セレッソ大阪1-1浦和レッズ:第17節J1リーグ2018/07/22ヤンマースタジアム長居

0

    JUGEMテーマ:セレッソ大阪

    8分高木(大阪)、78分興梠(浦和)

    大阪は杉本と山村の2トップに2列目が高木とソウザと山口と福満、最終ラインが丸橋と木本とマテイ・ヨニッチと松田、キーパーがキム・ジンヒョンの先発、浦和は興梠の1トップにキーパーが西川の先発。
    1分大阪の山口のクロスから杉本がヘディングシュートを放つも枠をとらえず。8分大阪のコーナーキックから、浦和のキーパーの西川がはじいたところを大阪の高木がゴールを決める。15分大阪の山村がシュートするも惜しくも枠をとらえず。22分浦和の興梠がミドルシュートをするが大阪のキーパーのキム・ジンヒョンが良く止める。35分浦和のファブリシオのミドルシュートはキム・ジンヒョンがはじき出す。45分大阪の杉本がシュートするも浦和のキーパーの西川がファインセーブを見せる。78分浦和のコーナーキックから、興梠がゴールを決める。
    大阪の尹監督は「攻守においてバランスが取れていた。これからも全選手がこういう姿を見せてくれたら、良い結果も付いてくると思う。」と語っていた。浦和のオリヴェイラ監督は「セットプレーから追いつくことは出来たが、後半は浦和が押し込んでいて点を取れなかったので、勝利に値する内容で勝てなかった。」と語っていた。オリヴェイラ監督はハンドの判定について審判に不満を語っていた。
    大阪のボール支配率は44%、シュート13本枠内6本、パス数413パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン27%ミドルゾーン44%だった。浦和のボール支配率は56%、シュート18本枠内9本、パス数552パス成功率82%、プレーエリアはアタックゾーン28%ミドルゾーン41%だった。セレッソ大阪は16試合消化で4位、浦和は17試合消化で12位となった。
    サッカーの画像1


    ガンバ大阪1-2清水エスパルス:第17節J1リーグ2018/07/22パナソニックスタジアム吹田

    0

      JUGEMテーマ:ガンバ大阪

      27分北川(清水)、65分ドウグラス(清水)、75分ファン・ウィジョ(大阪)

      大阪はファン・ウィジョとアデミウソンの2トップに、2列目が倉田とマテウスと遠藤と高江、最終ラインが初瀬と菅沼と三浦と米倉、キーパーが東口の先発、長沢は控えでスタート、清水は北川とクリスランの2トップにキーパーが六反の先発、ドウグラスは控えでスタート。
      2分大阪のコーナーキックから、三浦がヘディングシュートするも清水のキーパーの六反がはじき出す。25分大阪の菅沼がエリア内で清水の北側を倒してしまい、イエローカードとなる。北川が落ち着いてPKゴールを決める。29分大阪の倉田のミドルシュートはキーパーの六反が抑える。前半アディショナルタイム、清水の北川のヘディングシュートは枠をとらえず。49分清水のクリスランのシュートは大阪のキーパーの東口がはじき出す。63分ファン・ウィジョのシュートはキーパーの六反の正面。65分右サイドの清水の北側のクロスから、ドウグラスがヘディングシュートを決める。75分大阪の藤本のパスから、ファン・ウィジョが清水のディフェンス陣をかわしてシュートを決める。79分清水のドウグラスのヘディングシュートはキーパーの東口の正面。
      大阪のクルピ監督は「結果が残念、お互いにチャンスがあったのは互角、清水の選手がフィニッシュの精度が高かったようだ。」と語っていた。清水のヨンソン監督は「非常に満足している。強いキャラクターと気持ちを見せて持って戦っていた。」と語っていた。
      大阪のボール支配率は55%、シュート13本枠内11本、パス数567パス成功率81%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン50%だった。清水のボール支配率は45%、シュート15本枠内8本、パス数388パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン22%ミドルゾーン43%だった。第17節終了時点でガンバ大阪は16位、清水エスパルスは8位となった。
      サッカーの画像1

      にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
      にほんブログ村

      アビスパ福岡0-0東京ヴェルディ:第24節J2リーグ2018/07/21レベルファイブスタジアム

      0

        JUGEMテーマ:アビスパ福岡

        福岡はドゥドゥの1トップに2列目が松田とユ・インス、3列目が輪湖と鈴木と枝村と駒野、最終ラインが古賀と岩下と實藤、キーパーが杉山の先発、東京はドウグラス・ヴィエイラの1トップにキーパーが上福元の先発。
        5分東京の内田のミドルシュートは僅かに枠をとらえず。23分東京のドウグラス・ヴィエイラのヘディングシュートを福岡の岩下がナイスクリアを見せる。27分福岡の鈴木のミドルシュートは枠をとらえず。37分福岡のカウンター攻撃を東京のキーパーの上福元がファインセーブを見せる。60分福岡の鈴木のコーナーキックから、松田がヘディングシュートをするも枠をとらえず。75分福岡の實藤のミドルシュートは東京のキーパーの上福元が辛くもはじき出す。
        福岡の井原監督は「暑さの中タフなゲームだった、ゴールを目指したがお互い固い試合運びとなった。残念だが勝ち点1を次に繋げたい。」と語っていた。東京のロティーナ監督は「拮抗した固い試合だった。」と語っていた。
        福岡のボール支配率は46%、シュート13本枠内9本、パス数517パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン32%ミドルゾーン47%だった。東京のボール支配率は54%、シュート9本枠内4本、パス数619パス成功率84%、プレーエリアはアタックゾーン20%ミドルゾーン53%だった。福岡は23試合消化で6位、東京は24試合消化で8位となった。
        サッカーの画像1


        清水エスパルス3-0セレッソ大阪:第16節J1リーグ2018/07/18:IAIスタジアム日本平

        0

          JUGEMテーマ:セレッソ大阪

          11分黄(ファン・ソッコ)、28分北川、67分クリスラン

          清水はクリスランと北川の2トップにキーパーは六反の先発、大阪は杉本とヤン・ドンヒョンの2トップに2列目が清武とオスマルと山口と水沼、最終ラインが丸橋と山下とマテイ・ヨニッチと松田、キーパーはキム・ジンヒョンの先発。
          11分清水の松原のショートパスから黄がミドルシュートを決める。24分大阪の杉本のシュートは清水のキーパーの六反の正面。28分デュークのパスから北川がゴールを決める。大阪のディフェンス陣が一旦クリアするが、北川に当たりゴールを決められてしまう。50分大阪の杉本がミドルシュートを放つも清水のキーパーの六反の正面。67分大阪のゴール前の混戦で、清水の金子が大阪のキーパーのヤン・ドンヒョンをおびき出してパスを送り、クリスランが素早くヘディングシュートを決める。80分大阪の高木のシュートは惜しくも枠外となる。87分清水の長谷川のシュートは大阪のキーパーのヤン・ドンヒョンがはじき出す。アディショナルタイム、清水の長谷川のシュートは惜しくもゴールポスト右に当たる。
          清水のヨンソン監督は「90分通して良いゲームをした。攻守非常に良かった。取るべき選手が取るのは自信につながる、無失点に抑えたのは非常に良かった。」と語っていた。大阪の尹監督は「これからスタートなので良い修正をして次に繋げるように頑張る。」と語っていた。大阪は4位、清水は9位となった。
          清水のボール支配率は44%、シュート13本枠内6本、パス数493パス成功率75%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン43%だった。大阪のボール支配率は56%、シュート11本枠内4本、パス数644パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン26%ミドルゾーン52%だった。
          サッカーの画像1


