%ミドルゾーン52%となっていた。
                        サッカーの画像1


                        ガンバ大阪3-0サガン鳥栖:第11節J1リーグ2018/04/29パナソニックスタジアム吹田

                        0

                          JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                          68分倉田、82分ファン・ウィジョ、92分マテウス

                          大阪はファン・ウィジョの1トップに2列目は倉田と藤本と米倉に3列目は遠藤とマテウスでキーパーは林の布陣、鳥栖は田川と小野の2トップにキーパーは権田。
                          13分鳥栖の原川のFKはキーパーの林がはじき返す。43分大阪の米倉のシュートは鳥栖のディフェンス陣がクリアする。60分鳥栖の小野のヘディングシュートはゴールのクロスバーの上を通り過ぎる。68分味方の抜けたパスボールを大阪の倉田が一瞬の隙をついてゴールを決める。パナソニックスタジアムの観客が大いに盛り上がる。鳥栖のキーパーの権田が飛びつくがわずかに及ばず。82分大阪の倉田からのパスを受けてファン・ウィジョがゴールを決める。キーパーの権田が飛びついて手にわずかに当たるもゴールに入る。92分大阪のマテウスのミドルシュートが決まる。キーパーの権田の手に当たるも勢いでゴールに入る。マテウスJ初ゴールとなる。
                          大阪のクルピ監督は「今日は勝利に値する内容だった。相手を上回るチャンスを作ったし、実力とラッキーな面があった。」と語って笑顔がこぼれていた。鳥栖のフィッカデンティ監督は「1点目を取られるまでは決して悪くないゲーム展開だった。褒めるしかないようなゴールを決められた。」と語っていた。
                          大阪のボール支配率は57%、シュート24本枠内12本、パス数544パス成功率73%だった。鳥栖のボール支配率は43%、シュート9本枠内1本、パス数392パス成功率60%だった。
                          サッカーの画像1


                          ジュビロ磐田1-1セレッソ大阪:第11節J1リーグ2018/04/28ヤマハスタジアム

                          0

                            JUGEMテーマ:セレッソ大阪

                            川又先制弾、杉本同点弾

                            セレッソ大阪は柿谷と杉本の2トップに左サイドは清武とキーパーはキム・ジンヒョン、ジュビロ磐田は川又の1トップにキーパーはカミンスキーの布陣。
                            20分磐田の大井がヘディングシュートするも大阪のディフェンス陣がクリアする。キーパーのキムが前に出ていた。21分磐田の山田のシュートはキーパーのキムがおさえる。前半25分磐田の松浦の左サイドからのクロスから川又がヘディングシュートを決める。ミートしすぎて大阪のキーパーのキムの反応が間に合わず。54分大阪の杉本がエリア内で倒されてPKを得る。磐田の選手達が猛抗議するも聞き入れられず。56分杉本が直接PKシュートを決める。72分磐田の高橋のシュートは枠外となる。
                            磐田の名波監督は「両チームのパフォーマンスを誇りに思いたい。」と語っていた。大阪の尹監督は「アウェーで厳しい試合になると予想していた。選手が後半よく切り替えてやってくれた。」と語っていた。
                            大阪のボール支配率は50%、シュート2本枠内1本、パス数517パス成功率73%、プレーエリアはアタックゾーン21%ミドルゾーン43%となっていた。磐田のボール支配率は50%、シュート17本枠内10本、パス数485パス成功率73%、プレーエリアはアタックゾーン30%ミドルゾーン43%となっていた。
                            サッカーの画像1


                            アビスパ福岡1-1カマタマーレ讃岐:第11節J2リーグ2018/04/28ピカラスタジアム

                            0

                              JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                              重松先制弾、ドゥドゥ同点弾

                              アビスパ福岡はドゥドゥと森本の2トップにゴールキーパーは圍、讃岐は木島と重松の2トップにキーパーは清水の布陣。
                              13分讃岐の佐々木のスルーパスから重松が右隅にゴールを決める。福岡のキーパーの圍の手が届かず。18分福岡の鈴木のFKから、森本がシュートするも讃岐のキーパーの清水がおさえる。27分讃岐のカウンター攻撃から木島がシュートするもわずかに枠外となる。40分福岡のエウレーのミドルシュートは讃岐のキーパーの清水が止める。57分ドゥドゥのシュートは讃岐のディフェンス陣がゴール枠内のぎりぎりでクリアする。68分福岡の森本のシュートは枠外となる。88分福岡の鈴木の早いFKから、ドゥドゥが右隅にゴールを決める。讃岐のキーパーの清水が反応できず。
                              福岡の井原監督は「前半の入りが悪かった。勝ち点1を前向きにとらえたい。5戦負けていないのをポジティブに考えたい。」と語っていた。讃岐の北野監督は「選手に申し訳なかった。采配にミスがあった。」と語っていた。
                              アビスパ福岡のボール支配率は54%、シュート23本枠内15本、パス数512パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン38%ミドルゾーン41%だった。カマタマーレ讃岐のボール支配率は46%、シュート7本枠内5本、パス数367パス成功率67%、プレーエリアはアタックゾーン21%ミドルゾーン42%だった。
                              サッカーの画像1


