アビスパ福岡1-0大分トリニータ:第31節J2リーグ2018/09/01レベルファイブスタジアム

0

    JUGEMテーマ:アビスパ福岡

    93分レオミネイロ

    福岡はドゥドゥの1トップにセカンドトップが石津、2列目が松田と鈴木と枝村とユ・インス、最終ラインが輪湖と篠原と吉本と古賀、キーパーが圍の先発、レオミネイロは控えでスタート、大分は伊佐と三平の2トップにキーパーが高木の先発。
    8分福岡のドゥドゥが大分の最終ラインのパス回しの隙をついてシュートするも枠を外れる。28分福岡の松田がこぼれ球をシュートするが枠外となる。38分福岡の輪湖のシュートはキーパーの高木がセーブする。83分大分の後藤がシュートするもキーパーの圍がファインセーブを見せる。アディショナルタイム、福岡のカウンター攻撃から山瀬が持ち込み、レオミネイロが弧を描くシュートをゴール右隅に決める。キーパーの高木がジャンプするも手が届かず。最後は大分のコーナーキックのチャンスがあったが、福岡がしのぎ切った。
    井原監督は「厳しいゲームだったし、最後に全員の気持ちがゴールにつながったと思う。前半は積極的に行こうと、後半は疲れてきて、大分もシステムを変えて押し込まれたが、最後は耐えながら1点が取れたのはチームにとって大きい、次につながると思う。」と語っていた。大分の片野坂監督は「前半に福岡の勢いがあって危ない場面があったが、後半修正しながらチャンスを作ることができたが、最後のクオリティで得点できず、福岡はカウンターで仕留めるという、最後まで全員で集中を切らさずに行かないといけない、悔しい思いをした。」と語っていた。
    福岡のボール支配率は42%、シュート17本枠内3本、パス数413パス成功率73%、プレーエリアはアタックゾーン29%ミドルゾーン40%だった。大分のボール支配率は58%、シュート11本枠内4本、パス数572パス成功率77%、プレーエリアはアタックゾーン27%ミドルゾーン40%だった。福岡は29試合消化で勝ち点52の4位、大分は31試合消化で勝ち点51の7位となった。
    サッカーの画像1

    にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
    にほんブログ村

    サガン鳥栖3-0ガンバ大阪:第24節J1リーグ2018/08/26ベストアメニティスタジアム

    0

      JUGEMテーマ:ガンバ大阪

      48分小野、59分金崎、86分トーレス

      大阪はアデミウソンと渡邊の2トップに2列目が倉田と高と遠藤と藤本、最終ラインが藤春と菅沼と三浦と米倉、キーパーが東口の先発、鳥栖はトーレスの1トップに2列目が小野と金崎、3列目が原川と高橋秀人と福田、最終ラインが三丸とオマリと高橋祐治と小林、キーパーが権田の先発。
      27分鳥栖の三丸のシュートは枠をとらえず。34分大阪のアデミウソンのシュートはキーパーの権田の正面、42分金崎のシュートはキーパーの東口がセーブする。48分鳥栖の小野のシュートは大阪のディフェンス陣に当たり、わずかにコースが変わりそのままゴールに入る。49分鳥栖のトーレスのヘディングシュートは枠をとらえず。59分鳥栖の金崎のシュートはゴールポスト左に当たるがゴールに入る。64分鳥栖の原川のシュートはポスト右で跳ね返る。86分鳥栖の福田のパスからトーレスのヘディングシュートが決まる。
      大阪の宮本監督は「前半は0-0で後半勝負だったが、立ち上がりにすぐに点を決められて試合が難しくなった。選手の立ち位置とかどこを狙うとかをボードを使って選手たちに伝えた。右サイドを攻略することに関しては上手くいったと思う。」と語っていた。鳥栖のフィッカデンティ監督は「前半バランスの良い試合だった、チャンスがあったがゴールすることが出来なかった。1-0になったら、ゆっくりとプレーが出来て素晴らしい試合ができた。」と語っていた。
      大阪のボール支配率は61%、シュート10本枠内2本、パス数684パス成功率85%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン53%だった鳥栖のボール支配率は39%、シュート13本枠内6本、パス数342パス成功率67%、プレーエリアはアタックゾーン33%ミドルゾーン38%だった。大阪は24試合消化で勝ち点21の17位となった。鳥栖は24試合消化で勝ち点25の16位となった。
      サッカーの画像1

      にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
      にほんブログ村

      アルビレックス新潟0-3アビスパ福岡:第30節J2リーグ2018/08/26デンカビッグスワンスタジアム

      0

        JUGEMテーマ:アビスパ福岡

        14分石津、32分ドゥドゥ、91分松田

        福岡は森本の1トップにシャドウが石津、2列目が松田と鈴木とウォン・ドゥジェとドゥドゥ、最終ラインが輪湖と篠原と吉本と古賀、キーパーは圍の先発、新潟は矢野と渡邊の2トップにキーパーはムラーリャの先発。
        5分福岡の森本のヘディングシュートは枠をとらえず。14分福岡のドゥドゥのクロスから、石津がスライディングでシュートを決める。25分新潟の戸嶋のシュートはキーパーの圍の正面、32分福岡の石津のショートパスから、ドゥドゥが新潟のディフェンス陣をかわしてゴールを決める。62分新潟の田中のシュートはキーパーの圍がセーブする。91分福岡の石津のシュートは新潟のディフェンス陣に当たるもそのまま勢いでゴールに入る。
        福岡の井原監督は「ゲームの入りがいい形だった。新潟も体を張って厳しく来るだろうと予想していた。後半もう1点取れたのは良かった。」と語っていた。新潟の片渕監督は「悔しいですね。トレーニングしたことが表現できない、このゲーム内容は申し訳ない。」と語っていた。
        福岡のボール支配率は48%、シュート8本枠内4本、パス数447パス成功率77%、プレーエリアはアタックゾーン17%ミドルゾーン45%だった。新潟のボール支配率は52%、シュート16本枠内11本、パス数530パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン26%ミドルゾーン50%だった。福岡は28試合消化で勝ち点49の5位、新潟は30試合消化で勝ち点29の19位となった。
        サッカーの画像1

        にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
        にほんブログ村


        ベガルタ仙台2-1ガンバ大阪:第23節J1リーグ2018/0818ユアテックスタジアム

        0

          JUGEMテーマ:ガンバ大阪

          27分渡邊(大阪)、54分西村(仙台)、57分オウンゴール(仙台)

          大阪はアデミウソンと渡邊の2トップに2列目が倉田と高と遠藤と小野瀬、最終ラインがオ・ジェソクとファビオと菅沼と三浦、キーパーが東口の先発、仙台は阿部の1トップに2列目が中野と西村、キーパーがシュミット・ダニエルの先発。
          13分大阪のアデミウソンのミドルシュートは枠を外れる。17分仙台の西村のシュートはキーパーの東口がセーブする。27分大阪の高のショートパスから渡邊が移籍後初ゴールを決める。36分仙台の奥埜のシュートは枠を外れる。43分アデミウソンのシュートは惜しくも枠を外れる。54分仙台の奥埜のワンタッチから、西村が同点ゴールを決める。東口がセーブしきれず。57分仙台の関口のセンターリングから、阿部がヘディングシュートしようとするが、大阪のオ・ジェソクと交錯してオウンゴールを誘う。73分仙台の西村がシュートするがキーパーの東口が良くセーブする。87分大阪の倉田がボールを奪いシュートを狙うもキーパーのシュミット・ダニエルが足でセーブする。89分大阪の三浦のクロスから、渡邊のヘディングするもディフェンス陣に阻まれる、藤本がシュートするも枠を外れる。
          大阪の宮本監督は「前半は狙いとするところが出た、新戦力の渡邊が得点を取った、いいスタートが出来た、後半ボールの失い方が悪くて1点目を取られて2点目を取られるのが早過ぎた。これで1週間空くのでしっかりトレーニングをしたいなと思います。」と語っていた。仙台の渡邊監督は「終盤に押し込まれてピンチがあったが、それ以外はピンチらしいものはなかった。先制を許してしまったのは逆転できたがパワーが必要なので、ゼロに抑えてゲームを運びたかった。」と語っていた。
          大阪のボール支配率は59%、シュート12本枠内8本、パス数645パス成功率82%、プレーエリアはアタックゾーン27%ミドルゾーン50%だった。仙台のボール支配率は41%、シュート15本枠内9本、パス数402パス成功率72%、プレーエリアはアタックゾーン31%ミドルゾーン40%だった。大阪は23試合消化で勝ち点21の17位、仙台は23試合消化で勝ち点35の8位となった。
          サッカーの画像1

          にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
          にほんブログ村

          栃木SC1-0アビスパ福岡:第29節J2リーグ2018/08/18栃木県グリーンスタジアム

          0

            JUGEMテーマ:アビスパ福岡

            大黒65分

            福岡は森本の1トップにシャドウが石津、2列目が松田と鈴木とウォン・ドゥジェとドゥドゥ、最終ラインが古賀と篠原と實藤と駒野、キーパーが圍の先発、栃木は大黒の1トップにキーパーは竹重の先発。
            19分福岡の鈴木のFKから直接ゴールを狙うも枠内となる。42分栃木の西谷のシュートは枠を外れる。52分栃木の川田のシュートはキーパーの圍が止める。55分ドゥドゥのヘディングシュートはミートせず。65分栃木のコーナーキックから、大黒がJ2通算100ゴールを決める。J2トップの記録だ。
            福岡の井原監督は「栃木のシンプルなサッカーに自分たちのペースがつかめなかった。前半0-0で終わったのが後半に流れていた。セットプレーで勝敗の分かれ目になるのはわかっていたので、我々に点を取る力がなかったのかも知れない。」と語っていた。栃木の横山監督は「厳しいゲームだったが、全員がハードワークしてしっかり勝ち点3を取れたのが良かった。大黒が得点感覚を見せてくれた。」と語っていた。
            福岡のボール支配率は58%、シュート8本枠内3本、パス数474パス成功率65%、プレーエリアはアタックゾーン28%ミドルゾーン46%だった。栃木のボール支配率は42%、シュート9本枠内5本、プレーエリアはアタックゾーン27%ミドルゾーン39%となっていた。福岡は27試合消化で勝ち点46の6位、栃木は29試合消化で勝ち点38の13位となった。
            サッカーの画像1