          サンフレッチェ広島4-0ガンバ大阪:第16節J1リーグ2018/07/18エディオンスタジアム広島

          0

            JUGEMテーマ:ガンバ大阪

            26分パトリック、41分パトリック、49分工藤、86分ティラーシン

            広島はパトリックと工藤の2トップにキーパーは林の先発、ティラーシンは控えでスタート、大阪はファン・ウィジョとアデミウソンの2トップに2列目が倉田とマテウスと遠藤と高江、最終ラインが初瀬とファビオと三浦と米倉、キーパーが東口の先発、長沢は控えでスタート。
            7分大阪のファビオがボール争いでスライディングタックルをしてしまいレッドカードで退場する。16分大阪の倉田のシュートは枠外となる。26分広島の和田の右サイドからのクロスから、パトリックがジャストのヘディングシュートを決める。41分広島の青山のセンターリングから、パトリックがワンバウンドでヘディングシュートを決める。49分広島の柏のセンターリングにパトリックがヘディングでパスをして工藤がシュートを決める。86分広島のカウンター攻撃から、柏のクロスからティラーシンがシュートを決める。
            大阪のクルピ監督は「10人になったので、更に厳しいゲームとなった。退場の判定はゲームを大きく左右する判定だった。次節勝利を目標に一丸となって戦いたい。クラブも補強を進めている、チームを前に進める気持ちを一つにして次の試合に望みたい。」と語っていた。広島の城福監督は「我々の集中が切れなかったことは貴重だと思う。ボールの引き出し方などはもっと追及していきたい。」と語っていた。
            広島のボール支配率は54%、シュート27本枠内15本、パス数759パス成功率91%、プレーエリアはアタックゾーン40%ミドルゾーン44%だった。大阪のボール支配率は46%、シュート5本枠内5本、パス数481パス成功率85%、プレーエリアはアタックゾーン11%ミドルゾーン52%だった。第16節終了時点でガンバ大阪は16位となった。広島は2位と勝ち点9差で1位となっている。
            サッカーの画像1


            アビスパ福岡3-1カマタマーレ讃岐:第23節J2リーグ2018/07/15レベルファイブスタジアム

            0

              JUGEMテーマ:アビスパ福岡

              26分原(讃岐)、34分鈴木(福岡)、50分實藤(福岡)、54分駒野(福岡)

              福岡は森本の1トップに2列目は松田とユ・インス、3列目は輪湖と鈴木と枝村と駒野、最終ラインは古賀と岩下と實藤、キーパーは圍の先発、讃岐は原の1トップにキーパーは清水の先発。
              3分福岡の鈴木のヘディングシュートは讃岐のキーパーの清水がファインセーブを見せる。23分エリア内で讃岐の原が福岡の岩下に倒されたとPKを得る。讃岐の原が落ち着いてゴールを決める。34分エリア外直前の正面の福岡のFKから、鈴木が讃岐の壁を上手く超えてゴールを決める。50分福岡のコーナーキックから鈴木が低いボールを蹴り、實藤が正面からゴールを決める。54分右サイドから駒野がミドルシュートを決める。ゴール左隅に決まり讃岐のキーパーの清水のジャンプが届かず。
              福岡の井原監督は「後半戦いいスタートを切ろうと思っていた。メンバー全員で戦おうと思っている。今日の逆転勝ちは大きい。」と語っていた。讃岐の北野監督は「先に点を取っていい形だったが、後半で両サイド高い位置を取れなかったのが敗因だったと思う。サポーターには申し訳ない気持ちです。」と語っていた。福岡は4位、讃岐は21位となった。
              福岡のボール支配率は55%、シュート22本枠内10本、パス数482パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン31%ミドルゾーン44%だった。讃岐のボール支配率は45%、シュート8本枠内5本、パス数398パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン15%ミドルゾーン57%だった。
              サッカーの画像1

              にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
              にほんブログ村


              日本2-3ベルギー:サッカー・ロシアW杯決勝トーナメント第1回戦ロストフ・ナ・ドヌ

              0

                48分原口、52分乾、69分フェルトンゲン、74分フェライニ、90+4分シャドリ

                日本は大迫の1トップに2列目が乾と香川と原口、3列目が柴崎と長谷部、最終ラインが長友と昌子と吉田と酒井宏、キーパーが川島の先発、ベルギーがルカクの1トップに2列目がアザールとメルテンス、3列目がメウニエルとプライネとヴィツェルとフェレイラ、最終ラインがアルデルヴァルレイトとコンパニとフェルトンゲン、キーパーがクルトワの先発。
                48分柴崎のロングパスから、ペナルティエリア内で原口がシュートを決める。52分香川のパスから、ペナルティエリア手前から乾がシュートを決める。65分メルテンスに代えてフェライニが入る。69分フェルトンゲンがヘディングしたボールがそのままゴールにはいってしまう。74分アザールがクロスを上げて、身長の高いフェライニがヘディングシュートを決める。アディショナルタイム、日本のコーナーキックから、ベルギーのカウンター攻撃でムニエのクロスからルカクがスルーして、シャドリがシュートを決める。
                日本のボール支配率は42%、シュート11本枠内4本、ベルギーのボール支配率は58%、シュート24本枠内8本
                サッカーの画像1