                              名古屋グランパス1-3清水エスパルス:第10節J1リーグ2018/04/25パロマ瑞穂スタジアム

                              0

                                JUGEMテーマ:名古屋グランパス

                                北川1点目、石毛2点目、ホーシャ1点目、金子3点目

                                名古屋は佐藤とシャビエルの2トップでジョーは控えでスタート、清水は北川とクリスランの2トップの布陣。
                                43分清水の河井のショートパスから北川がゴールを決める。ホーシャのディフェンスを上手くかわす。69分清水の北川の後ろへのショートパスから石毛のミドルシュートが決まる。名古屋のキーパーのランゲラックの手が届かず。81分名古屋のコーナーキックから、ホーシャのヘディングシュートが決まる。清水のディフェンス陣の陰になって、清水のキーパーの六反が反応できず。85分清水のデュークの左サイドからのクロスを経て、鄭のショートパスから金子がゴールを決める。
                                名古屋のボール支配率は50%、シュート12本枠内7本、パス数606パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン27%ミドルゾーン42%となっていた。清水のボール支配率は50%、シュート8本枠内5本、パス数509パス成功率79%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン44%となっていた。
                                名古屋の風間監督は「もったいないゲームだったと思う。痛い時間帯で点を取られた。」と語っていた。清水のヨンソン監督は「待っていた勝利がやってきた。ボールをつないだ攻撃ができていた。先にゴールを取れたのは良かった。」と語っていた。
                                サッカーの画像1


                                ジュビロ磐田1-2V・ファーレン長崎:第10節J1リーグ2018/04/25ヤマハスタジアム

                                0

                                  JUGEMテーマ:Jリーグ

                                  田上先制弾、ファンマ追加点、川又追撃弾

                                  磐田は川又と小川の2トップにシャドウが松浦、キーパーがカミンスキー、長崎は平松と中村の2トップにシャドウが澤田、キーパーが徳重の布陣、ファンマはベンチスタートの布陣。
                                  前半2分磐田のコーナーキックから、大井のオーバーヘッドシュートは決まらず。41分磐田のFKからの田口の直接のシュートは決まらず。長崎のキーパの徳重がクリアする。74分長崎のコーナーキックから、田上が押し込んでゴールを決める。81分長崎の澤田の右サイドからのクロスからファンマがゴールを決める。アディショナルタイム、磐田の上原がエリア内で倒されてPKを得て、川又が落ち着いてゴールを決める。
                                  長崎の高木監督は「ここのスタジアムで勝つのは難しく、前半を0点で抑えたのは勝因だった。」と語っていた。磐田の名波監督は「力がなかった。2トップが機能しなかった。」と語っていた。
                                  磐田のボール支配率は52%、シュート13本枠内9本、パス数518パス成功率73%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン48%となっていた。長崎のボール支配率は48%、シュート6本枠内2本、パス数342パス成功率68%、プレーエリアはアタックゾーン16%ミドルゾーン44%だった。
                                  サッカーの画像1


                                  セレッソ大阪2-1ベガルタ仙台J1リーグ2018/04/25金鳥キンチョウスタジアム

                                  0

                                    JUGEMテーマ:セレッソ大阪

                                    清武2発、蜂須賀1発

                                    大阪は杉本とヤンドンヒョンの2トップ、2列目に清武、柿谷はベンチスタート、仙台は石原の1トップの布陣。
                                    前半10分仙台のコーナーキックから、野津田のパスから蜂須賀のゴールが決まる。大阪の選手が抗議したが、オフサイドの判定はなかった。38分仙台の永戸のシュートは枠外となる。40分大阪の福満のシュートは仙台のキーパーのシュミットダニエルがはじき返す。44分大阪の山口のシュートはゴールポストではじき返る。50分大阪の杉本のショートパスを経て清武がシュートを決める。59分大阪の山口のシュートは仙台のキーパーのシュミットダニエルが止めるが、こぼれ球を清武がシュートを決める。83分仙台の金正也のヘッドシュートは枠外となる。
                                    大阪の尹監督は「難しい展開となったが、後半まで集中力を保って選手が頑張ってくれた。」と語っていた。仙台の渡邊監督は「悔しい思いをしている、守備をベースとしているのに、2点取られたのは我々らしくなく修正しなければならない。」と語っていた。
                                    大阪のボール支配率は49%、シュート22本枠内16本、パス数498パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン33%ミドルゾーン43%だった。仙台のボール支配率は51%、シュート10本枠内7本、パス数506パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン29%ミドルゾーン46%だった。
                                    サッカーの画像1


                                    湘南ベルマーレ1-0ガンバ大阪:第10節J1リーグ2018/04/25BMWスタジアム平塚

                                    0

                                      JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                                      菊地決勝弾