            ガンバ大阪1-1コンサドーレ札幌:J1リーグ2018/08/15パナソニックスタジアム吹田

            0

              JUGEMテーマ:ガンバ大阪

              18分倉田(大阪)、95分都倉(札幌)

              大阪はアデミウソンと一美の2トップに2列目が倉田と遠藤と高と藤本、最終ラインがオ・ジェソクとファビオと菅沼と三浦、キーパーが東口の先発、札幌がジェイとシャドウがチャナティップと都倉、キーパーがク・ソンユンの先発。
              13分札幌の都倉とジェイのシュートは東口が良く止める。15分大阪の遠藤のシュートは左ポストにはじかれる。16分大阪の遠藤からパスを受けた倉田がエリア内で倒されてPKを得る。18分倉田が落ち着いてゴールを決める。35分チャナティップのシュートはファビオが良くセーブする。62分大阪のアデミウソンのシュートはゴールポストの上。66分札幌の進藤のヘディングシュートはキーパーの東口が良く止める。80分札幌のジェイのシュートは東口が良くセーブする。88分都倉のヘディングシュートは東口が良く止める。アディショナルタイム、札幌の進藤のセンターリングから都倉がヘディングシュートを決める。
              大阪の宮本監督は「先制してから相手に押された時間があった。修正をしたと思うが最後が残念だった。もっとボールを持つ時間を増やしたい。」と語っていた。札幌のペトロヴィッチ監督は「70%は我々のゲームだったと思う。本来は勝利しなければならないゲームだった。1-1の結果は不満足だ。」と語っていた。
              大阪のボール支配率は39%、シュート16本枠内9本、パス数348パス成功率75%、プレーエリアはアタックゾーン31%ミドルゾーン33%だった。札幌のボール支配率は61%、シュート29本枠内14本、パス数721パス成功率86%、プレーエリアはアタックゾーン28%ミドルゾーン52%だった。大阪は22試合消化で勝ち点21の18位、札幌は21試合消化で勝ち点32の6位となった。
              サッカーの画像1

              にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
              にほんブログ村

              アビスパ福岡2-0水戸ホーリーホック:第28節J2リーグ2018/08/11レベルファイブスタジアム

              0

                JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                32分ドゥドゥ、85分レオミネイロ(移籍後初ゴール)

                福岡は森本と石津の2トップに2列目が松田と鈴木とウォン・ドゥジェとドゥドゥ、最終ラインは輪湖と岩下と實藤と古賀、キーパーが圍の先発、レオミネイロは控えでスタート、水戸は宮本と伊藤の2トップにキーパーが松井の先発。
                21分福岡のドゥドゥのシュートは水戸のキーパーの松井が止める。32分福岡の鈴木のセンターリングにドゥドゥがヘディングシュートを決める。キーパーの松井が反応できず。37分福岡のFKから鈴木が直接ゴールを狙うも惜しくも枠をとらえず。47分石津のシュートは枠をとらえず。49分古賀のシュートはキーパーの松井が止める。62分水戸の宮本のシュートは大きく枠を外れる。85分ユ・インスのシュートパスからレオミネイロが振り向きざまにシュートを決める。キーパーの松井の手に当たるが勢いでゴールに入る。
                福岡の井原監督は「8月にホーム戦が1試合しかないので勝利できて良かった。ドゥドゥのゴールはいい形でゴール前に入り、素晴らしいゴールだったと思う。レオミネイロのゴールは次につながると思う。無失点はこれからも続けていきたい。」と語っていた。水戸の長谷部監督は「アクシデントもあったし、1点目はいつの間にか入れられたという感じだった。2失点目で試合が決まった感があった。相手のプレッシャーが良かったと思うし、我々のビルドアップも良くなかった。」と語っていた。福岡のレオミネイロは「皆の諦めない姿勢がプレーに出たので、自分が幸いに私が点を取ることができた。私のホームのデビュー戦で点を取ることは何よりも自分の嬉しい気持ちにつながる。自分たちが昇格したという気持ちでやっていきたい。」と語っていた。
                福岡のボール支配率は50%、シュート20本枠内13本、パス数392パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン33%ミドルゾーン42%だった。水戸のボール支配率は50%、シュート7本枠内3本、パス数436パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン20%ミドルゾーン49%だった。福岡は26試合消化で勝ち点46の4位、水戸は28試合消化で勝ち点36の13位となった。
                サッカーの画像1

                にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
                にほんブログ村

                ガンバ大阪2-1FC東京:第21節J1リーグ2018/08/10パナソニックスタジアム吹田

                0

                  JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                  宮本監督初勝利、34分ファビオ(大阪)、86分ディエゴ・オリヴェイラ(東京)、95分アデミウソン(大阪)

                  大阪はアデミウソンと一美の2トップに2列目が倉田と遠藤と高と藤本、最終ラインはオ・ジェソクとファビオと菅沼と三浦、キーパーは東口の先発、東京はディエゴ・オリヴェイラと富樫の2トップにキーパーは林の先発。
                  6分東京の太田のシュートは大阪のキーパーの東口が止める。19分大阪の菅沼のシュートは枠をとらえず。21分東京の大森のシュートはキーパーの東口が止める。34分大阪の三浦がゴール前でヘッドで落としたボールをファビオが押し込んでゴールを決める。46分東京の富樫のシュートをキーパーの東口が良く止める。63分東京の富樫のヘディングシュートは枠をとらえず。86分東京の永井がワンタッチしたボールをディエゴ・オリヴェイラが上手く大阪のディフェンス陣をかわしてゴールを決める。アディショナルタイム、大阪の高がアデミウソンにパスしたボールをそのまま振り向きざまにシュートを決める。パナソニックスタジアムの観客が大いに盛り上がる。
                  大阪の宮本監督は「勝ち点3を嬉しく思います。吹田のお客さんの前で勝ちたいという思いがあったし、前節の悔しい負け方で選手がリアクションを見せてくれた。1-1と難しい展開になったが、選手が立ち向かったので、ああいうゴールにつながったと思う。」と語っていた。東京の長谷川監督は「最後で選手が冷静にプレーできなかったのが残念だった。決めきれずにこういう結果になったのは仕方ない。」と語っていた。
                  大阪のボール支配率は49%、シュート17本枠内9本、パス数511パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン23%ミドルゾーン45%だった。東京のボール支配率は51%、シュート21本枠内11本、パス数479パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン35%ミドルゾーン46%だった。大阪は21試合消化で勝ち点20の16位、東京は21試合消化で勝ち点40の2位となった。
                  サッカーの画像1


                  名古屋グランパス3-2ガンバ大阪:第20節J1リーグ2018/08/05豊田スタジアム

                  0

                    JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                    22分アデミウソン(大阪)、37分藤本(大阪)、61分79分84分ジョー(名古屋)

                    名古屋はジョーと前田の2トップに2列目は玉田と小林と八反田とシャビエル、最終ラインは金井と丸山と中山と宮原、キーパーはランゲラックの先発、大阪はアデミウソンとファン・ウィジョの2トップに2列目は倉田と遠藤と高と藤本、最終ラインはオ・ジェソクとファビオと三浦と米倉、キーパーは東口の先発。
                    14分名古屋のジョーのシュートは枠を外れる。19分大阪の藤本がエリア内で倒されてPKを得る。アデミウソンがPKを決める。キーパーのランゲラックが手ではじくも勢いで入る。36分大阪のオ・ジェソクのクロスから、藤本が駆け込んでゴールを決める。58分名古屋のジョーがエリア内で倒されてPKを得る。ジョーが落ち着いてPKを決める。79分名古屋の前田のクロスから、ジョーが良いポジションを取ってゴールを決める。84分名古屋のシャビエルがゴール前にヘディングで落としたボールをジョーがゴールを決める。
                    大阪の宮本監督は「敗戦を悔しく思います。2-0でリードした中でもっと試合を上手く進められたと思う。受けに回った時間が長かったと思う。」と語っていた。名古屋の風間監督は「全体的に最初にミスがあったが、押し込むことができて、チャンスを何度も作ることができたので、成長を感じた。」と語っていた。
                    名古屋のボール支配率は54%、シュート17本枠内11本、パス数641パス成功率86%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン54%だった。大阪のボール支配率は46%、シュート7本枠内3本、パス数495パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン24%ミドルゾーン43%だった。大阪は20試合消化で勝ち点17の17位、名古屋は19試合消化で勝ち点16の18位となった
                    サッカーの画像1


                    ヴァンフォーレ甲府1-2アビスパ福岡:第27節J2リーグ2018/08/04山梨中銀スタジアム

                    0

                      JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                      3分松田(福岡)、 6分曽根田(甲府)、29分松田(福岡)