                日本0-1ポーランド:ロシアW杯Hグループ第3節ヴォルゴグラード

                0

                  コロンビア1-0セネガルで、フェアプレーポイントにて辛うじて日本が2位決勝トーナメント進出

                  日本は岡崎と武藤の2トップに2列目が宇佐美と山口と柴崎と酒井高、最終ラインが長友と槙野と吉田と酒井宏、キーパーが川島の先発
                  59分ポーランドのFKから、ヤン・ベドナレクがゴールを決める。他会場のコロンビア対セネガル戦はコロンビアがリードしたので、武藤に代わり長谷部がフィールドに入り、そのまま試合を消化することにした。
                  日本のボール支配率は55%、シュート10本枠内3本、ポーランドのボール支配率は45%、シュート11本枠内2本だった。

                  G組ベルギー1-0イングランドで、決勝トーナメントは日本対ベルギーに決定

                  グループGは1位がベルギーで2位がイングランドとなり、7月3日(火)3時の決勝トーナメント第1回戦の相手はベルギーとなった。
                  サッカーの画像1

                   


                  日本2-2セネガル:サッカーロシアW杯グループH第2戦:エカテリンブルク

                  0

                    11分マネ、34分乾、71分ワゲ、78分本田

                    日本は大迫の1トップに2列目が原口と香川と乾、3列目が長谷部と柴崎、最終ラインが酒井と吉田と昌子と長友、キーパーが川島の先発。セネガルはニアンの1トップに2列目がマネとゲイエとヌディアエとサール、3列目がボランチのエンディアエ、最終ラインがサバリとクリバリとサネとワゲ、キーパーがエンディアイの先発。
                    11分サバリのシュートは川島がクリアしたが、マネにゴールを決められてしまう。34分長友のワンクッションのパスから、乾がセネガルのディフェンス陣をかわしてゴールを決める。セネガルのキーパーが反応したがジャンプが届かず。71分サバリのクロスから、ニアンが後ろにパスして、逆サイドでフリーになったワゲがゴールを決める。72分香川に代えて本田を投入する。78分セネガルのキーパーが少し飛び出したところを乾がパスを上げ、本田がシュートを決める。
                    西野監督は「2度追いついたのはチームが成長した証拠と思う。」と語っていた。本田選手は「乾が良いところに蹴ってくれた。」と語っていた。
                    日本のボール支配率は57%、シュート7本枠内3本だった。セネガルのボール支配率は43%、シュート15本枠内7本だった。

                    コロンビア3-0ポーランドで、ポーランドのH組敗退が決まる。

                    サッカーの画像1


                    大分トリニータ1-0アビスパ福岡:第20節J2リーグ2018/06/23大銀ドーム

                    0

                      JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                      19分藤本(大分)

                      福岡はドゥドゥの1トップに2列目が森本と石津、3列目が平尾と鈴木と枝村とユ・インス、最終ラインが篠原と岩下と實藤、キーパーが圍の先発、大分が藤本の1トップに2列目が馬場と國分、3列目が星と小手川と宮坂と松本、最終ラインが刀根と鈴木と丸谷、キーパーが高木の先発。
                      19分大分の松本の右サイドからのクロスから、藤本がヘディングシュートを決める。僅かなシュートコースをついた。24分大分の小手川のミドルシュートはクロスバーにはじき返される。40分福岡のドゥドゥのシュートは大分のキーパーの高木がセーブする。52分福岡の平尾のシュートは惜しくもサイドネットを揺らす。68分大分のカウンター攻撃から、藤本のシュートは福岡のキーパーの圍がセーブする。73分福岡の木戸のシュートはキーパーの高木がおさえる。74分福岡のドゥドゥのシュートは枠外となる。76分ユ・インスのシュートはキーパーの高木がクリアする。79分福岡の鈴木のミドルシュートはキーパーの高木がクリアする。83分大分の星のシュートはキーパーの圍がセーブする。85分福岡の實藤のシュートはキーパーの高木がおさえる。福岡の猛攻を大分がしのぎ切った。
                      福岡の井原監督は「結果は出せなかったが、最後まで点を取り返す気迫は感じられた。点を取り返せなかったのは今後の課題だと思う。」と語っていた。大分の片野坂監督は「よく頑張ったと思う。自分たちの戦い方ではなかった。かっこいい勝ち方ではなかったが、勝ち点が欲しかった。」と声をからして語っていた。
                      福岡のボール支配率は52%、シュート23本枠内11本、パス数569パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン34%ミドルゾーン47%だった。大分のボール支配率は48%、シュート13本枠内10本パス数476パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン13%ミドルゾーン48%だった。第20節終了時点で大分は1位となり、福岡は4位となった
                      サッカーの画像1