                                      大阪はファン・ウィジョの1トップに2列目遠藤と倉田と藤本、キーパーは負傷の東口に代わって林が先発の布陣。湘南はイジョンヒョフの1トップ、2列目は菊地とステバノヴィッチの布陣。
                                      9分湘南のステバノヴィッチのミドルシュートは枠外となる。16分ガンバ大阪のゴール前での混戦から、湘南のステバノヴィッチのシュートは大阪のディフェンス陣が防いだが、菊地がこぼれ球を決める。ガンバ大阪のキーパーの林の足に当たるも止めきれず。29分湘南の岡本のシュートは枠外となる。45分湘南の菊地のシュートは枠外となる。
                                      前半のガンバ大阪のボール支配率は57%、シュート2本枠内1本だった、湘南のボール支配率は43%、シュート10本枠内4本だった。
                                      48分湘南のFKからステバノヴィッチのシュートは決まらず。68分湘南のステバノヴィッチのシュートは枠外となる。55分大阪のファン・ウィジョのシュートはサイドネットを揺らすが枠外となる。
                                      ガンバ大阪のボール支配率は63%、シュート7本枠内4本、パス数676パス成功率82%、プレーエリアはアタックゾーン22%ミドルゾーン52%だった。ボールを持たされた感があった。湘南のボール支配率は37%、シュート19本枠内11本、パス数369パス成功率68%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン41%だった。
                                      湘南の調篤弔蓮屬茲やった。苦しい試合でもあった。勝てて良かった」と語っていた。大阪のクルピ監督は「前半は互角だったと思う。お互いチャンスが少なかった。向こうが少ないチャンスをものにした。」と語っていた。
                                      サッカーの画像1


                                      V・ファーレン長崎1-0柏レイソル:第9節J1リーグ2018/04/22トランスコスモススタジアム長崎

                                      0

                                        JUGEMテーマ:Jリーグ

                                        平松決勝弾

                                        長崎は平松と中村の2トップ、柏はクリスティアーノの1トップの布陣。
                                        27分柏の中山のシュートは枠をとらえず。36分伊東のシュートは枠外となる。51分長崎のFKから平松がヘディングでゴールを決める。柏のキーパーの中村がジャンプしてセーブしようとするが、ボールが股間を抜ける。60分柏のキムのシュートは長崎のキーパーの徳重がとらえる。
                                        長崎の高木監督は「前半ゼロに抑えたのは良かった。もっといいシーンを作りたい。」と語っていた。柏の下平監督は「非常に痛い敗戦、結果が出てこなかった。」と語っていた。
                                        長崎のボール支配率は36%、シュート6本枠内3本、パス数303パス成功率62%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン33%だった。柏のボール支配率は64%、シュート17本枠内8本、パス数681パス成功率83%、プレーエリアはアタックゾーン32%ミドルゾーン43%だった。
                                        サッカーの画像1


                                        アビスパ福岡3-1ジェフユナイテッド千葉:第10節J2リーグ2018/04/22レベルファイブスタジアム

                                        0

                                          JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                                          森本2点、オウンゴール、千葉の船山1点

                                          福岡はドゥドゥと森本の2トップ、キーパーは圍で杉山は控えでスタート、千葉はラリベイの1トップにシャドウが船山、キーパーは佐藤優也の布陣。
                                          4分福岡の松田がエリア内で倒されてPKを得る、森本が確実にPKを決めて先制する。5分千葉の船山が同点ゴールを決める。ゴールポスト右に当たり、キーパーの圍の手が届かず。16分福岡のユインスのシュートはゴールポスト右にはじき返される。30分福岡の鈴木のコーナーキックから、千葉のディフェンス陣がクリアミスでオウンゴールとなる。47分ドゥドゥがボールを奪い鈴木が前線にパスを送り、森本が素早くゴールを奪う。
                                          福岡の井原監督は「チームが上位に行くには連勝が必要、開始早々でPKを取れたのはゲームを大きく左右したと思う。」と語っていた。千葉のエスナイデル監督は「このパフォーマンスから負けるのは当然の結果だったと思う。」と語っていた。
                                          福岡のボール支配率は35%、シュート15本枠内7本、パス数283パス成功率59%、プレーエリアはアタックゾーン29%ミドルゾーン30%となっていた。千葉のボール支配率は65%、シュート5本枠内2本、パス数614パス成功率79%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン53%となっていた。
                                          サッカーの画像1


                                          << | 2/7PAGES | >>

                                          運営者情報・プライバシーポリシー

                                          calendar

                                          S M T W T F S
                                          1234567
                                          891011121314
                                          15161718192021
                                          22232425262728
                                          293031    
                                          << July 2018 >>

                                          アマゾン・ふくや明太子

                                          セブンネットショッピング・セブンミール

                                          楽天市場

                                          ブログ村・人気ブログランキングへ

                                          アマゾン・ラーメン一蘭

                                          selected entries

                                          categories

                                          archives

                                          recommend

                                          白猫プロジェクト CALENDAR 2018
                                          白猫プロジェクト CALENDAR 2018 (JUGEMレビュー »)
                                          コロプラ
                                          白猫プロジェクト・おすすめ商品

                                          profile

                                          search this site.

                                          others

                                          mobile

                                          qrcode

                                          powered