                      甲府は金園の1トップにシャドウが曽根田と堀米、キーパーが河田の先発、福岡は森本の1トップにシャドウが石津と松田、3列目が輪湖と鈴木とウォン・ドゥジェとユ・インス、最終ラインが古賀と岩下と實藤、キーパーが圍の先発。
                      3分福岡の森本のクロスから松田がシュートを決める。6分甲府の金園のパスから、曽根田が抜け出してゴールを決める。20分福岡の森本がFKから直接ゴールを狙うも甲府のキーパーの河田が止める。29分福岡の松田がミドルシュートを決める。甲府のキーパーの河田がジャンプして手に当たるも勢いでゴールに入る。46分福岡の鈴木がFKから直接ゴールを狙うもキーパーの河田がジャンプして手ではじき出す。66分甲府の金園のヘディングシュートは惜しくも枠を外れる。87分窪田のシュートは惜しくもクロスバーにはじかれる。
                      福岡の井原監督は「立ち上がりにいい入りが出来た。先制点が取れたのは大きかった。松田のスーパーゴールが大きな勝因だと思う。」と語っていた。甲府の上野監督は「サイドを使ったりロングを使ったりいろいろ織り交ぜて崩していこうとした。選手はよくやってくれたが、残念ながら勝つことが出来なかった。」と語っていた。
                      福岡のボール支配率は36%、シュート10本枠内7本、パス数305パス成功率70%、プレーエリアはアタックゾーン16%ミドルゾーン44%だった。甲府のボール支配率は64%、シュート13本枠内5本、パス数711パス成功率82%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン56%だった。福岡は25試合消化で勝ち点43で5位、甲府は勝ち点34で13位となった。
                      サッカーの画像1


                      ジュビロ磐田1-1ガンバ大阪:第19節J1リーグ2018/08/01ヤマハスタジアム

                      0

                        JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                        82分ファン・ウィジョ(大阪)、93分大井(磐田)

                        磐田は川又の1トップにシャドウが山田と大久保、キーパーはカミンスキーの先発、大阪はファン・ウィジョと長沢の2トップに2列目が倉田と高江と高と藤本、最終ラインが初瀬とファビオと三浦とオ・ジェソク、キーパーが東口の先発。
                        22分抜け出した磐田の川又のシュートは大阪のキーパーの東口が良く止める。30分磐田の大久保のヘディングシュートはキーパーの東口が良く止める。69分磐田の松浦のシュートはキーパーの東口がナイスセーブを見せる。72分大阪のファン・ウィジョのシュートは枠を外れる。82分大阪の藤本のFKから、磐田のディフェンス陣がクリアするもファン・ウィジョがフリーとなりゴールを決める。87分磐田の松浦のシュートは東口がファインセーブを見せる。アディショナルタイム、磐田の川又のヘディングシュートは東口が良く止める。試合終了間際、磐田の大井のヘディングシュートがワンバウンドで大阪のゴールに入る。
                        磐田の名波監督は「試合の最後でクオリティが落ちてきて、先に点を取られてしまって、もったいないゲームだった。」と語っていた。大阪の宮本監督は「前半は流れが良くなかった、後半に我々の時間が増えて相手を押し込んで点を奪えた。最後の残りの時間を上手く使えたらと思う。」と語っていた。
                        磐田のボール支配率は48%、シュート15本枠内9本、パス数507パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン23%ミドルゾーン54%だった。大阪のボール支配率は48%、シュート8本枠内6本、パス数512パス成功率82%、プレーエリアはアタックゾーン16%ミドルゾーン52%だった。19試合を終えて磐田は勝ち点25で12位、大阪は勝ち点17で16位となった。
                        サッカーの画像1

                        にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
                        にほんブログ村

                        ガンバ大阪1-1鹿島アントラーズ:第18節J1リーグ2018/07/28パナソニックスタジアム吹田

                        0

                          JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                          41分町田(鹿島)、70分米倉(大阪)

                          宮本新監督の初陣、大阪はアデミウソンとファン・ウィジョの2トップに、2列目倉田と遠藤と高と米倉、最終ラインが初瀬とファビオと三浦とオジェソク、キーパーは東口の先発、鹿島は鈴木と土居の2トップに、キーパーがクォン・スンテの先発。
                          6分鹿島の永木のシュートは枠を外れる。8分大阪のアデミウソンが鹿島の選手からボールを奪い果敢にシュートするも惜しくも枠外となる。41分鹿島のFKから、犬飼がワンタッチして町田がゴールを決める。70分大阪の米倉がボレーシュートを決める。鹿島のキーパーのクォン・スンテがジャンプできず。72分大阪のアデミウソンのシュートは惜しくも枠外となる。76分遠藤のシュートは枠外となる。80分大阪のカウンター攻撃から、ファン・ウィジョがシュートするも惜しくも枠外となる。場内どよめきが起きる。
                          大阪の宮本監督は「やろうと思っていたことが半分位できていた、後半苦しい中で点が取れたので、次に繋がるかなと思う。皆でボールを奪う共通理解はあったし、もう一工夫かな。」と語っていた。鹿島の大岩監督は「選手はいい入り方をしたが、追加点が取れなかったので、そこが反省点かなと思う。」と語っていた。
                          大阪のボール支配率は50%、シュート13本枠内3本、パス数561パス成功率82%、プレーエリアはアタックゾーン20%ミドルゾーン48%だった。鹿島のボール支配率はシュート6本枠内2本パス数566パス成功率82%、プレーエリアはアタックゾーン22%ミドルゾーン50%だった。第18節終了時点でガンバ大阪は16位、鹿島は7位となっている。
                          サッカーの画像1

                          にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
                          にほんブログ村