                      日本2-1コロンビア:サッカーロシアW杯Hグループ第1節2018/06/19

                      0

                        前半6分香川PK、前半39分キンテロFK、後半28分大迫

                        サランスク、モルドヴィア・アリーナ

                        日本は大迫の1トップに2列目が乾と香川と原口、3列目が長谷部と柴崎、最終ラインが長友と昌子と吉田と酒井宏、キーパーが川島の先発、コロンビアがファルカオの1トップに2列目がクァドラードとキンテロとイスキエルド、3列目がレルヌとC・サンチェス、最終ラインがアリアヌとD・サンチェスとムリージョとモヒカ、キーパーがオスピナの先発。
                        前半3分香川のシュートをC・サンチェスが右腕に当ててしまいレッドカードで退場となる。コロンビアは1人少ない10人でプレーすることを余儀なくされる。前半6分香川が落ち着いてPKゴールを決める。前半39分コロンビアのFKからキンテロが直接ゴールを決める。壁を抜けて川島のセーブが対応しきれず。
                        前半の日本のボール支配率は56%、シュート5本枠内2本、コロンビアのボール支配率は44%、シュート5本枠内3本だった。
                        後半12分キンテロに代わりハメス・ロドリゲスを投入する。後半25分香川と代わり本田を投入、イスキエルドに代わりバッカを投入する。後半28分本田のコーナーキックから、大迫のヘディングシュートが決まる。コロンビアのディフェンス陣を振り切りってゴールを決める。後半32分ハメス・ロドリゲスがフリーになりシュートをするが、大迫がクリアして枠外となる。コロンビアは疲れたのか運動量が減っていく。
                        西野監督は「落ち着いて試合に入れた。先制できたのがリズムを作れた。」と語っていた。
                        試合全体の日本のボール支配率は62%、シュート14本枠内5本、コロンビアのボール支配率は38%、シュート8本枠内3本だった。
                        サッカーの画像1


                        アビスパ福岡0-2アルビレックス新潟:第19節J2リーグ2018/06/16レベルファイブスタジアム

                        0

                          JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                          75分安田、91分河田

                          福岡はドゥドゥと森本の2トップに2列目が松田と鈴木と山瀬とユ・インス、最終ラインが輪湖と岩下と篠原と實藤、キーパーが圍の布陣、新潟は渡邊とターレスの2トップにキーパーがアレックス・ムラーリャ。
                          40分新潟のFKから、ターレスがヘディングシュートをするもクロスバーに当たる。64分新潟のFKから、大武のヘディングシュートを福岡の輪湖がクリアする。74分新潟のFKから安田が直接ゴールを決める。福岡のキーパーの圍のジャンプが届かず。88分福岡の輪湖のシュートは枠外となる。アディショナルタイム、新潟のカウンター攻撃から河田が福岡のキーパーの圍のセーブをかわしてゴールを決める。
                          福岡の井原監督は「前半から球際とセカンドボール、競り合いの所が新潟のほうが分があった。0-2の内容ではないが、新潟の気迫が上回っていた。」と語っていた。新潟の鈴木監督は「選手が1つとなって勝利に向けて頑張ってくれた。守備が機能していた。」と語っていた。
                          福岡のボール支配率は53%、シュート11本枠内4本、パス数441パス成功率74%、ファウル23回、プレーエリアはアタックゾーンアタックゾーン32%ミドルゾーン41%となっていた。新潟のボール支配率は47%、シュート11本枠内9本、パス数329パス成功率66%、ファウル12回、プレーエリアはアタックゾーン17%ミドルゾーン51%となっていた。第19節時点でアビスパ福岡は3位、アルビレックス新潟は14位となった。
                          サッカーの画像1