                          セレッソ大阪1-1浦和レッズ:第17節J1リーグ2018/07/22ヤンマースタジアム長居

                          0

                            JUGEMテーマ:セレッソ大阪

                            8分高木(大阪)、78分興梠(浦和)

                            大阪は杉本と山村の2トップに2列目が高木とソウザと山口と福満、最終ラインが丸橋と木本とマテイ・ヨニッチと松田、キーパーがキム・ジンヒョンの先発、浦和は興梠の1トップにキーパーが西川の先発。
                            1分大阪の山口のクロスから杉本がヘディングシュートを放つも枠をとらえず。8分大阪のコーナーキックから、浦和のキーパーの西川がはじいたところを大阪の高木がゴールを決める。15分大阪の山村がシュートするも惜しくも枠をとらえず。22分浦和の興梠がミドルシュートをするが大阪のキーパーのキム・ジンヒョンが良く止める。35分浦和のファブリシオのミドルシュートはキム・ジンヒョンがはじき出す。45分大阪の杉本がシュートするも浦和のキーパーの西川がファインセーブを見せる。78分浦和のコーナーキックから、興梠がゴールを決める。
                            大阪の尹監督は「攻守においてバランスが取れていた。これからも全選手がこういう姿を見せてくれたら、良い結果も付いてくると思う。」と語っていた。浦和のオリヴェイラ監督は「セットプレーから追いつくことは出来たが、後半は浦和が押し込んでいて点を取れなかったので、勝利に値する内容で勝てなかった。」と語っていた。オリヴェイラ監督はハンドの判定について審判に不満を語っていた。
                            大阪のボール支配率は44%、シュート13本枠内6本、パス数413パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン27%ミドルゾーン44%だった。浦和のボール支配率は56%、シュート18本枠内9本、パス数552パス成功率82%、プレーエリアはアタックゾーン28%ミドルゾーン41%だった。セレッソ大阪は16試合消化で4位、浦和は17試合消化で12位となった。
                            サッカーの画像1


                            ガンバ大阪1-2清水エスパルス:第17節J1リーグ2018/07/22パナソニックスタジアム吹田

                            0

                              JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                              27分北川(清水)、65分ドウグラス(清水)、75分ファン・ウィジョ(大阪)

                              大阪はファン・ウィジョとアデミウソンの2トップに、2列目が倉田とマテウスと遠藤と高江、最終ラインが初瀬と菅沼と三浦と米倉、キーパーが東口の先発、長沢は控えでスタート、清水は北川とクリスランの2トップにキーパーが六反の先発、ドウグラスは控えでスタート。
                              2分大阪のコーナーキックから、三浦がヘディングシュートするも清水のキーパーの六反がはじき出す。25分大阪の菅沼がエリア内で清水の北側を倒してしまい、イエローカードとなる。北川が落ち着いてPKゴールを決める。29分大阪の倉田のミドルシュートはキーパーの六反が抑える。前半アディショナルタイム、清水の北川のヘディングシュートは枠をとらえず。49分清水のクリスランのシュートは大阪のキーパーの東口がはじき出す。63分ファン・ウィジョのシュートはキーパーの六反の正面。65分右サイドの清水の北側のクロスから、ドウグラスがヘディングシュートを決める。75分大阪の藤本のパスから、ファン・ウィジョが清水のディフェンス陣をかわしてシュートを決める。79分清水のドウグラスのヘディングシュートはキーパーの東口の正面。
                              大阪のクルピ監督は「結果が残念、お互いにチャンスがあったのは互角、清水の選手がフィニッシュの精度が高かったようだ。」と語っていた。清水のヨンソン監督は「非常に満足している。強いキャラクターと気持ちを見せて持って戦っていた。」と語っていた。
                              大阪のボール支配率は55%、シュート13本枠内11本、パス数567パス成功率81%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン50%だった。清水のボール支配率は45%、シュート15本枠内8本、パス数388パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン22%ミドルゾーン43%だった。第17節終了時点でガンバ大阪は16位、清水エスパルスは8位となった。
                              サッカーの画像1

                              にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
                              にほんブログ村

                              アビスパ福岡0-0東京ヴェルディ:第24節J2リーグ2018/07/21レベルファイブスタジアム

                              0

                                JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                                福岡はドゥドゥの1トップに2列目が松田とユ・インス、3列目が輪湖と鈴木と枝村と駒野、最終ラインが古賀と岩下と實藤、キーパーが杉山の先発、東京はドウグラス・ヴィエイラの1トップにキーパーが上福元の先発。
                                5分東京の内田のミドルシュートは僅かに枠をとらえず。23分東京のドウグラス・ヴィエイラのヘディングシュートを福岡の岩下がナイスクリアを見せる。27分福岡の鈴木のミドルシュートは枠をとらえず。37分福岡のカウンター攻撃を東京のキーパーの上福元がファインセーブを見せる。60分福岡の鈴木のコーナーキックから、松田がヘディングシュートをするも枠をとらえず。75分福岡の實藤のミドルシュートは東京のキーパーの上福元が辛くもはじき出す。
                                福岡の井原監督は「暑さの中タフなゲームだった、ゴールを目指したがお互い固い試合運びとなった。残念だが勝ち点1を次に繋げたい。」と語っていた。東京のロティーナ監督は「拮抗した固い試合だった。」と語っていた。
                                福岡のボール支配率は46%、シュート13本枠内9本、パス数517パス成功率78%、プレーエリアはアタックゾーン32%ミドルゾーン47%だった。東京のボール支配率は54%、シュート9本枠内4本、パス数619パス成功率84%、プレーエリアはアタックゾーン20%ミドルゾーン53%だった。福岡は23試合消化で6位、東京は24試合消化で8位となった。
                                サッカーの画像1


                                清水エスパルス3-0セレッソ大阪:第16節J1リーグ2018/07/18:IAIスタジアム日本平

                                0

                                  JUGEMテーマ:セレッソ大阪

                                  11分黄(ファン・ソッコ)、28分北川、67分クリスラン

                                  清水はクリスランと北川の2トップにキーパーは六反の先発、大阪は杉本とヤン・ドンヒョンの2トップに2列目が清武とオスマルと山口と水沼、最終ラインが丸橋と山下とマテイ・ヨニッチと松田、キーパーはキム・ジンヒョンの先発。
                                  11分清水の松原のショートパスから黄がミドルシュートを決める。24分大阪の杉本のシュートは清水のキーパーの六反の正面。28分デュークのパスから北川がゴールを決める。大阪のディフェンス陣が一旦クリアするが、北川に当たりゴールを決められてしまう。50分大阪の杉本がミドルシュートを放つも清水のキーパーの六反の正面。67分大阪のゴール前の混戦で、清水の金子が大阪のキーパーのヤン・ドンヒョンをおびき出してパスを送り、クリスランが素早くヘディングシュートを決める。80分大阪の高木のシュートは惜しくも枠外となる。87分清水の長谷川のシュートは大阪のキーパーのヤン・ドンヒョンがはじき出す。アディショナルタイム、清水の長谷川のシュートは惜しくもゴールポスト右に当たる。
                                  清水のヨンソン監督は「90分通して良いゲームをした。攻守非常に良かった。取るべき選手が取るのは自信につながる、無失点に抑えたのは非常に良かった。」と語っていた。大阪の尹監督は「これからスタートなので良い修正をして次に繋げるように頑張る。」と語っていた。大阪は4位、清水は9位となった。
                                  清水のボール支配率は44%、シュート13本枠内6本、パス数493パス成功率75%、プレーエリアはアタックゾーン25%ミドルゾーン43%だった。大阪のボール支配率は56%、シュート11本枠内4本、パス数644パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン26%ミドルゾーン52%だった。
                                  サッカーの画像1


                                  サンフレッチェ広島4-0ガンバ大阪:第16節J1リーグ2018/07/18エディオンスタジアム広島

                                  0

                                    JUGEMテーマ:ガンバ大阪

                                    26分パトリック、41分パトリック、49分工藤、86分ティラーシン

                                    広島はパトリックと工藤の2トップにキーパーは林の先発、ティラーシンは控えでスタート、大阪はファン・ウィジョとアデミウソンの2トップに2列目が倉田とマテウスと遠藤と高江、最終ラインが初瀬とファビオと三浦と米倉、キーパーが東口の先発、長沢は控えでスタート。
                                    7分大阪のファビオがボール争いでスライディングタックルをしてしまいレッドカードで退場する。16分大阪の倉田のシュートは枠外となる。26分広島の和田の右サイドからのクロスから、パトリックがジャストのヘディングシュートを決める。41分広島の青山のセンターリングから、パトリックがワンバウンドでヘディングシュートを決める。49分広島の柏のセンターリングにパトリックがヘディングでパスをして工藤がシュートを決める。86分広島のカウンター攻撃から、柏のクロスからティラーシンがシュートを決める。
                                    大阪のクルピ監督は「10人になったので、更に厳しいゲームとなった。退場の判定はゲームを大きく左右する判定だった。次節勝利を目標に一丸となって戦いたい。クラブも補強を進めている、チームを前に進める気持ちを一つにして次の試合に望みたい。」と語っていた。広島の城福監督は「我々の集中が切れなかったことは貴重だと思う。ボールの引き出し方などはもっと追及していきたい。」と語っていた。
                                    広島のボール支配率は54%、シュート27本枠内15本、パス数759パス成功率91%、プレーエリアはアタックゾーン40%ミドルゾーン44%だった。大阪のボール支配率は46%、シュート5本枠内5本、パス数481パス成功率85%、プレーエリアはアタックゾーン11%ミドルゾーン52%だった。第16節終了時点でガンバ大阪は16位となった。広島は2位と勝ち点9差で1位となっている。
                                    サッカーの画像1


                                    アビスパ福岡3-1カマタマーレ讃岐:第23節J2リーグ2018/07/15レベルファイブスタジアム

                                    0

                                      JUGEMテーマ:アビスパ福岡

                                      26分原(讃岐)、34分鈴木(福岡)、50分實藤(福岡)、54分駒野(福岡)