                          ロシアW杯2018開幕戦!ロシア5-0サウジアラビア

                          0

                            12分ガジンスキー、43分チェリシェフ、71分ジューバ、91分チェリシェフ、94分ゴロビン

                            ロシアW杯開幕戦が6月15日0時1分にキックオフされた。試合はロシアの一方的な勝利で5-0と終わった。ロシアのプーチン大統領とサウジアラビアのサルマン皇太子が観戦に来ていた。
                            12分ロシアのコーナーキックから、ガジンスキーがヘディングシュートを決めた。43分ロシアのカウンター攻撃から、チェリシェフがゴールを決める。71分ロシアのスローインから、ジューバがヘディングシュートを決める。91分にもロングパスからのチャンスから、チェリシェフがゴールを決める。94分ロシアのFKから、ゴロビンが直接ゴールを決める。
                            ロシアは開幕戦で完勝して好スタートを切った。
                            サッカーの画像1


                            日本代表4-2パラグアイ代表:サッカーロシアW杯2018直前国際親善試合

                            0

                              JUGEMテーマ:サッカー

                              前半32分オスカル・ロメロ、後半5分乾、後半18分乾、後半31分オウンゴール、後半44分リカルド・オルティス、アディショナルタイム香川、オーストリア・インスブルック6月12日

                              日本は岡崎の1トップに2列目が乾と香川と武藤、3列目が柴崎と山口、最終ラインが酒井高と昌子と上田と遠藤(浦和)、キーパーが東口の先発。
                              前半1分山口のシュートは枠外。前半23分パラグアイのFKからの混戦から、ロメロのシュートは枠外となる。前半28分武藤のクロスはパラグアイのキーパーがキャッチする。前半32分パラグアイのスローインからの混戦から、オスカル・ロメロのシュートが決まる。東口のジャンプが届かず。前半33分乾のシュートはクロスバーの上。前半38分柴咲のFKは直接ゴールを狙うが僅かにクロスバーの上。前半39分キーパーの東口が好セーブ。後半4分柴崎のシュートはネットを揺らすがポストの上。後半6分香川のショートパスから乾のミドルシュートが決まる。後半9分柴崎のシュートはパラグアイのキーパーが止める。後半18分武藤から香川のパスを経て、乾のシュートが決まる。パラグアイのキーパーが触るがボールはゴールに入る。後半25分香川のシュートはポストの右に外れる。後半29分アンヘル・ロメロのシュートはオフサイドの判定。後半32分日本の柴崎のコーナーキックから、パラグアイのクリアミスでオウンゴールが生じる。後半34分香川のシュートは枠外となる。後半41分大迫のシュートはオフサイドの判定。後半44分パラグアイのFKからのこぼれ球をリカルド・オルティスがミドルシュートを決める。キーパーの中村の死角となる。後半アディショナルタイム、大迫のパスから、パラグアイのディフェンスをかわして香川のシュートが決まる。
                              西野監督は「しっかり崩して攻撃できたのは良かった。」と語っていた。
                              サッカーの画像1


                              日本代表対パラグアイ代表:サッカーロシアW杯2018国際親善試合

                              0

                                JUGEMテーマ:サッカー

                                6月12日22時05分キックオフ予定、ティヴォリ・ノイ

                                日本代表がロシアW杯前の最後の国際Aマッチ試合を行う。W杯初戦のコロンビア戦の対策といったところか。私が注目している選手はパラグアイ代表のデルリス・ゴンサレス、スイスの強豪バーゼルからウクライナの王者のディナモ・キエフに移籍して37試合出場5得点、パラグアイ代表26試合出場4得点、身長は172センチと決して高くないが伸び盛りの選手だ。
                                サッカーの画像1


                                アビスパ福岡1-0ロアッソ熊本:第18節J2リーグ2018/06/10熊本市水前寺競技場

                                0

                                  JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                                  31分森本、九州ダービー