                                      福岡は森本の1トップに2列目は松田とユ・インス、3列目は輪湖と鈴木と枝村と駒野、最終ラインは古賀と岩下と實藤、キーパーは圍の先発、讃岐は原の1トップにキーパーは清水の先発。
                                      3分福岡の鈴木のヘディングシュートは讃岐のキーパーの清水がファインセーブを見せる。23分エリア内で讃岐の原が福岡の岩下に倒されたとPKを得る。讃岐の原が落ち着いてゴールを決める。34分エリア外直前の正面の福岡のFKから、鈴木が讃岐の壁を上手く超えてゴールを決める。50分福岡のコーナーキックから鈴木が低いボールを蹴り、實藤が正面からゴールを決める。54分右サイドから駒野がミドルシュートを決める。ゴール左隅に決まり讃岐のキーパーの清水のジャンプが届かず。
                                      福岡の井原監督は「後半戦いいスタートを切ろうと思っていた。メンバー全員で戦おうと思っている。今日の逆転勝ちは大きい。」と語っていた。讃岐の北野監督は「先に点を取っていい形だったが、後半で両サイド高い位置を取れなかったのが敗因だったと思う。サポーターには申し訳ない気持ちです。」と語っていた。福岡は4位、讃岐は21位となった。
                                      福岡のボール支配率は55%、シュート22本枠内10本、パス数482パス成功率80%、プレーエリアはアタックゾーン31%ミドルゾーン44%だった。讃岐のボール支配率は45%、シュート8本枠内5本、パス数398パス成功率74%、プレーエリアはアタックゾーン15%ミドルゾーン57%だった。
                                      サッカーの画像1

                                      にほんブログ村 サッカーブログ アビスパ福岡へ
                                      にほんブログ村


                                      日本2-3ベルギー:サッカー・ロシアW杯決勝トーナメント第1回戦ロストフ・ナ・ドヌ

                                      0

                                        48分原口、52分乾、69分フェルトンゲン、74分フェライニ、90+4分シャドリ

                                        日本は大迫の1トップに2列目が乾と香川と原口、3列目が柴崎と長谷部、最終ラインが長友と昌子と吉田と酒井宏、キーパーが川島の先発、ベルギーがルカクの1トップに2列目がアザールとメルテンス、3列目がメウニエルとプライネとヴィツェルとフェレイラ、最終ラインがアルデルヴァルレイトとコンパニとフェルトンゲン、キーパーがクルトワの先発。
                                        48分柴崎のロングパスから、ペナルティエリア内で原口がシュートを決める。52分香川のパスから、ペナルティエリア手前から乾がシュートを決める。65分メルテンスに代えてフェライニが入る。69分フェルトンゲンがヘディングしたボールがそのままゴールにはいってしまう。74分アザールがクロスを上げて、身長の高いフェライニがヘディングシュートを決める。アディショナルタイム、日本のコーナーキックから、ベルギーのカウンター攻撃でムニエのクロスからルカクがスルーして、シャドリがシュートを決める。
                                        日本のボール支配率は42%、シュート11本枠内4本、ベルギーのボール支配率は58%、シュート24本枠内8本
                                        サッカーの画像1


                                        日本0-1ポーランド:ロシアW杯Hグループ第3節ヴォルゴグラード

                                        0

                                          コロンビア1-0セネガルで、フェアプレーポイントにて辛うじて日本が2位決勝トーナメント進出

                                          日本は岡崎と武藤の2トップに2列目が宇佐美と山口と柴崎と酒井高、最終ラインが長友と槙野と吉田と酒井宏、キーパーが川島の先発
                                          59分ポーランドのFKから、ヤン・ベドナレクがゴールを決める。他会場のコロンビア対セネガル戦はコロンビアがリードしたので、武藤に代わり長谷部がフィールドに入り、そのまま試合を消化することにした。
                                          日本のボール支配率は55%、シュート10本枠内3本、ポーランドのボール支配率は45%、シュート11本枠内2本だった。

                                          G組ベルギー1-0イングランドで、決勝トーナメントは日本対ベルギーに決定

                                          グループGは1位がベルギーで2位がイングランドとなり、7月3日(火)3時の決勝トーナメント第1回戦の相手はベルギーとなった。
                                          サッカーの画像1

                                           


                                          << | 2/8PAGES | >>

                                          運営者情報・プライバシーポリシー

                                          calendar

                                          S M T W T F S
                                              123
                                          45678910
                                          11121314151617
                                          18192021222324
                                          252627282930 
                                          << November 2018 >>

                                          アマゾン・ふくや明太子

                                          セブンネットショッピング・セブンミール

                                          楽天市場

                                          ブログ村・人気ブログランキングへ

                                          アマゾン・ラーメン一蘭

                                          selected entries

                                          categories

                                          archives

                                          recommend

                                          profile

                                          search this site.

                                          others

                                          mobile

                                          qrcode

                                          powered