                                  福岡は森本とドゥドゥの2トップに2列目は松田とユ・インス、3列目は鈴木と枝村、最終ラインは輪湖と岩下と篠原と駒野、キーパーは圍、熊本は皆川の1トップにキーパーは佐藤。
                                  14分福岡の松田のシュートは熊本のディフェンス陣が止める。29分福岡のドゥドゥのシュートは熊本のキーパーの佐藤が抑える。31分福岡のドゥドゥのパスから森本がゴール左隅にシュートを決める。ドゥドゥを警戒していて熊本のディフェンス陣が対応できず。森本のシュートコースも良かった。41分熊本の田中のゴール前へのクロスは福岡のディフェンス陣がクリアする。52分熊本の皆川のヘディングシュートは福岡のキーパーの圍がクリアする。55分福岡の松田のシュートは枠外となる。63分熊本の安のシュートは圍がクリアする。続いて皆川のヘディングシュートを圍がクリアする。圍のスーパーセーブが連発する。80分福岡のドゥドゥが抜け出してシュートするが熊本のキーパーの佐藤がクリアする。
                                  福岡の井原監督は「苦しいゲームだった。全員が集中して1点を守り切った。修正点はありながら、体を張って守ることは、ここ数試合出来ているので、無失点で済んでいる要因だと思う。」と語っていた。熊本の渋谷監督は「サッカーの怖さというか、一つのミスが失点に繋がった。点を取れないと勝つゲームが出来なかった。」と語っていた。
                                  福岡のボール支配率は39%、シュート12本枠内7本、パス数411パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン43%だった。熊本のボール支配率は61%、シュート8本枠内5本、パス数665パス成功率83%、プレーエリアはアタックゾーン21%ミドルゾーン57%だった。第18節終了時点でアビスパ福岡は1位、ロアッソ熊本は18位となった。
                                  サッカーの画像1


                                  日本代表0-2スイス代表:サッカーロシアW杯直前国際親善試合2108/06/09

                                  0

                                    JUGEMテーマ:サッカー

                                    42分ロドリゲス、82分セフェロヴィッチ

                                    日本は大迫の1トップに2列目が本田と宇佐美と原口、3列目が長谷部と大島、最終ラインが長友と槙野と吉田と酒井、キーパーは川島の布陣。
                                    前半42分スイスのエンボロがエリア内で吉田に倒されPKを得る。ロドリゲスが落ち着いてゴールを決める。後半37分スイスのカウンター攻撃からムバンジェがヘディングパスをして、セフェロヴィッチがゴールを決める。
                                    西野監督は「得点できなかったが形は出来ている。守備に関しては良かった。」と語っていた。
                                    日本のボール支配率は44%、シュート9本枠内5本、スイスのボール支配率は56%、シュート11本枠内2本だった。
                                    サッカーの画像1


                                    日本代表対スイス:サッカー2018ロシアW杯直前国際親善試合

                                    0

                                      JUGEMテーマ:サッカー

                                      2018年6月9日午前2時:会場スイス

                                      いよいよワールドカップ開幕が間近に迫ってきた。6月9日に日本代表対スイスの試合が行われる。スイスは直近3回連続でW杯に出場していて、2回ほどベスト16まで残った。日本としては手強い相手だろう。スイスのFIFAランキングは6位で、日本は61位だ。私が注目している選手は、アーセナル所属のグラニト・ジャカ選手。スイス代表国際Aマッチ61試合出場で9得点、アーセナル2016-17シーズンに46試合出場して4得点を挙げている。ジェルダン・シャチリもスイス代表国際Aマッチ62試合出場20得点と油断できない存在だ。日本の選手もぜひマークして実践感覚を養いたいものだ。日本代表は8日夜の公開練習では「4−2−3−1」の布陣で本田はトップ下で練習していたそうだ。
                                      サッカーの画像1


                                      アビスパ福岡1-0徳島ヴォルティス:第17節J2リーグ2018/06/02レベルファイブスタジアム

                                      0

                                        JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                                        58分ドゥドゥ

                                        福岡はドゥドゥの1トップにシャドウが森本、2列目が松田と鈴木と枝村とユ・インス、最終ラインが駒野と堤と篠原と實藤、キーパーが圍の布陣、徳島は島屋と山崎の2トップにキーパーは梶川。
                                        10分福岡の實藤のミドルシュートはミートせず。14分福岡のドゥドゥのシュートはクロスバーの上。31分徳島の山崎のヘディングシュートは枠をとらえず。52分徳島の前川のシュートは福岡のキーパーの圍がはじき出す。54分福岡のドゥドゥのシュートはわずかにゴール右ポストを外れる。58分福岡のユ・インスのロングパスから、ドゥドゥが鋭いミドルシュートを決める。徳島のキーパーの梶川のジャンプが追いつかず。61分徳島の島屋のシュートはミートせず。63分徳島の大崎のシュートは福岡のドゥドゥが上手くヘディングではじき出す。アディショナルタイム、徳島の杉本のシュートはクロスバーで跳ね返る。
                                        福岡の井原監督は「暑さもありタフなゲームだった。全員の気持ちが伝わったゴールだった。上位に離されないように勝ち点を積み上げていきたい。」と語っていた。徳島のロドリゲス監督は「最大の決定力で我々を奪った。我々も良いプレーが出来なかった。正直に言って、我々が悪かった。」と語っていた。
                                        福岡のボール支配率は42%、シュート17本枠内9本、パス数375パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン21%ミドルゾーン45%となっていた。徳島のボール支配率は58%、シュート9本枠内7本、パス数523パス成功率79%、プレーエリアはアタックゾーン26%ミドルゾーン43%となっていた。第17節終了時点でアビスパ福岡は1位、徳島は11位となった。
                                        サッカーの画像1


                                        アビスパ福岡2-0水戸ホーリーホック:第16節J2リーグ2018/05/27ケーズデンキスタジアム水戸

                                        0

                                          JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                                          54分ドゥドゥ、59分鈴木FK

                                          福岡はドゥドゥと松田の2トップに2列目はユ・インスと鈴木と枝村とエウレー、最終ラインは輪湖と堤と篠原と實藤、キーパーは圍の先発、水戸は岸本と宮本の2トップにキーパーは本間。
                                          1分水戸の岸本のシュートは福岡の輪湖が止める。6分水戸の黒川のシュートは右ポストで跳ね返る。14分水戸の宮本のシュートは枠をとらえず。38分水戸のカウンター攻撃を福岡のキーパーの圍がクリアする。41分福岡の實藤のシュートは枠をとらえず。54分水戸のディフェンス陣のクリアミスから、ドゥドゥがシュートを決める。59分福岡のFKから鈴木が水戸の壁を越えて直接ゴールを決める。ゴール左隅下に決まり、水戸のキーパーの本間のジャンプが届かず。69分福岡の森本のシュートは水戸のキーパーの本間が止める。
                                          福岡の井原監督は「前半は水戸の勢いに押し込まれた。後半しっかりとゲームを立て直せた。失点しなかったのは我々の勝因だ。」と語っていた。水戸の長谷部監督は「失点以外はやれることができた。試合は一瞬で点を取るか取られるかの問題が起きた。フィニッシュが決まらなかったのは物足らなかった。」と語っていた。
                                          福岡のボール支配率は50%、シュート10本枠内7本、パス数399パス成功率68%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン46%となっていた。水戸のボール支配率は50%、シュート15本枠内9本、パス数426パス成功率65%、プレーエリアはアタックゾーン26%ミドルゾーン47%となっていた。第16節終了の暫定順位は福岡が3位、水戸は19位となった。
                                          サッカーの画像1


                                          << | 2/8PAGES | >>

                                          運営者情報・プライバシーポリシー

                                          calendar

                                          S M T W T F S
                                                1
                                          2345678
                                          9101112131415
                                          16171819202122
                                          23242526272829
                                          30      
                                          << September 2018 >>

                                          アマゾン・ふくや明太子

                                          セブンネットショッピング・セブンミール

                                          楽天市場

                                          ブログ村・人気ブログランキングへ

                                          アマゾン・ラーメン一蘭

                                          selected entries

                                          categories

                                          archives

                                          recommend

                                          白猫プロジェクト CALENDAR 2018
                                          白猫プロジェクト CALENDAR 2018 (JUGEMレビュー »)
                                          コロプラ
                                          白猫プロジェクト・おすすめ商品

                                          profile

                                          search this site.

                                          others

                                          mobile

                                          qrcode

                                          powered